下糸側の縫い目のループや汚さの原因が分かる!、厚手デニムを職業用ミシンで縫う時の糸調子の合わせ方の実演【803】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

このたび、大変有難いことに、YouTubeの過去の動画にご質問とコメントをいただきました。

少しやり取りさせていただき、おそらく、このことにお悩みであろうと思いました。

厚手のデニムを職業用ミシンで縫う場合、少し大胆なまでの糸調子の合わせ方をすると良いのです。

結局これが結論なのですが、そうは言ってもなかなか腑に落ちないかと思いまして今回動画にしてみました(後で貼りますね)。

良い糸調子になる時の糸調子ダイヤルと糸案内の糸の通り方の2つのポイントを確認しながら、悪い例と共にお伝えしたいと思います。

保存版、厚手デニムの糸調子の上手な合わせ方

今回は、思い切って厚手中の王者、25ozのヘビーオンスデニムを使います。

特に生地の地の目に対して、並行よりは垂直に縫う時によく起こる下糸のループ減少などが分かりやすく見れるように、横に縫う設定をします。

三つ折りにしてステッチをします。

こちら側の向き、上糸側はほとんど綺麗に糸目が出るものです。

問題は裏側の下糸側の面なのですね。

まずは、通常の他の生地全般にそれほど糸調子をいじることなく使ってきた糸調子ダイヤルで縫ってみます。

糸案内:通常取説にもあるように、スパン糸30番の今回では、スパン糸の通し方ということで真ん中を空けて通します。通常はスパン糸で縫う場合はデニム以外の他の生地ならこれで合います。
糸調子ダイヤル:押さえを上げて針も刺していない状態でこんなような位置を通常にしています。2.5程です。

こうして、とりあえず、まずは、通常の他の多くの生地と同じ条件で縫ってみました↓。

こちらは、下糸側です。非常に汚いです。右の方は、特にループもできています。糸が絞められ切っていない緩んだ状態で余ってループみたいに飛び出してきているような。。。上糸側から出ている糸が緩んでいるんです。
他の場所もすべてアウトです。非常に汚いですね。わらびやゼンマイのようなループが出来ている時は、多かれ少なかれ、これと同じ現象だと言えます。

表面は、何ら問題ないのですが、この縫った裏面が汚いのです。

これを下糸が原因だと思ってしまいがちですが、原因は上糸側の糸調子にあるんです。

下糸の糸調子は、ボビンケースにボビンを入れて吊り下げた時の、スルスルとは行き過ぎない適度に支えられているような感覚の絞まり具合を目標に、マイナスドライバーの溝のあるネジで緩めたり絞めたりしますが、それをやっていれば後はいじることはありません。

すべてが上糸のせいでこうなるのです。

ということで、私がデニムの厚手を縫う時に調整している上糸側の糸調子にいきますね↓。

まず、糸案内には、スパン糸であっても3つの穴にすべて通します。これでかなり引き締まる効果があるので有効。
そして、これを忘れてはいけません。いったん押さえ金を下げ、糸も指します。そうしないと糸調子ダイヤルが正しく見れないので余計くるってしまうとメンテナンスの方にお聞きしたことがあります。

糸調子ダイヤルは、押さえ金を下げ、糸を指して縫う状態と同じ状態で目盛りを見るのが大鉄則だそうです。

そして、上の事を行った状態で目盛りをぐんと絞っていき、3強くらいまで上げます。マックスにはやらなくてよいかと思います。ガチガチに張り過ぎても糸が切れたりしがちなので、ほどほどにして3強です。

そして、同じように三つ折りしました。

左:糸調子(悪い)、右:糸調子(良い)右側が糸調子を合わせた方の縫い目の下糸側です。左側の先ほどの失敗と比べて全く変わりました。

さらにもっと細かい微調整は自分で、それぞれの生地の種類やデニムのオンスとの兼ね合いで試し縫いをしながらパーフェクトに合わせていったらよいのですが、大きくは、これで劇的に変化できます。

まとめますと、

①糸案内をスパン糸でも3つの穴にすべて通す

②押さえ金を下ろし、糸を刺した状態にして(実際に縫う時と同じにする)、糸調子ダイヤルを3強あたりまで絞る

この2つです。

あとがき

デニムは、こういったことからも特殊な生地であると言えます。

それだからこそ、専用のミシンもあるわけです。

けれども、職業用ミシンでも全然可能だと思います。

デニム専用のミシンだとデニム以外の薄手には向かなかったりするので、限定されるので、ジーンズショップなどを経営の製造業者様などは有難い1品になるかと思いますがいろいろな生地で縫いたい者にとっては不向きで、職業用ミシンがやはり多くの素材をカバーしてくれます。

今回のこの実験から言えること。

厚手で針が通るかなあという心配は誰でもするかと思いますが、たとえ、針が通ったとしても糸調子というものこそが結局綺麗に出来上がる大切な条件であるということをお伝えしたいと思いました(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

デニムのような分厚い硬い生地と糸調子の関係のある一部分の解明【622】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近のデニム地、キャンパス地などの厚手の硬い生地を縫わせていただくお仕事がございました。

その中で今までにははっきりわからなかったある発見とか学びを得られ有難く思っております。

その1つとして、今回ご紹介しますのは、セルビッチデニムのような厚手のジーンズなどの生地と縫う時の糸調子の関係の解明です。

デニム生地はブロードやローンと全く糸調子が変わる

現在、私は職業用ミシンのJUKI-シュプール-TL25というのを使っています。

TL25の後にはデラックスなどのネーミングが付いていない古いタイプのオーソドックスなものです。

こちらを長年愛用していますが、家庭用ミシンよりははるかに安定感と強さがあり、綺麗な糸目に縫うことが可能です。

けれども、デニム生地の分厚いものとなるとそのままの感じで行くと一気に縫い目がくずれます。

糸調子ダイヤル:ブロードやローンの場合は、糸調子ダイヤルは1と2の間の1.5くらいで整います。セルビッチデニムの場合そのままで縫うと下糸がループを作りてんで糸調子が狂います。よって、いろんな調整の結果2と3の間の2.5で私は決めています。

どんなふうにくずれるかというと、もさもさと下糸がループを作ってしまうんですね。

このことは、上糸の糸調子が悪いということに導かれ、上糸の調整をするわけですが、それにしても、2-3の間の2.5くらいまでにしています。

これ以上絞めても、このダイヤル周辺だけに影響するような感じに見てとれまして、訳が分からなくなっていた時期もありました。

そして、今回、次の事に気づきます。

糸案内:このパーツの呼び名は糸案内。メーカーさんの説明書では、スパンとテトロンの糸の違いでこの糸の通し方を区別する推奨が記載されています。確かにこのこともごもっともでそのようにして使っています。
しかし、それ以上のことが今回起こっています。スパン糸は、真ん中の穴を飛ばす通し方、テトロン糸は真ん中にも通すフルに通す通し方という説明がメーカーさんからの推奨でありましたが、この糸はスパン糸の30番。本来なら、真ん中を飛ばすのですが、それをフルに通すことで糸が全体的に絞まる影響がうまく及ぶようです。

このことは、説明書にはありません。

そもそもデニムを職業用ミシンで縫う設定など想定されていないこともあるかと思います。

が、実際職業用ミシンでデニム製のお品を縫っていくわけですから、ある意味型破りの行為となりますが、可能なんです。

ということで、糸案内にも、フルに糸を通すという部分。

これは、デニムを縫う時に、時によってテトロン糸を使う場合ももちろん同じ。

そうすることで、下側の糸調子ダイヤルを4などに絞めすぎずともこの糸案内の真ん中にも通すことの方が効果が出た結果になりました。

私が思うに、一応、設置としては、糸調子ダイヤルは4までありますが、ほどほどの私が設定の2.5あたりまでにとどめた方がバランスが良いのではないかと考えます。

4なんていう糸調子は逆にいろんな箇所を傷めるような気がしてなりません。

縫い目の結果やいかに

そうして、糸調子ダイヤルを2.5に、糸案内にフルに通した30番のスパン糸で縫った結果は、こちらです。

綺麗に目が出ています。裏側にも同じように出ていますので私としては合格で行きました。

糸ループを作ってしまっていた時とは雲泥の差。

糸調子の大切さも、こういった極端な生地を縫う時に知ることになります。

いつもブロードとかローンのような普通地以下の生地を縫っている場合はなかなか意識しなくてよいことなので、こういった経験は特別ですね。

この縫い目が綺麗な良いお品ができるかの明暗を分けると思っておりますので、とても重要なポイントになるわけです。

今回は、デニムのセルビッチタイプ12-14オンス程度に該当するお話でしたが、その他、帆布(キャンパス地)の8号とかそれ以下の厚手、カツラギ、そういった織り目が詰まって硬いものに同じように対応できそうです。

硬い生地というところで、ゴブラン織りも浮かびますが、あれはそういうことが起こらないかも。

織り目が粗いのだと思います。

糸の太さや生地の厚みだけではない、織り目の硬さという点も見逃してはならないので、ひょっとして薄手のような生地でもナイロンなどの密な織り具合の生地では同じようなことが起こり得ます。

あとがき

今回は、こんな感じで、実際に私が自分で体験してきた調整のコツのようなことが少しクリアになってきたのでご紹介しました。

もし、こういったことがちゃんとした表になどできるくらいに確かなものになれば、分かりやすくご紹介を改めてさせていただこうかと思います。

引き続き体験しながらの模索を続けてまいりますね。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。