ハンドメイドバッグのネックパーツの取り付けが綺麗にできる方法、これで決着の記録【422】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

長いことネックパーツの取り付けについては研究しましたが、今回ひとまずある方法で決着しました。

その記録をこの記事でご紹介したいと思います。

ネックパーツの裏地側を手まつりで取り付ける方法

この箇所というのは立体的な部分も混じってきていますのでまっすぐ取り付けるのがただでさえ困難。

そんな厳しい環境の中、今まで表からのミシンのステッチが裏パーツの周りを均一に取り囲むようになどと難しいやり方で進めていましたが、いったんフラットに考え方を切り替えました。

そして、表地のパーツを先に縫い付けるという以前とは反対の方法でいきます。

まず表地側から先に縫い付けます。位置はハギ合わせのど真ん中を意識。・・・これが何度やってもずれるものですが、今回は、多少ずれても上手く出来上がる手法となります。機械ではない物理的な原因などでどうしてもぴたっと行かない場合にも対処したやり方となります。
裏地は、表地よりも1cm縦横サイズを大きくした型紙です。ひと回り大きいと言ったようなイメージのサイズ感です。実寸は、表地パーツが10cm四方に対して、裏地パーツは11cm四方です。1cm違うだけでも上下、左右で2cmの差なので結構違いますね。
先程表地側からミシンで縫い付けた線が裏地側にボックス型に見えています。ここへ、ひと回りこの枠よりサイズの大きい裏地パーツを当てれば、このステッチが隠れます。
手まつりの様子・・・ここで手まつりがどうしても登場します。ミシンだと表側にステッチが出てしまいますので、それを考慮した方法が手まつりということに行き着きました。縫い糸と同じテトロン糸でなじむように2本取りで1周まつります。
完成です。綺麗になります。確かに少しずれているのが分かりますが、まずは、見た目の綺麗さでいうと合格ラインに入ってきました。今まではこんなに綺麗な見栄えではなく、混沌としていましたので、ボックス枠の縫い線を隠すことですっきりすることができたと言えます。

完成レビュー

「卵焼き」(バニティバッグ):<サイズ>縦15cmx横22cmxマチ13cm。
今後の課題としてはゆがまずにいかにまっすぐにど真ん中に縫い付けることができるかですね。裏地パーツは表地のボックスステッチに合わせますので、まず最初のこの表地側からの縫い付けの真っすぐさがものを言います。

この生地の素晴らしさも同時に感じる製作でした。イタリア製の風通ジャガード美しいです。

もっといろいろあればいいのにと思いますがそれほど豊富なわけではないと思います。

日本だと何か産業の事情なのでしょうが、現在生き残っている生地のメーカーさんでもここまでぷっくり膨らんだものがなくて、類似品のフクレジャガードなどもたまに見かけますが、上品で控え目なお品なのが日本製の特徴。

そうするとこういった大胆な加工はイタリア製の生地に多く見られる感じがします。

あとがき

現在、卵焼き週間というのをもうけています。

卵焼きデザインでひたすら研究しながら作っていってデザインの確立に向かうというものです。

あと残すところいったん1点で最後です。

次の製作は、私の計画の中での、2020年度のカラー物からの引継ぎのような2021年度用の色味であるモノトーン調の黒っぽいジャガードがいよいよ登場します。

また、記事にアップしますので、お楽しみにどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグのバニティ型のネックの美しい縫い付け方の新たなアイデア【414】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近ずっとこだわって研究し続けていることが、バニティバッグのネックパーツの綺麗な取り付けです。

前回製作の「卵焼き」のネックパーツの様子・・・左が表側、右が裏柄です。サイズに大小の差を付けて、表にステッチが見えないように考えたアイデアでしたが、かなり頑張って何度目かのトライでありながら、右側のように外枠に出るステッチがバランスが良くないです。

このやり方は、かなり難易度が高すぎるのかもしれません。

ステッチを出すという発想をいったんやめて、新しい案を考えたのが今回です。

今回使用の生地

今回は、前回の上の写真とうって変わって、ゴージャス系のブロンズのジャカードになります。

そんな違いもお楽しみいただけるかと思います。

<表地:左>ジャカード、ポリエステル/49%、綿/34%、ナイロン/17%、イタリア製。
<裏地:右>ドレープカーテン地、ポリエステル/100%、日本製。

表地、裏地共に、以前に製作後の残りなので、今回で使い切りとなります。

表地のジャカードは名前には謳われていませんが、おそらく風通ジャカード、フクレジャカードのような加工の立体的な柄で美しいです。

表地のアップ・・・立体的な花柄がとても美しい生地です。
裏地のアップ・・・こちらはカーテン地なんですね。色違いは、不足の分を濃いベージュとしてカラシ寄りの同じ生地の色違いで補います。しわ加工が特徴で、こちらも凹凸感のある素材で美しいです。

ネックパーツの表地と裏地のサイズの逆転の発想

さて、ポイントのネックパーツですが、今回も型紙を少し変えていきます。

最初の写真のようになるのは、表地が一回り裏地より大きいサイズのパーツであるということです。

この差を逆転するのです。

表地が裏地より一回り小さいパーツのサイズになります。

表地(左)のネックパーツ:10cm四方 裏地(右)のネックパーツ:11cm四方

たった1cmの差だけにします。

全く同じよりも少しゆとりをもたせた微妙な1cmの差。

両端、上下で見てみると、5mmずつの差に配分されます。

今回は、まだ製作過程には至っていませんが、見通しとしましては、まず、先に表地のネックパーツを縫い付けます。

そして、その次に裏地のネックパーツを表から縫われた縫い線に覆いかぶさるように、手まつりを施すという方法です。

そうすれば、ステッチ線が飛び出ることは、表も裏も全くありません。

手まつりのデメリットとしてふにゃふにゃ感が出てしまうことの対策としては、これまでも行ってきた、パーツ単独で、ハード薄芯を入れてステッチをかけた状態からのスタートという点。

上のお話の意味はこういうことです。あらかじめパーツのみで硬めのステッチ入りのパーツに仕上げておくという点です。この効果は、ネックパーツがビシッとシャープなものに仕上がるというものです。

これを裏地も現在行っていますので、裏地も手まつをしたとしても、見た目のふゃふにゃ感は出ないようにできるかと考えています。

何分やってみての検証となりますので、また、この場面は重要場面としてピックアップして、その後の記事でご紹介致します。

今回は、新しいアイデアとその見通しでした。

何か上手くいきそうな予感がしています(^-^)。

あとがき

商品も、ハンドメイドだからの多少の誤差とかそういった断り書きなどもよく書かれているようですが、そこはもうご購入者様のご理解にゆだねるしかありません。

それよりも、綺麗に出来上がるためのどんな工夫をしたのか、どんな使い勝手の良さを考えて改良したのかなどの研究が大切だと考えています。

結局それは、ご購入者様側が最終的に得をする、価値を得ることができるものになるという大きなゴールがあるから大切なわけなのです。

ご購入者様というのはするどいもので、見えない隠れた部分を見抜くお力を持っておられるように日々感じます。

こちら側の作り手が思うよりはるかに鋭い目を持っておられるのです。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ゴージャスなブロンズ色系の巾着バッグ完成の記録【31】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

以前にも巾着バッグは別の素材で2度ほどご紹介していますが、今回は3回目の素材違いと少し改良をしています。

改良点は、巾着バッグのちょっとしたデメリットの口が完全には閉まらないセキュリティー性の弱さをカバーするべく取り付けたルーフをもう少しシンプルにしたことと縦の長さを5cm長くしてハトメ穴を打つ場所を広く確保した部分です。

では、どうぞ、今回の製作記録をご覧くださいませ。

素材

今回の表生地は、イタリア製のジャガードというシンプルな名前の生地。

裏地は、ミラーレースカーテン地というこちらもジャガードの生地です。

ともに花柄ジャガードですが、花の形等、互いにマッチするということで、意外なカーテンの下側に付けるあの薄い透けた素材を裏地にしたという点が特徴です。

左:表地のジャガード(イタリア製:ポリエステル/49%、綿/34%、ナイロン/17%) 右:裏地のミラーレースカーテン地(日本製:ポリエステル/100%)

表生地はブロンズ、ベージュ、ゴールドという茶系のカラーです。

フクレのうねりが非常に美しく花柄が立体的に浮かび上がっているのですね。

裏地の方の柄の花と柄同士合わせても合うと思いました。

裏地のベージュ色が表地の中にあり、柄同士であっても、スッキリとした感じでいけるようです。

フクレについて思うのですが、日本製では、なかなかここまで立体的なぷっくりした加工のものをそれほど見かけないです。

イタリア製だと多くあるような気がします。

私が見る範囲内ではありますが、日本製のフクレ加工はそれほど大胆な凹凸はなく、控えめに感じますね。

それもまたしっとりとして良いのでしょう。

ただフクレ加工自体が日本製には少なく、新しい加工法であるとのことですが、加工するような工場の不足とか、空洞化している繊維産業から見ると、工場を閉めてしまっているのか、そこらじゅうに見かけるわけではない入手困難なアイテムな気がします。

裏地のミラーレースカーテン地についてですが、光を遮断するという良い役割なので、裏地よりもむしろ表地に利用もいいのかもしれません。

次回、表地で考えてみたいです。

すごく縫いやすく、薄く見えるのに、しっかりとしていて、丈夫で安定しています。

大変良い生地だし、ジャガード柄も、いかにもカーテンぽくないのも逆に良いと思いました。

製作過程の1スポットご紹介

今回は、巾着袋なので、特有のアイレットカンでのハトメ穴穴があります。

これにひもを通して、共布ストッパーを作って取り付け、先にループエンドを取り付ける過程に焦点を当てました。

アイレットカンの穴開け等の作業も確かに非常に興味あるかと思われるかと思いますが、違う機会にしっかり撮影などして、分かりやすくお伝えしますね。

まだ、不慣れで、今回は、ちょっと撮影できず、てんやわんやでした(^_^;)。

まず、このようなパーツからできるという、共布ストッパーです。

共布ストッパー用パーツ:縦5cmx横12.5cm(裏地には薄芯とハード薄芯を貼ります)
1:真ん中で折り、短い方の上下を1.5cmの縫い代で内側へくるみ込みます。折った真ん中の線に向かって三つ折りを左右ともします
2:折った中心から2mm程度をミシンでたたきます
3:さらに真ん中で折り、その折り線へむかって左右とも折り、再びミシンで中心から2mm程度をたたきます

表側から見るとダブルステッチが真ん中に出ます。

表側から見ると、真ん中に2連ステッチが浮かび上がるような出来上がりです

そうして、この出来上がったストッパーをロ―プの共布に取り付けます。

ストッパーを共布ロープに取り付けました。この時にゆるければ、ストッパーの端を縫います。今回私は、うっかり、ストッパー作りの過程の1で、1.5cmの縫い代なのに1cmくらいで行ってしまい、ちょっとスカスカでゆるかったので、調整しましたが、縫い代をちゃんと1.5cmで正確に行い、ハード薄芯も入れれば、本来ぴったりになります。(ロープは幅3.5cm、ストッパーは幅12.5cm)

続いて、ここへループエンドを付けます。かわいいゴールドのすずらん型。

ネットでは鐘形はあるけれど、この丸みをおびた形はちょっと珍しいです。

東急ハンズで買ったのですけど、もうラストらしく、今後取り扱いしないらしく、今後必要な時は、注文として受け付けてはくれるようですがお店には並ばないとのことです。

もともとアイリスさんという大手パーツメーカーさんの商品のようなので、アイリスさんは廃盤にしないで続行していただきたいとてもエレガントな素敵なループエンドだと思います。

ぷっくりふくらんだスズラン型のループエンド:こちらのシルバーもあります。

まずそのまま通してその後、通したままロープの先を二つ折りにしてミシンを2-3度返し縫してかけて、ストップさせ、ロープ先も筒の中に隠します。

そして、時々、このループエンドごと蝶々結びをすることもできます。

こんな風に蝶々結びもできます(^-^)。

はい。では、完成しましたので、10枚の写真をどうぞ。

サイズは、縦28cmx横30cmxマチ7cmです。

そして、YOUTUBE動画もありますので、ご視聴どうぞ。

あとがき

このフクレジャガードは、やや硬めでしっかりとした手触りです。

この柄はゴールドが効いていて、うっとりと眺めてしまうぐらいの美しさです。

着物にも合ってきそうですね。

では、これで終わります。どうもありがとうございました。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグ一覧をご覧くださいませ。

こちら

美しい布製がレアなミニアルマ型ショルダーバッグの完成【25】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

アルマ型と聞いてぱっとイメージされるのは、やはり、ルイヴィトンのモノグラムのあのカーブが丸っぽい形のアルマというシリーズではないでしょうか。

このアルマというのはフランスのある地方の橋の名前からが由来とのことです。

なので、遠方の他国の人がはなかなか実際の橋は知ることはまれです。

遡ること、1980-1990年代において、ルイヴィトンのモノグラムは一世を風靡したといっても過言ではなかろうかと思います。

いつでもどこでも見かけるのだけれど、かなりの高級品。

この時にアルマという形は、スピーディーというボストン型と並んでかなり人気のモデルだったのではないでしょうか。

そんな感じでこのデザインの型の広がりが思い出されます。

さて、今回、このアルマ型という形、私も流行関係なしにずっと持ってきた形のバッグで、

今、この記事をアップしている時期では、再到来といった印象で結構沸いているかと思います。

ウンガロのミニアルマ型バッグ:本革型押しのオレンジ茶

口が大きく開くために、とても中が見やすく、すっきりと出し入れでき、デザイン、機能共にストレスのない使いやすい形なのです。

普通は、この形は、本革で作られているものしか見かけませんが、布専門の私です。

いよいよ生地でこの形に挑みました。

ミニアルマ型ショルダーバッグの製作途中の風景の一部:伸び止めテープを貼る絶大な効果

さて、完成までの間に最近は少しですが一部ですが製作の途中の様子を取り入れて公開しています。

今回は、どの部分かというと、伸び止めテープを採用し始めたので、その個所を一部ご紹介しています。

ファスナーのうねりを解消する目的です。

伸び止めテープ:ストレートタイプ・・・うねりのないようにまっすぐなラインに固定する目的で使います

よくある、定番商品だと思います。

ストレートタイプと袖ぐりなどのカーブを描いている部分はバイヤスタイプを使います。

今回は、ファスナーの両脇の部分ということで、出したいラインがまっすぐストレートな

ラインなので、ストレートタイプを使いました。

隠しポケットの袋の部分をファスナーにミシンで縫い付ける直前です
上側:伸び止めテープをアイロンで貼った状態 下側:この後同じようにここにはみ出ないように気を付けて貼ります
伸び止めテープを使った場合の隠しポケットの見栄え:かなりスッキリとまっすぐな線になりました
左:伸び止めテープを貼っていない状態 右:伸び止めテープを貼った状態

あとがき

では、今回の大花柄がかわいいミニアルバ型ショルダーバッグのYOUTUBE動画をお作りしましたので、よろしければご視聴くださいませ。

ありがとうございました。

私がお作りしておりますハンドメイドバッグ商品の一覧をどうぞ。

こちら

picturesque
picturesque

バッグ製作の失敗レビュー:原因と対策を今後の糧に【16】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、こんな記事となります。

本来、隠しておくような失敗作をあえて、お見せして、なぜ失敗なのか、どこが失敗なのかをお伝えしてしまおうかと思います。

①裏地の選定がまずかった

今回作ったバッグは、バニティーショルダーというもので、以前にも作ったことはあります。が、以前も実は失敗していたのですね。

それだけ、このバニティー型は出来栄えを成功させるのが難しいといえる形なのかもしれません。

が、しかし、形云々の前に、私としては、失敗の原因が素材にあったかと思うのです。

まずは、失敗して出来上がったバニティーショルダーを見てみてくださいませ。

ショルダーはもう、付ける前に断念したので、ショルダーが付いていない状態です。

ショルダーを作る手前での断念:バニティーショルダーバッグ

一見、問題ないようにも見えるかもしれません。

しかしながら、そもそも、生地不足により、裏地に使う濃紺のジャガード生地を表地にもやむなく使うことで、このように紺の無地ライクが表に出ていることが、作りながら気になっていたところだったのです。

しかも、この裏地である紺のジャガードが、裏地としては肉厚すぎていて、重なるととても針が通らないくらいの硬い部分になってしまう事態が起こりました。

一番針が通らずに苦戦して、結局これで断念することに決めた箇所です。

重なる部分がもともと肉厚な裏地のせいでものすく硬く分厚くなりすぎた状態:針が通らず

これも、ミシンによってはうまく貫通できるのかもしれません。でも、私が使っている業用ミシンでは、限界ですね。

ということで、裏地の選定がまずく、もっと薄手のものを選択せなばならなかったことと、同時に、そもそも裏地を表に使わなければならない事態になった表地不足は、見積もりが足りなかったのですね。

今回の裏地の紺は、大きくは、濃紺の部類なので、色のパワーが強すぎて、表地の白地の爽やかな色味に少々角が立つということも私は感じています。紺がダークすぎるのです。

なので、すべてを表地で行うということで生地をもっとたくさん調達するか、裏地は、今回のものは、素材・色共に、選ぶべきではなかったかと思います。

②ポケットタブのカーブが綺麗でない

ポケットタブのカーブの部分がうまくカーブが描けず、変形した形になったところが、少々目立つのですね。

ポケットフラップの右角が綺麗なカーブを描いていません

これは、もともと生地が柔らかすぎて、薄芯は貼っているのだけれども、生地がふわふわしてしっかり固定されないのでこうなったと思います。

いわゆる、やりにくい事態です。

なので、やりやすく、カーブを描きやすく縫うために、ハード薄芯あたりも加えて貼ると針がスムーズにカーブを描く動きがし易いのかなと思っています。

たまに、生地によっては、必要な対策かもしれません。

③組み立て時のサイズの不一致によるタック

今回2か所がパーツ同士の組み立て時にサイズに不一致が起きました。まず、1か所目は蓋と口布の合体時にサイズがうまく合っていなくて、わずかながらしわが寄りました。

この中で、真ん中少し上の部分が、口布の方が長いのでしわが寄っています。

そして、もう1か所は、もっと、先ほどより致命的で、バックのつなぎ目の部分の側面と底部分のパーツの合体時に、側面の方がサイズが大きくて、かなり目立つタックが寄りました。

ここまでのしわの寄り具合から、結構長さが違うかと推測できます

まず、1個目の蓋と口布の違いが起こった原因は蓋の縫い代が多く取りすぎた部分があって、少しだけ小さく出来上がってしまったので、周りの長さが少し小さくなり、反対に口布が余る形になったかと思っています。

蓋に、ハード厚芯を入れるので、縫い代を折り曲げる時に、印が見にくいのですが、この対策としては、今後、印をもっとしっかりと打つ必要があります。

特に印は、カーブの部分が大切なので、今後は点でなく、線で印を打つことにします。

そうすれば、折り曲げも正確にできるはずです。

そして、最後の致命的ともいえるタックの寄りですが、これは、側面の重なり部分が、よく見ると、縦に線が走らず、斜めになっていえ、縫い代が一定でなく、下の方で広がっていく斜めになったから、広くなってしまい、サイズが大きくなる、底の面より余ったと思われますので、綿密に行う必要がある部分であったかと思います。

なので、今後は、まっすぐの縫い代になるように、印をしっかりつけて、もちろん表からは印は見えないようにせねばなりませんが、印に忠実にする方向で、しっかりとした測定をしながらの作業でないといけません。

以上が、失敗箇所の原因と今後の対策を検証しました。いわゆる、失敗作のレビューとなります。

あとがき

今回の表地は、幾何花柄のようなクールさもある素敵な柄であったのに、失敗してしまってとても心もとないです((+_+))。

でも、今後の対策をしましたので、ここで、技術がレベルアップするといいです。

YOUTUBE動画にも納めておりますので、どうぞ、お時間ございましたらば、ご視聴くださいね。

はい、では、どうもありがとうございました。

今回のバッグは失敗なので、販売するには至りませんでした。

この生地ももう在庫がないようなので、幻となりますね。

また、似たような柄は探しておきます。

では、販売中のバッグをご覧になっていただけますので、どうぞ。

こちら

picturesque
picturesque