よく耳にするみんなが知る天然石の意外【600】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、「天然石と宝石の図鑑:松原聰 監修/塚田眞弘 著」という本を読み終え、ここからの学びを3点チョイスしてお送りしたいと思います。

こういった図鑑のような鉱物の本は今後もちょくちょくいろんな著者様だったり、別の本だったりで書き方も違うようなので、そういう読み方をしていきたいと思います。

なかなかの量の鉱物ですので、そういったところどころに繰り返し登場の覚え方が何か板につきそうだと思いました。

もう少し時間がかかります。

私もまだ入り口に立った状態で、博士というほどの詳細には長けていない状態。

簡単なところから、少しずつ知っていこうかと思っています。

この本から得た天然石の意外なこと3点ご紹介

私ならではのチョイスではありますが、3点程興味深かった内容をピックアップさせていただきたいと思います。

<1>エメラルドは難点の多い石だと思う件

エメラルドが世界四大宝石の1つに並んでいます。

それだけ魅力的な石ではあるのですが、これが、とても扱いの難しい石だと分かります。

内包物を含みやすいので、そのままでは丈夫な宝石にならないので、加工処理によってオイルや樹脂を投入して耐久性を高めることをしての宝石なのです。

そうすると、天然そのもののエメラルドというのが実現が難しいわけです。

<2>ムーンストーン、ラブラドライト、サンストーンは同じ仲間

以前からムーンストーン、ラブラドライト、サンストーンいずれも実際に持っていましたが、この3つを別々に考えてきました。

同じようにクリーミーな感じが魅力でした。

今回の本で、これら3つが、同じ長石類(ちょうせきるい)という鉱物の仲間だということを知り、驚きました。

それぞれ、違いは細かくはあるものの、ここでは、大まかに同じ仲間であるところまでの学びでしたが、とても意外でした。

<3>トルマリンに電気が帯びる理由

トルマリンは別名「電気石」と呼ばれているようです。

なぜ電気が関係あるのか。それは、結晶の両極が性質が異なるから、+と-の性質を互いに持ち、電気を帯びる性質になるというもの。

トルマリンのカラー展開が美しいことには目を向けていましたが、そういった性質の面でも他と違う特徴があったことが新しい学びです。

トルマリンは13種ほども展開があり、実は、トルマリンはグループの総称で、1つだけの名ではないとのこと。

その種類が豊富なだけ成分もそれだけ豊富ということになります。

あとがき

ここ最近私もレンタルジュエリーに、ピンクトルマリン、カナリートルマリンを取り入れました。

現在目を付けているのはグリーントルマリンのスクエアの大粒リングのプラチナ台。

トルマリンはサファイアと同様、色の展開の豊富さでおしゃれに使えそうです。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

天然石についての意外を知る回【577】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

この度読ませていただいております、「彫金-手づくりジュエリー-の技法と知識:秋山勝義・飯野一朗 著」からの学び等、3点程ピックアップした内容のお話を今回はアップ致します。

紫色の天然石にはどのようなものがあるのか

紫色の天然石として有名なのは、アメジストです。地金のゴールドのカラーともシルバーのカラーとも組み合わせられているようで、たくさん活躍しているような天然石。

けれども、そのアメジストだけでなくて、ああいったパープル色の天然石は他にもまだあるのです。

そのようなお話をYOUTUBE内でお話させていただきます。

後程貼るYOUTUBE動画でご覧くださいね(^-^)。

ティファニー社の上手いネーミング

天然石の本来の名前があるにもかかわらず、商業用の宝石名の方が有名になった例がいくつかあります。

そうして、宝石をうまく広めて人気を博すことに長けているティファニー社が際立ちます。

有名な宝石名が実は、元の天然石の名前は初めて聞くような名前だったりする例を挙げたお話です。

こちらも後のYOUTUBE動画内でお話させていただきますので、お楽しみにどうぞ(^-^)。

カルセドニーは実はメノウの内訳の1つだった件

この本の中では、分類をとても分かりやすくざっくりと鉱物や作りに沿って分けてあるので、結構有名な名の通った天然石が、実はメノウの仲間の1つだったなどの驚く事実を知ります。

こちらもYOUTUBE動画内でお楽しみどうぞ。

では、ここにYOUTUBE動画を貼ります。

あとがき

天然石を知るということは地球を知るということなのかもしれません。

鉱物は地球の活動の結果の産物だとも言えますね。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

天然石は成分で分類がされることについて学ぶ【547】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

天然石も、宝石のペンダント、ブレスレット、リングになってしまうと、もはやその後はファッションの世界。

けれども、その1つ1つのお品になる以前には、ある区別が成分によって大きくグループに分かれているようなんです。

今回は、そのグループに分類する成分中心の鉱物の分類という何やら難しそうなところがスポットです。

けれど、結果的に、ここ最近話題とさせていただいております、翡翠のジェダイトとネフライトの違いがなかなか難しい理由がここにもあるということになりまして、関連付けての内容です。

鉱物の成分表

まず、【543】の時にお作りしました表を見ます。

この表の中で、<成分>のところにご注目を。ジェダイトとネフライトは大きくは、同じケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)の一種ということでとても似ているのですね。その一種の細かい部分が少し違うようですが、到底私がわかるものではありませんでした(^_^;)。

今回、書籍、「鉱物の博物学-地球をつくる鉱物たち-:松原聰/宮脇律郎/門馬綱一 著」を読ませていただいております。

ここでありがたく学ばせていただきましたことになります。

天然石の源、鉱物の分類がありまして、主に成分の違いで分類されています。

ものすごく多い種類ではなく、10種ほどです。

天然石のどれが当たるかなど、ほとんど有名な物しか記載させていただいておりませんが、これだけの分類になるようです。化学の授業みたいです(^_^;)。

それで、下から2段目に、ジェダイト、ネフライトが共に属する成分の分類がありました。

それ以上の細かな分類がないので、やはりいずれも同じような成分であると言えます。

よって、それ以上の違いを成分で見分ける判別が難しそうです。

ちなみに、ダイヤモンドは、一番上。

ダイヤモンドの場合は、主成分が単一の元素である鉱物とのこと。

翡翠が属する、珪酸塩鉱物は、結晶構造の基本的要素として、ケイ素(Si)を中心とした正四面多体の各頂点に酸素(O)を配したSiO4四面体を持つことが特徴。

「鉱物の博物学-地球をつくる鉱物たち-:松原聰/宮脇律郎/門馬綱一 著」

と何やら難しそうですが、とにかく、ジェダイトもネフライトもこの特徴を持った珪酸塩鉱物だということです。

その他、コランダムという鉱物名である、ルビーやサファイアは、酸素と陽イオンが結合した鉱物。その他、スピネルもここに属するようです。

こんな話を聞いたことがあります。

ある国で、王冠の天然石がルビーと思っていたら、実はスピネルだったというお話です。

同じ鉱物の分類に属していることがまずは類似の原因ですね。

そう考えると、ジェダイトとネフライトも簡単に違いが分かるものではないようです(^_^;)。

あとがき

他の鉱物に関してはよく分かりませんが、とりあえず、こういった分類があり、翡翠の区別の難しさ、もしくは、天然石同士の区別の違いが分かりにくいという以前にベーシックな部分で、大まかな分け方という分類があったということです。

すごいっ、宝石は、自然界の3つの大きな物の1つだった件【525】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ジュエリーとして身に着ける宝石は、もともと、自然界の中で鉱物として採れたもの。

この「鉱物:こうぶつ」ってなかなか普段使わない言葉ですが、大きく括られた中では、驚くような存在であることが分かったというお話です。

動物、植物、鉱物の3つの物

とてもとても驚いてしまったのですが、たかが石ころとはとても言っていられないようなお話です。

現在、「鉱物・宝石の科学事典:日本鉱物科学会・宝石学会著」をピックアップ的に読ませていただいております。

動物というのは、成長し、動く物。植物というのは、成長するが動かないもの。

そして、鉱物が3つ目に続くのです。成長しないもの、変化しないもの。

これが定義。確かに、物(ぶつ)であるのに、性質の違う3つの大きなくくり。

そう考えると、物言わぬ石というのがとても貴重な物だと思えます。

鉱物を知ることは、恐竜とか、地球の歴史を知ることに関連することもあるかと思います。

あとがき

現在というのは、鉱物に並ぶ、成長しない物である「人工物」が多すぎて、鉱物の存在感が目立つものではないようですが、基本的には、その自然界の括りは変わらないようです。

結構大きな存在ですね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

同じコランダムからルビーの赤とサファイアの青に分かれていくその成分とは【517】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

以前に記事にて、ルビーとサファイアはもともと鉱物名が同じコランダムで、そこから、他の成分によって赤と青に分かれて違う宝石になっていくというお話をさせていただいたことがあります。

今回は、現在読ませていただいています、「金属のふしぎ:斎藤勝裕著」からの学びで、その他の成分とは何なのか、コランダムの状態というのはどのような感じなのかという物質のようなお話が具体的に分かる内容となります。

コランダムの時点でのルビーとサファイアの様相とは

ルビーとサファイアはもとは同じコランダム。そこからこのように全く違う色になっていくその謎にせまります。

コランダムというのは、そもそもアルミニウムというなじみのある言葉でぴんとくるかもしれませんが、あのシルバーのような白のような色の物質の「アルミナ」と呼ばれる成分とのこと。

純粋アルミナの結晶というのは、無色透明であり、その状態がコランダムです。

ここへ、不純物が混じっていくもののようです。

ルビーの場合混じった不純物というのが、「酸化クロム」。1%程度のわずかな分量であの赤色になるみたい。

サファイアの場合混じった不純物というのが、「酸化チタン」。

サファイアの多色展開の他の色は、また違う不純物が混じるということになると思うのですが、しっかりと書かれたデータを見つけることができませんでしたので、青のサファイアのみ今回はご紹介とさせていただきました。

ところで、ホワイトサファイアというのがありますが、あれは無色透明。

つまり、不純物が混じらなかったコランダムの姿そのものということで良いようです。

そうするとホワイトサファイアはある意味価値があると言えます。

そして、ルビーにかろうじて近いであろう同じような赤みをおびたピンクサファイアは、ルビーに混じる不純物の更に10分の1程度の0.1%程だけだったために赤になり切れずピンクの色に落ち着いたという意味で良いようです。

ピンクサファイアは豊富ですので、そう考えるとルビーのようには簡単に真っ赤にはなりにくいものなのですね。

あそこまで赤くなったルビーの価値というものとか希少さを感じます。

あとがき

元は透明のところへ不純物が混じって色ができていく様子というのにロマンがありますね。

自然の力、地球の不思議を同時に感じられるのが宝石です。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

驚きの真実!オニキスとメノウそしてルビーとサファイアは元は同じ素材である【303】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ホームページの名前をリニューアルしました(^-^)。

名前を変えるって良くないとも言われていますが、いやいややはり改革や発展とともにありうることだと思っています。

今回、以前の「情熱のハンドメイドバッグ」から、「ピクチャレスクの情熱コーデ」へ名前が変わりました。

YOUTUBE動画の方も同じく、以前は、ホームページと同じ名前だった「情熱のハンドメイドバッグ」から、「ピクチャレスクのおしゃレポ」へ。

理由は、ハンドメイドバッグ事業だけではなくなってきたからです。

新しくレンタルジュエリーを始めてめて3か月経過。

そして、ハンドメイドバッグ製作も単体の製作だけでなく最終的に行き着きたい場所は洋服とのコーデにあるわけです。

バッグのみの世界から、洋服やジュエリーともコラボした全体コーデの世界へと変わっていきます。

そうすると、作るバッグもコーデを意識したものに変えていくというものです。

そんな変化していく部分も今年から来年へ変わっていくと同時にお楽しみいただけたらと思います。

本から学んだ鉱物名というもの

ジュエリーの基本ブック:宮坂敦子 緒

という本を読みました。

ジュエリーのことを歴史とか専門用語などにもっと入り込もうというものです。

ここから、意外で面白いなあと思う事実を知ることに。。

今回はそれをこの記事でご紹介したいと思います。

また、その他の3点の興味深いことは、YOUTUBE動画を貼りますので、その中でお話させていただいておりますので後程(^-^)。

さて、この記事内でお伝えしたいこと、それは、宝石の呼び名と元の鉱物名というものが別であることです。

これにはとても驚きました。

その例が、ルビーと、サファイア。

ルビーもサファイアも同じ鉱物名、「コランダム」なのです。

それなのに、どのようにしてあの赤と青に変わっていくかという分かれ目の地点。

それが、ルビーにはわずかなクロムが混じる、サファイアには鉄とチタンが混じるというものです。

何か動物の進化のようです。

元は2種の宝石は、同じ素材であったということです。

ルビーとかサファイアとか、宝石名が主流に取り扱われているのですが、この鉱物名という部分に注目していくと、とてもロマンが広がります。

ダイヤモンド、サファイアとルビーのトリコロールカラーのリングx2個

もう1種鉱物名と呼び名が違う意外な2つの石をご紹介。

それは、オニキスとメノウ。メノウは瑪瑙という漢字で、アゲートと呼ばれています。

この2つは、鉱物名が、「カルセドニー」。分かれ目は、直線の縞模様を持つのがオニキス、曲線の縞模様を持つのがアゲートというように別物として扱われるとのことです。

オニキスのネックレス
瑪瑙のリング

面白いです(^-^)。

鉱物である岩の中から掘り出されたものという見方は地球の不思議やミラクルの証。

地球のずっと奥の方の内部での活動の証だということなんです。

ダイヤモンドの鉱物名

ダイヤモンドは、鉱物名もダイヤモンドなんです。

ここからも特殊な感じがしますね。

地球のずっと奥の方(底)というのは、温度がとても高くて、圧力もすごいもの。

そのマントルというものの中で生まれて、マグマとなって地上へ割れ目から吹き出し、固まることで出来上がるもの。

地震や噴火ともかかわりがあるような。。

最近YOUTUBE動画の中で面白そうな地球の奥の方の内容の様子を解説したものを見つけて見させていただきました。

地表に鉱物として出ている宝石はほんの一部に過ぎず、地中の奥深くには、ダイヤモンドとか、ペリドットも無数に存在しているようで、とっても驚きました。

えっ?ペリドットがたくさんあるんだーって感動。

やはり天然石は地球の活動の証ということですね。

あとがき

とても面白く読めました。

知識を深めては行きたいのですけれど、最終的には、全体コーデに行き着きたいので、幅広い分野の本を読みたいということも思っています。

特に洋服とかジュエリー分野でなくても、違う分野に何かヒントがあるかもしれません。

では、YOUTUBE動画を貼ります。3点のお話というのが、1)トルコ石のネーミングの意外、2)日常よく使うアレに弱い宝石が多い、3)ダイヤモンドよりもルビーや翡翠の方が強靭であるというものです。

どうぞご視聴くださいませ(^-^)。

私が行っているレンタルジュエリーが現在ヤフオクで出品中です。

インスタでも1セットずつご紹介のアップをし始めました。

一度覗いてみてくださいませ。

ヤフオクこちら。

そして、ハンドメイドバッグもヤフオクとcreemaで出品中です。

creemaこちら。

<旧39>:パステル系のマルチカラー、ミックスベリル中心のセット【398】

〇ネックレス:珠のサイズは縦15mm相当で横10mm強の大粒。ベリルというのは、鉱物の同じ性質の淡い色味が並ぶ総称の名前で、ブルーはアクアマリン、グリーンはエメラルド、ピンクはモルガナイト。長さは、K18WGの留め具含む43cm。 
〇ブレスレット: 白色に淡いグリーンがかった天然の微妙な色が美しい軟玉翡翠のくり抜きバングル。内周は19cm。
〇リング: シャネルのプラスチックリング。オーローラがかったシルバーカラー。サイズは14号程度。