ハンドメイドバッグを作っている者が一流ブランドに学ぶ拘りと技術について【724】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回、「シャネルの戦略:長沢伸也 編著/杉本香七 著」という本を読ませていただきました。

10年以上前に書かれた本ではありますが、現在でも大変参考になる内容です。

他の一流ブランドについても、著者様が多くの研究の末、書かれているのですが、今回は、その1つとしてまずは私が一番気になるブランドということで読ませていただきました。

むしろ私達のようなプチ業者こそが参考になるシャネルの方針、価値観、考え方など

この本から、私がいくつかピックアップしまして、メモをしてあります。

今回、その印象に残ったシャネルの方針に大変感銘を受けた部分だったり是非同じようにトライしてみたいことなどをご紹介したいと思います。

まず、ここでお伝えしたいのは、プチ業者が大きな有名一流ブランドを参考になどとレベルが違い過ぎると思われるかもしれないですが、実はそうでもなさそうです。

まず、1点目。

1)非上場、株式非公開の事業形態であることです。

とても意外ですが、あのビッグな世界中の人々が知るブランドさんが、大企業の証である上場をしていないということです。

これにも訳があり、メリットが大きいようです。

もしも上場したり、株式公開がされていると、事業以外の分野からのしがらみによって事業が自由にできない点が出てきます。

私たちの目には意外ですが、シャネルという企業は、陰での数多くの努力とか、実らない日の目を見ない部分の努力の期間も長いと聞きます。

そうした努力の途中段階では、目立ちすぎる存在でいると、落ち目だと悪い情報を流されたり、せっかくの将来の実りの為の種まきとか、地道なコツコツとした歩みがしにくくなるのです。

そういった点で、ひっそりと影の努力が人知れずのびのびとできて、とても向いている形態のようです。

2)オーナーは、シャネル社自身ではなく、資産家のヴェルタイマーであること

シャネル社とは言え、経営者は別にいらっしゃいます。

別で馬とか高級品の事業も手掛けるヴェルタイマー一族。

大きな資産家をバックに持つことで安定感のある会社でいられるわけです。

アパレル業だけでは、なかなか難しいところを、他で多くの収入のあるヴェルタイマーはシャネルに翻弄されることが無いという強く安定の経営者みたいです。

頼もしいですね。それもこれも、信頼関係のもとということになりますので、通常は相手にもされない分野であったかもしれないファッション関係の事業でありながらも、そこが資産家に見初められたのだということですね。

3)香水事業はアパレルの資金源

どの一流ブランドも香水事業を持っていますね。

あれには訳があって、香水事業こそが一番利益が出せる分野であるようなのです。

とても意外です。

そうして、香水事業で得た資金源をアパレル事業の方の投資に使えるというものです。

この事業の仕方にはヒントが詰まっています。

香水でなくとも、1つの分野だけでは難しい事業をどうしてもやりたい場合に、他の利益が多くあげられる事業も行うことで全体を安定的にしていくというもの。

いかに1品だけを商売にしていくことがリスクなのかが分かる例です。

このようなビッグブランドでさえ、多角的な部分がある必要があるということの証明になります。

4)創始者亡き後の目覚ましい発展

創始者がなくなると衰退するものが常。シャネルの場合、引き継ぎ役が大変優れていました。

その一人が、「カールラガーフェルド」。

彼も惜しまれながら、2019年になって間もなく亡くなりました。

この方のシャネルブランドの引継ぎ方が非常に良かったために、シャネルが、新しい形で引き続き発展できたことにも大きく貢献したようです。

古いものを守っていては衰える、思い切って捨てて、ベースにある価値観とか、スタイルのみを残し、それでも変化し続けていく。。。

創始者、ココ・シャネルの価値観を、シャネルブランドに携わるメンバー全員がきちんと理解して、大切に継承しているといったことが徹底的です。

5)基本的な事を地道にやり続けていく

こういったことは、大変学びになります。あんな良い地位にあるブランドでも、これを怠れば奈落の底ということを肝に銘じているのです。

よく、ビッグスターが影では努力しているのだという話がありますが、同じです。

ビッグになればなるほど、その座を狙うライバルも負けてはいませんので、それ以上に上回る大きな要が必要です。

それは、明日や明後日に花咲くものではなく、過去から長い時間をかけた磨いてきた技術であったり、研究であったりというもの。

長い月日は、ライバルが今焦ったところで、何か魔法のようなテクニックで追い越せるものではないのです。

それほど時間をかけるべきところにかけてきた重みというものの力はどんなものにも勝るものであるということです。

6)創始者ココ・シャネルの名言、「ファッションは消えゆくもの、スタイルは残るもの」という考え方

大変分かりやすい文言です。

よく分からなくなってしまいがちな、ファッションとスタイルの違い。

これが根本的に違うものだということです。

表面的な浅いファッションに対してスタイルは奥深いです。

私は、スタイルって、「らしさ」なのかなあと思っていますが、らしさはブランドの力を高めるには大切な部分です。

あとがき

お客さんを呼び込むマーケティングにもきめ細やかな工夫があったようです。

まるで、一人一人に訴えかけるような仕組み。

そういった表にはなかなか出ない影の地道な活動が結果としては大きな成果を生むようで、数字にもつながっていったようです。

そして、その一人一人に訴えかけるような仕組みというのも、無駄のないように、引っかかるべき相手に到達するような工夫とのこと。

ひたすら、メルマガを、見てもいない人に送り続けるという技術があるようです。

他数の内の一定の割合の幾人かに届く情報の事業手法もなるほどとうなずけます。

送る相手を多くすればするほど、ある一定の割合という数も比例して増えるので、いかに多くの相手に送るかということになるかと思います。

しかしながら、メルマガを開けもしない人には無意味です。

届く人が多くなる分、届かない人も多くなるというものです。

そういったこととは逆の、届くべき人をあらかじめ選定しながらのアプローチというものをしているそうです。

現在のネット社会ならではの前者に比べて一見、効率が悪そうなことですが、長い目で見れば、信頼とか喜びに繋がることかもしれません。

こういったきめの細かいことを大手のシャネル社がやっていることに驚きます。

やはり、一番最初の、非公開企業ならではの可能なやり方なのだと思うと、すべてをシンプルに、余計なことはそぎ落とし、ブランドの発展だけに集中できる体勢というものもちゃんと作ってこれたことが現在の存続の結果に出ているのでしょう。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

リフォーム、リメイク一切無しのブランドサングラス巾着をスマホ入れに利用するアイデア【620】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近スマホ入れポーチになるものを探していました。

結構ブランドが好きなので、フェンディとかグッチ、シャネル辺りを探していたのですが、細長なんだけど結構幅もそこそこ必要な。。というサイズ感のポーチが見つかりませんでした。

ブランドさんなので当然ですが、どうしても化粧ポーチなどが多くて、スマホを横にして入れたときの縦向きの幅が余り過ぎたものがほとんどで、余り過ぎてフィットしないのですね。

あまりに余裕があり過ぎても中にしっかり納まらないのは何となく気持ちが良くありません。

フィットするサイズ感って結構大切で、コンパクトに荷物をまとめたいものです。

ということで、いろいろ探す中でこれだと思うサイズ感の袋に出会います。

シャネルのサングラス巾着袋が丁度スマホのサイズに合うアイデア

今までサングラスの巾着袋に目を向けたことが無かったので、衝撃でした。

シャネルでこんな巾着袋を発見。Made In Italyがおやっ?と思いましたが、なんかサングラスケースのこういった巾着袋は、イタリア製のなのかな。シャネルは本来フランス製です。

こういった原産国の細かな理由などはまた調べたりしたいと思います。

この素材がまったりとしてさらさらしてスマホの出し入れの滑りが非常に良いのですね。

こんな感じのサイズ感なので、もっと大き目のスマホでも対応できるようです。
口を縛った状態で、巾着の下から計って、9.5cmx16.5cmです。

この巾着ひも両側仕様で楽ちんです。口が開くことがなく、きゅっと閉まって、紐の調子も良いです。

お食事風景のある場面みたいですが、こんな風にトレイのように置いて使えます。
スマホを出している時はこんな風にクローゼットのつまみにかけています。

ということで、しばらく使ってみての感想としては、◎(二重まる)です。

お勧めなので、もし、私のようにスマホカバーなどを通常好まない、こういったスマホの使い方をしている人は、キズ防止などにもサングラス巾着袋に目を向けてみてくださいませ。

ところで、今回のこの、白の地に黒のロゴという非常にシンプルなシャネルの巾着袋の色目ですが、これにこそ魅力を感じました。

普段もっぱらジャージスタイルで、黒x白のトーンの上下の装いなんですね。

そのイメージなのか、ここ最近白地というものにとても惹かれていました。

むしろ黒地に白ロゴよりも、この反転であるこちらに何でもないシンプルな良さというものを感じました。

ここ最近こぞってブランドメーカーがこういったシンプルロゴに移行している動きがあるようなんです。

いかにもその1つのようであるし、もともとサングラスの中袋の物だと思うので、最低限の素朴なアイテムです。

ここ最近一度、桃を購入時に桃の汁が移ってしまい、洗濯とかブリーチの漂白剤をかけましたが、難なく対応しているようです。

そして、あれ?と思った疑問が。。

巾着ひもの結び目が無いんです。

なかなか真似しにくいのがこの技。どうも結び目が無いなあと思っていたら、このようにひもを工業的に接結してありました。

こういった小さな物でも、同じように私達が作ろうとすると思わず巾着ひもの結び目を作った作り方をしてしまいますが、紐の材料の削減がわずかにでもできることと、この技が内部に隠れているすっきりした作りになかなかの威厳があります。

もしかして、コピー商品を見る時に、こんな部分も参考になったりするのかもしれません。

あとがき

何でも、手を加えたり、作り変えたりするのではなく、そのままのサイズ感でそのまま利用できるということが結局は一番楽ちんです。

今回は、リフォームやリメイクを一切行わない、そのまんま利用のアイテムの1つが見つかったお話でした。

こういうこともあるのだという例として、今後のビンテージ物の使い方の考え方の幅が広がる1つになればと思います(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<旧38>:浮きがちなグリーン系のジュエリーセットの洋服とのなじませ方【400】

〇ネックレス:天然石のプレナイトというメロングリーン色の64面カット8mm珠にステーション的に間に天然石のフローライトの濃いグリーンの部分を配置したバイカラー。長さは、K18WGの留め具含む48cm。
〇ブレスレット:楕円のデザインが存在感あるK18WG製のあずきチェーンで、長さはK18WGの留め具含む18cm。
〇リング:シャネルのプラスチックリングでサイズは、15号程度。オーロラがかったグリーン色。

<旧37>:クール色のプチマルチカラーペンダントとパープルが多めに混じったフローライトブレスが特徴のセット【402】

〇ネックレス:K18WGチェーンとK18WG台のトップのプチネックレス。トップはおよそ10mm弱四方。一番上からスクエアなアメジスト、マーキスカットのブルートパーズ、ラウンドのペリドット。ペリドットとアメジストの間にはダイヤモンド1粒。チェーンは、シリンダーチェーン。留め具含む長さ62cm、チェーンのみで60cm。 
〇ブレスレット:フローライトという天然石のパープル(アメジスト)が多く入った良い部分が集結。珠のサイズは8mm。K18WGの留め具含む長さ22cm。
〇リング:シャネルのプラスチックリング。サイズは15号程度。オーロラの混じったパープル色。

<旧42>:プラチナとゴールドのバイカラーが粋なネックレス中心のスクエアを意識したセット【392】

〇ネックレス: 巾7mm程度のK18YGとPT850を交互に配置した幾何柄っぽいネックレス。長さは、K18YGの留め具含む40cm。
〇ブレスレット:透明感のあるゴールドのようなイエローは、シトリン。キューブ型で8mm程度の立方体。長さは、K18YGの留め具含む18cm。
〇リング:シャネルのゴールド系のイエロープラスチックリング、オーロラが混じる透明カラー。サイズは14号程度。右上にココマークが埋め込まれ、正面がスクエア。

<旧43>:地味になりがちな鼈甲(べっこう)ジュエリーの華やかコーデの例【390】

〇ネックレス:シャネルの金メッキペンダント。12mmx15mm程のサイズのトップのココマークには、黒のラインストーンが埋め込み。長さは、シャネル刻印入りの留め具含む45cm。チェーンのみで42cm。
〇ブレスレット:本鼈甲の開き箇所があるバングル。光に照らすと茶色に映る大部分は、普段は黒っぽく映る色味。バングルの内周は、開きの部分を開けたままで、18.5cm。
〇リング:10mm巾程度の平打ちデザインの本鼈甲リング。サイズは16号程度。

<旧46>:今や希少価値の高い本鼈甲のチェーンネックレスのセット【379】

〇ネックレス:鼈甲のダークブラウンカラーのチェーンネックレス。この製作は非常に手間がかかるものであるとのことで、先に繋がった状態から削っていくとか。長さは、K18YG製の留め具含む62cm。 
〇ブレスレット:シャネルの本革編み込み金メッキバングル。直径16mmほどのコインチャーム付き。内周は、ゆったりめの22cm。
〇リング:
リング:シャネルの、鼈甲にマッチしたカラーに黒の格子状のペイントのプラスチックリング。サイズは、13号程度

<旧56>:ややクセのあるお魚モチーフのペンダントのジュエリーセット【326】

【レンタル内容:¥5,500/2週間(税込・送料無料・・・セット組によって数の違いがあります。写真のアイテム数。】
〇ネックレス:2点。長い方が直径5cmの円形ビッグ本翡翠の黒色の魚の彫りデザイントップ。ステンレスチェーン(無刻印)の長さは、トップ含む90cm、チェーンのみでは80cm。バチカンの丸カンもステンレス製と。 短い方は、トップの魚がシルバー925。6パーツに分かれ、尾びれがひらひらと泳ぐように動くまるで生きているかのような作り。魚は5cm。ステンレス(刻印有)チェーンのみの長さは、70cm、トップも含めて80cm。
〇ブレスレット:ブルーグレーの濃淡のメノウのくり抜きバングル。ところどころに円形のマーブルに柄。内周19cm。
〇リング:4点。左側2点は、同じ物。シルバー925製のシャネルの2連リング。ロゴが点在。サイズは共に13号程度。
右側は、グレー瑪瑙(メノウ)の多面カットくり抜きリングの濃淡2連。幅が太い方は、濃グレー。細めの方は、単独だと紺色に映るよう。共にサイズが15号程度。

<旧59>:葉っぱモチーフ中心のスクエアジュエリーセット【321】

【レンタル内容:¥5,500/2週間(税込・送料無料・・・セット組によって数の違いがあります。写真のアイテム数。】
〇ネックレス:シルバー925台の変形スクエアトップのサイズは、3cmx1.5cm。部分的にマルチカラーの天然石と、マーカサイトが埋め込まれた葉っぱモチーフの透かし彫り。天然石の色は、ピンク2個、青2個、グリーン1個。チェーンはフィガロチェーンのステンレス製。長さは、トップも含めて65cm、チェーンのみでは60cm。
〇ブレスレット:シャネルのスクエアバングル。ロゴマークのシルバー色が側面真ん中に4箇所。サーモンピンクでオーロラ風。内周は19cm。
〇リング: 全3点。まずは、シルバー925台の葉っぱモチーフ。葉っぱの柄部分にマーカサイト。幅は5mm程度。サイズは13号程度。
残る2点は、淡いパープル系の瑪瑙(メノウ)の多面カットくり抜きリング。淡い色なので、ピンクにも見えたりも。サイズは、共に13号程度。

<旧61>:2色のみで素敵になるジュエリーの組み合わせ【318】

【レンタル内容:¥5,500/2週間(税込・送料無料・・・セット組によって数の違いがあります。写真のアイテム数。】
〇ネックレス:直径が4cmの大きなデイジーの花の天然シェルブラックカラーのペンダントトップ。真ん中の黄色も、天然シェル。モカグレーの裏面使いも可。バチカンはシルバー925、チェーンはステンレス製。長さは、全体で87cm、チェーンのみでは78cm。
〇ブレスレット:シャネルのプラスチックバングル。やや細めの幅7mmn程度。3箇所シャネルのロゴマークあり。内周20cm。
〇リング:2点。1点は、 シルバー925の幅13mmのボリューミーな透かし柄リング。線形の太い小花、蝶、ハートがぐるり1周分。サイズは14号程度。
もう1点は、巾10mm程の瑪瑙(メノウ)のくり抜き多面カットリング。天然のイエローカラー。サイズは、17号程度。