真っ白コーデがかっこよく引き立つような差し色のうまい選び方【1127】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

1つ前の【1126】の記事では、真っ黒コーデのお話をさせていただきました。

真っ黒コーデで陥りがちな、お葬式風になってしまわないようなコツなどをその小物使いや選ぶアイテムの素材自体で工夫していくというお話でした。

今度は、その真逆の色にも注目してみたいと思いました。

真っ白コーデです。

真っ白は言え、少し色の入った、アイボリーとかクリームとかオフ白、オフベージュといったような色全般をざっくりと、白と呼び、真っ白コーデは上下とも組み合わせが白無地である場合と仮定させていただきたいと思います。

真っ白コーデを優しく表現する差し色から、コントラストの強い攻めた感じまで複数の差し色をご紹介

白といってもこんな風にいろんな白っぽいさがありますが、いずれも、白コーデということになります。右のようにベージュ寄りな色も今回の真っ白コーデに入れさせていただきますね。
モデルは、左の色のセットアップの色のトーンを使用してシュミレーションしていきます。1つ目は、こんな風に優しいカラーのベージュをベルト、靴、バッグの小物で差し色にしていくこと。ベルトの部分をスカーフに換えてベルト使いするなども素敵だと思います。これらの差し色は、無地でなくても柄が入るのも素敵です。
グレーとベージュの間のようなカーキのような色の差し色です。カーキグレーとも呼べますし、グレージュとかサンドベージュ、モカグレーなどとも呼べるような中間色です。すごく素敵にきまると思います。
もっとグレー寄りがよければ、ねずみ色のようなグレーにシフトしても良いかと。
前述の2つをミックスしたグレー系で混合のまとめ方でも、全体でおおよそグレー系という映り方になると思います。その場合、バッグは位置が外になりますので、縦ラインが直線上にあるベルトと靴を同じ色に合わせてバッグだけ少し違うということにしてみました。バッグだけ柄が入っているなどの違いがまとまりやすいと思います。
色が濃くなりますが、カーキ系のダークブラウンです。これもコントラストがありますが、個人的に好きな差し色です。
最後は、黒です。白黒は一番コントラストのある2色。これは難易度も高いですが、その他のジュエリー使いなどで、とてもかっこよくなることが予想されます。

あとがき

今回出てきた色は、どちらかというと無彩色系です。

これがpicturesque流でございまして、もっと案としては、他にもあるかもしれません。

考案の時にそこへ自分の意思表示を入れていくと哲学入りのコーデになると思います。

今回私が目指したゴールというのが、「かっこよくきまるコツ」ですので、カッコイイということを目指す時に、こうしたモノトーンな調子がかっこよさが実現できそうだと思ったからです(^-^)。

特に大花柄は、インテリアで大きなバッグに仕立てることがお勧めである理由【955】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近スタートしました、ハンドメイドバッグのインテリア使いの製作。

今回その1点目をご紹介したいと思います。

大花のデイジー柄がぷっくりとふくらんだ風通ジャガードがとっても素敵です。

柄のサイズが大きい生地は大きなバッグの方が迫力と価値が高い件

せっかく凝った作りのぷっくり膨らんだジャガードです。

柄も大きなお花で存在感があり、できるだけ広い面積に大花を敷き詰めたい。

そうすると、バッグは、途切れ目の少ない広い面積である大きなバッグが良いと思います。

過去に同じ素材で小さめのコンパクトバッグを作ったお写真があるので比べてみてください。

過去(2019年くらい)に作ったドーム型のコンパクトバッグ:この柄をデザインに当てはめた形なので、途中で柄が途切れたり面積が狭いです。
今回製作のインテリア収納バッグ:<サイズ>縦37cmx横44/62cmxマチ20cm・・・程よいビッグサイズといったところでしょうか。大花柄でもお花がぎっしりと配置され、生地が存分に惜しみなく使われています。
<表地:オフ>風通ジャカード、ポリエステル/76%、ナイロン/24%、イタリア製。・・・イタリア製には、日本のフクレジャガードの仲間の生地よりも、もっと大胆に華やかに表現されているこういった風通ジャガードというのが多く見つけられます。イタリア国内のこういった分野の事業の事情だと思いますが、日本製のここまでの凹凸感ある素材はなかなか見つけられないです。
<裏地:黒>透かしオパール、綿/46%、キュプラ/26%、ポリエステル/18%、ナイロン/10%、日本製。・・・地の黒色は接着芯を黒色に貼ったのでまったりしましたが、元は透けた感じ。とはいっても丈夫な素材です。

裏地の柄はあまりはっきりしていないので、裏地向きかなあと判断した今回ですが、表地としても使えるような生地です。

表地のビッグデイジーの花びらにこの大きなボタニカルなジャガード柄がよくマッチすると判断したコンビです。

インテリア専用ということでこれまでのお出かけ用バッグと違う作りはどこか

一見写真だけ見ると、この同じようなデザインをお出かけ用にも使えるかもしれません。

けれども、私がお出かけ用を作ると、底板を内蔵して、側面にハード薄芯を貼り、ショルダーを追加ということで、どんどん外出用の機能を追加してしまいます。

これまではその使い勝手や機能を持ち歩く外でのシーンであることを想定して、とことん追求してきたのですが、最終的には高額のお品になりました。

高額でも時々はご検討いただけるかもしれませんが、製作にも時間がかかってしまうので、コンテンツ化して、その手法を「著作権無しの自由な商業利用」で販売させていただくことにシフトチェンジすることに決めました。

私も引き続き、その凝った機能のお出かけ用デザインは利用させていただきますが、その一方で、今までのお出かけ用からおうち用へのシフトのバッグがとってもシンプルで短い時間で製作できました↓。

底板も入れていないので折りたたみもでき、使わない時に引出しの中などに大切に収納できます。取っ手も特に接着芯しか入れていませんが、ステッチの4本線によって丈夫にしっかりとしています。室内用としては十分ですし、これを持ち歩くことも不可能ではありません。その想定も入れてちゃんとしたお仕立てをしています。

こうしてたためることで、使わない時に、日に焼けたり、ほこりかぶったり、汚れたりなどの消耗を防ぐことも可能。

結果長持ちのお品になる可能性があります。

こうしてたためるのは、底板を入れていないからです。

そして、接着芯のみなので、物を入れていなければ、くったりとなって畳みやすいです。

かといって、接着芯の薄芯は全パーツに貼っていますので、基本的な丈夫さはお任せください(^o^)丿。

室内で入れ物として利用するのは、動きがない静止状態なので、強度をそれほど追求しても意味がありません

持ち上げて全体の力がかかる場面というのは配置を変えたりするときのみ。

あとは、じーっと同じ場所に置いているだけの入れ物なのです。

しかし、目につくところであれば、時々視界に入り、綺麗な柄を愛でるということも日々の暮らしが潤いのあるものになるインテリアの1つとなると思います。

あとがき

今まで作ってきたお出かけ用のリュックなどを私の自分のライフスタイルと比べると少しずれていました。

私がお出かけする時はブランドバッグなのです。

そして、インテリアである室内でたくさんこういったハンドメイドの花柄ぎっしりのバッグを楽しく使っているのです。

その点で、自分の実際と、ご提供してきたものにずれがありました。

今度は、いっそ全く私と同じライフスタイルの、「おでかけはブランドバッグを持ち、室内ではお花柄に囲まれる」という人をイメージしながら、ずれずに、ぴったりでやってみようと始めた企画です。

今回1点目ですが、ここからまだ引き続いてどんどん製作していきます。

そして、生地在庫が0になった時点で今一度振り返ってその手ごたえと共に今後をまた考えていきたいと思っています。

バッグはやはり洋服との相性が大きいと思います。

私自身がブランドバッグをブランド服に合わせているのでお出かけ着ではこういった花柄のほんわかしたテイストは登場する場面がないのです。

しかし、一方でお部屋の中では、ブランドロゴのついたアイテムを並べるかと一とそうではなく、お花畑のように花柄の入れ物で敷き詰められています。

これと全く同じように室内で入れ物として使いながら柄の綺麗さにも囲まれる暮らし。。。そちらの方へシフトするといったものになります。

寸法のしがらみがそれほどなく、生地に合わせたサイズ設定で作ることができるので、もったいない生地の使い方も避けられます。

余り生地で悩むことも少なくなるかもしれません(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

表地にフクレジャガードの大花柄を持ってくる組み合わせの4種の生地【872】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回から、新しいターンの製作に入ります。

久しぶりに表地が柄になりますので新鮮かもしれません。

柄といってもジャガード柄で、無彩色です。

基本は黒コーデベースのリュックなので、黒寄りな色でできた柄ということになります。

4種もの生地を集めてそれぞれの位置に配置します。

再生繊維(テンセル)の良さ

かつて、レーヨンの仲間のリヨセルとかモダール、そして、下着にここ近年使われたりもするテンセルは、指定外繊維という呼び方であったことを記憶しています。

最近は、その製造方法が分かりやすいネーミングということなのでしょうか、再生繊維という呼ばれ方です。

テンセルも再生繊維の中では王道の生地になります。

特徴が白みがかったぼやけた色目が特徴のさらりとした風合いです。

今回そのテンセル糸が織り込まれたフクレジャガードの大花柄を表地にハンドメイドリュック「餅巾着」を製作していきます。

表地が決まってからの裏地とか巾着袋地のチョイスが難しかった。

表地が柄だと難しいものですねー(^_^;)。

あれこれ悩みながら決定したのが下の4種。

左上から時計回りに:<表地:黒xグレー>フクレジャカードニット、ポリエステル/62%、再生繊維(テンセル)/35%、ポリウレタン/3%、日本製。<裏地:黒>ちりめんニット無地、アセテート/72%、ポリエステル/25%、ポリウレタン/3%、日本製。
<巾着袋地1:黒>生地名不明(ガサッとした素材)、混率不明(おそらくポリエステル/100%)、原産国不明(おそらく日本製)、<巾着袋地2:白x黒>:レーヨンプリント、レーヨン/100%、日本製。

表地が柄であることが久しぶりとなります。

表地:テンセルは白っぽく見えるような感じがありますし、さらっとした手触りも特徴です。気持ちが良さそうです。この黒xグレーに組み合わせる裏地がなかなか見つかりませんでした。結局そこそこ凹凸感がありながらも、表地が主役なので控え目な裏地をとこれに決定↓。
裏地:ちりめんは凹凸が細かく畝として入っています。とても美しいですね。
表地と裏地のコーデ:この表地に相性が良い生地を手持ちの在庫の中から見つけるのがなかなか難しかったです。あまりに目立つと柄on柄過ぎるし、色が入ることも、実際に当ててみると浮き過ぎてかっこよくありませんでした。よって、シンプルに黒無地です。
巾着袋の外:この生地は最近よく使わせていただいている良質な薄手生地。薄いのに目が詰まってずっしりと重い、喪服みたいなイメージの生地です。生地屋さんからのいただきものなので詳細が分かっておりません。今回これを巾着袋の表なのか内側なのか迷っていますが、おそらく外側にするかと思います。
巾着袋の内:ということで、上が外側なら、こちらは巾着の内側に使うことになります。これのみでは生地の分量が足りません。内側が明るく見やすいのも使い勝手としては良いかもしれませんので、この生地を巾着袋の内側に。

あとがき

表地が柄ではありますが、キルトをかけようかと思っています。

フクレとか風通加工のぷっくりとした生地は美しいですがゆるめな作りである部分があるので、キルトの効果は機能的にはあるかと思います。

ただ、柄が入ることで、自由な感じの大花柄が委縮しないかと心配ではあります。

とりあえず、キルトを優先にして製作してみます。

また、どんな感じに出来上がるのかという行方をどうぞお楽しみに♪。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

グレンチェックの魅力を最大限に生かすコーデ方法【234】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

先染め、後染め、という言葉を聞かれることがあるかと思います。

先染めは、織布する前の糸の段階で、色が付けられていく染め方、後染めは、生地の土台が出来上がってから染色をほどこす手法です。

柄物では、ジャカードとプリントの違いも同じです。

さて、今回、前者、先染めに多いグレンチェックという柄、この柄のみにスポットを当ててまいりたいと思います。

グレンチェックという柄とはどんなもの?

グレンチェックは今や、あまりにも有名で人気の柄のようです。でも、柄をじっくり見たことってあまりないのではないでしょうか。

ぱっと見て、あ、グレンチェックだというようなマークのような感じの見方ですよね。

ですから、ここで一度、より奥深くグレンチェックの柄というものを見ていきましょう。

私が持っています、2冊の本より、原点や定義を抜粋させていただきたいと思います。

スコットランドの高地で作られ、もとは大地主の下僕の仕着せ(主人から支給される洋服)としてデザインされていた。・・・グレンチェックには柄の種類などによって30数種類のものがある。

田中道一著 洋服地の事典 -サンプル生地つき- 関西衣生活研究会-

この本では、グレンチェックがもともとどんな人に着られていた柄なのかが書かれていて興味深いエピソードです。

千鳥格子や細いストライプなど4種類の柄の四角形を交互に配し、大きな格子柄を構成したもの。スコットランドの渓谷GLEN-URQUHART(グレナカート)で織られていたことから・・・正式には「グレナカートチッェック」という。

服地の基本がわかる テキスタイル事典 閏間正雄監修 ナツメ社

この本からは、グレンチェックは、格子やストライプの組合せで混合して作られた1つの大柄なんだということですね。

発祥の地としては、スコットランドということなので、高緯度の寒い地方であることから、主に冬にウール素材でグレンチェックは使われることが多かったのかなと予想しました。

そのグレンチェックの生地をバッグの裏地用に持っていたので、広げてみました。

グレンチェックの柄の構造をここでじっくりご覧くださいませ。

先染めリネンという名前の生地。麻/100%、日本製。(黒白です)
レーヨンなども入った混合素材のグレンチェック柄:やや薄手(紺白です)

千鳥や、細かいストライプが集まっていますね。

じっくりグレンチェックを見たことってあまりないですものね。

下側の生地は、黒に見えますが、実は、紺色なんです。一瞬黒に見えますね。

上の黒白と比べるから濃紺だとわかるもの。

もともとグレンチェックは、紺x白という使われ方で始まったようなのですが、今は、断然黒x白の方が多く、使いやすいのは、やはり黒と白のコンビでしょう。

これらのような典型的なグレンチェックの柄がオリジナルの織柄です。

実は、ここへ、ペンシル上に縦横格子がさらに同じ色や違う色で入ることがよくあるようで、それもグレンチェックの仲間だとのこと。

下の2つのグレンチェックを見比べてみてください。

典型的なグレンチェックとペンシル格子入りとの見かけの違い

何か右側の方が目にははっきりと映るかもしれません。

加えられたペンシル格子の色が地と同じ黒であっても、少しはっきりと目に映る気がしますね。

洋服になった状態でよく見かけるのは結構このペンシル格子入りの方みたい。

逆に典型的な柄の方はレアって感じがします。

グレンチェックの柄を見る機会があったら、こんな風に構造を見てみてください。

とても楽しく見ることができると思います。

グレンチェックの洋服コーデ

ところで、私の好みなのですが、断然ペンシル格子の入っていない典型的なグレンチェック柄の方が、シックで素敵だと感じます。

余分な色や柄を加えていない最小限な色合いがとてもシックだと思うのです。

その方が、すっきりしていて粋なんです。

ここから後は、典型的なグレンチェックの方に的を絞り見ていきたいと思います。

ただ、とても粋だとはいえども、欠点はあるかと思うのです。

どうしても、いろいろな柄が、ほぼ均一的に集まった柄ということが、先ほども少し触れていますが、かえってぼやけるのです。

ぼやけることを解消するには。。。

ぼやけることを補うには。。。

これがコーデにかぎになると思います。合わせる色を、強いシャープな色にすることで、引き立たせること。

かなり、昔のことのなのですが、1980年代だったと思います。

そのころから、私は、グレンチェックが好きだったのだと思います。

母に作ってもらった2アイテムの冬のボトムが私のそれほど豊富ではないワードローブにありました。

そのころトラッが流行していたこともあると思います。

それが、グレンチェックのタック入りパンツと、グレンチェックのタイトスカートでした。

スカートの方は肉厚。

両方とも毛/100%だったような記憶です。

当時のスカートの素材にうり二つの生地。こんな厚手のあったかい冬用のタイトスカートでした。

パンツの方は、やや柄が細い線で小さめの柄、スカートの方は、柄が太くて、濃くて大き目。

両方とも、トップスには、毛/100%のリブのタートルセーターを合わせていた記憶があります。

そのリブタートルセーターの色がでした。

グリーンのカーディガンのようなものも合わせていたのですが、グリーンも黒が残っていなくて、しょうがなくグリーンを買ったという記憶なので、やはり黒が一番合うと思って探していたのでしょう。

黒x白の典型的なグレンチェック柄に一番合う色、それは、黒、これだと思います。

そして、その黒のアイテムも、出来るだけ、平凡なシンプルなものがいい、それによってグレンチェックという柄が、主人公のごとく引き立ち、輝くのです。

グレンチェックの黒x白には、合わせる色は黒が 王道である

さて、コーデする時に、グレンチェックをボトムにもって着た時に合わせるトップスです。

フリルなどの凹凸感はない方がよく、また、ブラウスやシャツやtシャツなどの素材よりも、やわらかなセーター類の方が、グレンチェックの相手には向いているようです。

しかも色は、黒が最強で王道です。

そして、これも大切なことだと思うのですが、グレンチェック自身も、洋服になる時に、できるだけ当たり前の平凡な形がいい。

当たり前の形のスラックス、タイトスカートなど、丸みのあるラインの少ない、ボックス型のイメージが強い方が、グレンチェックの格子型にうまくなじみ、粋になるんです。

丸みのあるラインを作ろうと、フリルなどで生地をぺたんこから、立体的にすると、どうしてもグレンチェックの美しい柄がとぎれます。

やはり、グレンチェックという柄をのびのびと存分に見栄えさせ、生かしてあげなければなりません。

ボックス型というのは、そういう意図が含まれているのです。

ということで、グレンチェックをおしゃれにシックに着こなすお勧めのコツをまとめます。

①相手を黒のシンプルなセーターのようなやわらかな素材のアイテムに合わせる。

②グレンチェックのアイテムは平凡な形で、しかも、四角を意識した形がカッコいい。

黒白以外のもっとソフトな色のグレンチェックを楽しみたい場合

ジョルジオアルマーニの毛/100%の薄手のグレンチェックジャケット(モカグレー)

こちらも、一瞬黒x白に見えますが、モカグレーのような色目で、やややわらかさがあります。

よって、私は、このモカグレーのグレンチェックには、ボトムに、グレーのジーンズを合わせています。

1980年代くらいの物かと思われる古着で、毛/100%というのが、典型的なグレンチェックらしい素材だと思います。

こちらも色はモカグレーにマイルドになっていますが、ペンシル格子無しです。

あとがき

今回は、グレンチェックの柄の生い立ちや、じっくりと形を見たり、引き立て方などを書いてまいりました。

このグレンチェックという柄の魅力は、でしゃばりすぎていなくて、ぼんやりしている柄だからこそのものでしょう。

ちゃんと良きパートナーのがありますし今後も、おしゃれな定番柄として好まれ続けていくのではないかと思います。

これで終わります。ありがとうございました。

バッグをお作りしております。

是非こちらもご覧になってみてくださいませ。

こちら

picturesque
picturesque