ヒネリ錠の間から生地がはみ出る悲劇がないような対策の考案【373】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ハンドメイドバッグを作っていますが、どうも、穴をあけて生地を打ち破るということが好きではありません。

今までアイレットカンや、ショルダーの両面ハトメなどを一通りそろえて使ってきて実際に使っていく経験をしました。

その中で、現在は、アイレットカンは取りやめ、両面ハトメもミシンの縫いで固定することに変えています。

どうも生地を破ることが危うい場合があるとの懸念があります。

さらに、生地って意外と穴が開きにくいもので、なかなか丈夫なことと、芯地が複数ミるフィーユのように重なっているので一発開けができないんです。

パーツメーカーさんも生地には不向きだとおっしゃっています。

確かにパーツを使うとスタイリッシュではありますが。。

今回は、そういったパーツの部類で私が一番懸念しているヒネリ錠について研究をしてみましたのでお伝えしたいと思います。

ヒネリ錠は今まで生地をポンチでスクエアに打ち抜いて大きく穴をあけて使ってきました。

上述のパーツと同じようにその後の危うさが伴います。

今後頻繁にヒネリ錠のような留め具を必要とするハンドバッグを作っていきたいので、本当にヒネリ錠という種類のパーツをそもそも使っていくのかという検討を慎重にしている最中です。

いろんなパーツの中では、特にヒネリ錠が一番心配になるパーツなんです。

けれどもかっこよさは一番だと私は思いますので、可能ならば使いたいということです。

ヒネリ錠のくり抜きを玉縁仕様でやってみる

いろいろ考えてみました。

まず固定観念を取っ払います。

ヒネリ錠はポンチでくり抜くものということという発想からいったん離れてみます。

そこで、よく作っている隠しポケットの時の玉縁をこの小さい穴にもほどこせばよいのではないか、そう思いました。

このヒネリ錠は隠れる部分が多い方のタイプではありますが、それでも上下が特に生地のはみ出しがいまにも起こりそうな仕上がりになることがとても心配な点です。

出来るだけ綺麗にできる最大限の、けれど枠のくり抜きより大きくなりすぎない最低限というバランスを考えながら、隠しポケットで玉縁風にしているあのラッピング手法を取り入れます。

作図とカット:こんな風にくり抜き枠を作図して、枠をなぞるように縫います。玉縁と同じようにYの字をハサミでカット。短いのでカットし過ぎぬよう気を付けねばなりませんが(^_^;)。
向こう布の様子:実験なので少量の布で行っています。この表面は、接着芯を貼った向こう布を裏面にするという向きになっていなければなりません。
ひっくり返し:こうして、裏面へ向こう布を返します。ここで、枠がすべてラッピングされます。
完全にひっくり返した様子:まずまずです。ポンチでくり抜いただけの、縫い代が丸見えの状態よりもはるかに安心できて安定していますね。
向こう布の始末1:ひっくり返した後、表側から再度枠をステッチします。そうすると向こう布がしっかり固定されました。ここからが問題なんです。向こう布をこの後綺麗に始末せねばなりません。この部分は今は実験なので裏っぽく見えますが、実際は、蓋を開けたときの内側なので裏地が貼ってある状態。表のようなものなんです。これでは汚いですよね。
向こう布の始末2:とりあえず、短くカット。すっきりとはしておく必要があります。
実際にヒネリ錠の枠をはめてみます。
これが今回の結末。ここからがふんばりどころ。向こう布のゲジゲジが綺麗に隠れる方法を考えていきました。

本革を利用できないか

これを眺めていてあることに気づきます。

そもそもこういうヒネリ錠は本革レザーのハンドバッグに付いているのしか見たことが無いなあ。。。

そうだ、本革をここへ覆うように入れ込むことができないか。

この本革を使ったらこの向こう布のゲジゲジを隠せるのではないかということをひらめいたところでいったん終わりです。

ここを隠すと同時に表の枠にハーモニーを奏でるように合わせたボックスステッチを入れて本革を固定すれば美しいヒネリ錠とそれをとりまく護衛達になるのではないか。

そんなことを夢見た今回の結末でした。

あとがき

今回もYOUTUBE動画ございます。

ということで、早速本革レザーのかっちょいいヤツを探しまして素敵なレザーに出会います(^.^)。

黒で薔薇の彫りのタイプ。

とりあえず10点くらいは使えそうな面積のものが見つかりまして、到着を待ちます。

本革レザーを附属品として使う。。ここに期待を託しました(^-^)。

終わり。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグに設置のヒネリ錠に対する懸念、隙間からゾコゾコ生地がはみ出しはしないか【368】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回、試作の「昆布巻き」が一応完成。

一応という言葉の意味がその完成姿でご理解いただけるかと思います(^_^;)。

サンプルの出来具合について

「昆布巻き:試作」<サイズ>縦18cmx横24/28cmxマチ8cm。・・・一応組み立てることはできたものの多くの課題のあるものになった試作。まず、フラップが浅すぎます。私としてはこの倍ほど下へ長さを伸ばしたい。側面のカーブについてはこの後(^-^)。

側面のカーブその後

緩やかなカーブでありながら希望の幅10cmに出来上がるようにしたい側面のカーブが、8cmの出来上りだったことがまず、よくなかったです。

底の一番広い部分が縫い代を左右1cmずつ含めて10cmになるようなもっと広いものにする必要がありました。

そして、今回分かったこととして、型紙に少し尖りがあっても、縫っていくと自然に丸みを帯びてくるということ。

このように緩やかなカーブを一部使いながらも、底はまっすぐになるように無理矢理作った型紙で一度やってみました。
結果、縫っていくと、こんな風に丸くなってしまうのが自然なミシンの動き。つまり、型紙に忠実でないとも言えます。
そこで、次回への持越し事項として、もともと急カーブだった半径2.5cmのカーブの型紙を、今度は半径4cmの円の一部を使ったカーブを自然な流れになるように取り入れてみたのが次です。
カーブの線が2.5cm半径よりも内側に少し入り緩やかに変わりました。これはカーブが縫いやすくなったものになったということ。
そして、自然な感じで線をつなげます。底も水平になっていますし、これで次回再び製作してみようと思います。縫い代含めても一番広い所が10cmありそう。

と、こんな感じで良い方向性が見つかったかと思います。

今回もYOUTUBE動画をお作りしました。貼りますね。

ヒネリ錠について

ヒネリ錠に対しては懸念が常にあります。

生地に大きな穴をあけることのリスクをとても感じます。

ヒネリ錠はたくさん作っていく前に違う錠へ変更して辞めていこうかなんてことも考えています。

確かに一番のかっこよさはあります。

それは、きっと枠がくり抜かれて透かしになっているかっこよさだと思います。

その反面、とてもリスキーな構造だと思います。

今ある生地をくり抜いてしまって包み込むこともせずヒネリ錠を付けているんです。

いつ何時、ヒネリ錠の間からゲジゲジの生地がはみ出すか気が気でありません。

隠しポケットの枠みたいに、向こう布でくるみ込むことも考えてみましたが、その向こう布自体の縫い代の始末が縫い目が表に出ることを伴うものになりはしないか。。

けれど、実験してみて、小さな向こう布を使った枠を作ってみるというだけの試作も良いかもしれません。

何しろヒネリ錠はかっこいいんですものね。

現在は、生地をポンチのスクエア型でくりぬいて、そのままヒネリ錠を取り付けているので、生地の端の始末がしていないので、力が加わった時にヒネリ錠の縁から生地がはみ出す可能性があります。この懸念がとても引っかかる部分です。

あとがき

このデザインをを布で製作されているのをほとんど見かけないです。

もともと革製で作られるハンドバッグのデザインの部類に入ることが多いからだと思います。

そこを布製で作っていきたいと思っているところです。

ところで、上の写真のステッチが途中で止まっていますが、いずれ、これもフルに上まで行きます。

側面がやけに低くてバランスがまだ悪いので、あのステッチの高さまでしか側面がないという何とも言えない状況なんです。

この部分も型紙変更で高さを増やしました。

また、2ndサンプル的な製作をしていきます、お楽しみにどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

【363】の続き:ハンドメイドバッグの側面パーツのカーブを緩やかにできるのか【366】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

2020年末辺りから取り入れた取っ手の付け根タブ。

これがなかなか良いようです。

現在改良中の「昆布巻き」にも取っ手の付け根タブの8角形のパーツを使っていきたいと思います。

これをトレードマークのようなものにしようというものです。

さて、今回は、前回の記事の【363】の続きの内容です。

側面の一番の難所である底周辺の左右のカーブの角度を緩めて作りやすくして綺麗に作っていこうというものです。

前回からの続きで考えた1つのアイデア

前回の【363】で、底が緩やかなカーブをまともに描くと底のラインが水平にならないから、ちゃんと立つバッグにならずに付加価値が落ちるという点で、その型紙はよくないということを書きました。

急カーブを和らげるためにまともにカーブを描くと底がまあるくなってしまい立ちません。
そもそもこの枠に当てはまるにふさわしい形に近くなければ綺麗に出来上がらないと考えます。そうすると底の水平は必須ですね。
A案:1つの案としてこういうラインを作ってみました。途中まで上の緩やかなカーブと同じもので、先端のまあるい部分のみをカットしたようなもの。しかし、これもとんがりが目立ち、綺麗に出来上がるかは分からないです。緩やかなカーブを目指したのに、急カーブのように感じる部分ができるような懸念もありますが(^_^;)。
B案:今回は、A案でないと底周辺の幅が不足だったので、こちらの型紙はキープするだけにしました。けれど、この型紙が枠には一番当てはまりそうです。このカーブは当初の急カーブだと思っていたのと全く同じなので結局緩やかにはできなかったということになりますので、それは最終として、A案を先に作ってみることにしたわけです。

折りたたむような作りのバッグも難しいものですね。

けれども、この「昆布巻き」という名前もその折りたたむような作りから生まれましたので、1つのデザインの難所ということで仕方がないことなのでしょうか(^_^;)。

あとがき

この後、取っ手を付けたりヒネリ錠の凸の方を取り付けたりしましたが、記事内では省略させていただきました。

YOUTUBE動画内ではご覧いただけますので、動画是非ご視聴どうぞ(^-^)。

ということで、サンプルをA案の少し尖り気味に見える底のカーブの方で一度完成してみますね。

では、今回はこれで。

ありがとうございました(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグに親しみのある名前を付けるブランデング【323】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

いよいよ2021年に入りました。

昨年2020年の目標として、ハンドメイドバッグのデザインを確定するというものがありました。

簡単に言えば、デザインを少なめに絞るということ。

そのためには、いろいろなデザインにも挑戦しないと可否が分からないものなので、いろいろトライしてみた2020年でした。

結局最終的に気になる部分というのは、使い勝手と、セキュリティー性の強さなんです。

これがないと実際にお客様のお役に立てないからです。

使い勝手というのも少々奥が深く、ストレスのない開閉や機能でなければと思っていたので、頑丈に施錠しすぎて、なかなか開けられないようでは、スムーズに使えないということになってしまいます。

その辺りのバランスを見て、入り口が完全に閉まっているなら、中側のポケットにはファスナーは逆に必要がないだろうなど細かいバランスを見たりもしてきました。

そうして、最終的に全7点のハンドメイドバッグが決定しまして、2021年に製作していくものと決まりました。

思えば、20デザインほどもともとあったので、7点になったということは、およそ3分の1です。

価格帯別でいえば、1つの価格帯で1点-3点といった割り振りです。

そして、今回これがとても重要になるかと考えているキーポイントのことを決めました。

それは、1デザインごとにネーミングをしたことです。さて、どんな名前が付いたかをご覧いただこうかと思います。

7点のハンドメイドバッグの名前

ハンドメイドバッグ7点の名前・・・身近な食べ物が集まりました
切餅(エコバッグ)・・・見た感じの形が切餅のような配分の直方体であることからのイメージで命名。実際に切餅を入れることもあるのかも(^-^)。
昆布巻き(フラップバッグ)・・・何か包み込むように閉じられる蓋の雰囲気が昆布巻きに繋がり命名。わりと女性らしいデザインながらこのごつい名前とのギャップが面白いのかもしれません。
卵焼き(バニティバッグ)・・・これは、以前から作ってきたデザインでそれほど作り方が大きく変わらずここまで来ました。卵焼きを立てた時のイメージからの命名。お弁当バッグにも良いかと思います。
テリーヌ(ブリーフケース)・・・もともとこういったデザインはメンズが発祥。ビジネスライクすぎない内側の綺麗なお花柄が特徴です。外側と内側のギャップも楽しめるものに。。テリーヌはゼラチンを使ったおしゃれな洋食。私も自分で作ったことがあるので、作ることは難しくはないみたいです。かっこよく外回りをして働く女性の名前のような響きのイメージでの命名。
おにぎり(アーチ型バッグ)・・・これも数多くは作れていませんが結構前から案があり、いろいろ改良しています。フリルは最終的に付かないものになります。ふんわりとした滑らかな感じからこの名前に。こんな形なのにリュックになります。
かまぼこ(ボストン型)・・・一番最初は小さいサイズだったのを縦も横も広げて容量を増やしました。底がぴったり安定した感じがかまぼこを思い浮かべます。こちらもこんなデザインでありながらでリュックになるんです。
餅巾着(巾着型バッグ)・・・ファスナーを一切使っていないので、入り口の開閉がセキュリティー性の弱いアイテムになりがちな巾着型の弱点があります。そこをもっと踏み込んでセキュリティー性が高い巾着型を実現。

あとがき

以上の7点に名前を付けました。こうしてこの7点をじっくりと生地の違いを楽しんでいただくようできるだけたくさん作っていきたいです。

今回の写真のようなカラー物はいったん2021年の3月くらいで終了。

その後は、黒ベースのマルチカラーだったりだとか黒を絡めて、黒コーデに合うバッグということにもう少し特化していく計画を組んでいます。

では、YOUTUBE動画を貼りますね。

では、2021年もどうぞよろしくお願いします(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

フラップ型のハンドメイドバッグの側面の取り付けは一気には厳しい件【290】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

いよいよ完成間近の段階のファンシーツイードバッグ。

今回は側面を無事に取り付けて完成していきたいと思います。

急カーブを含む側面の取り付けのちょっとしたコツ

まず、仕付け糸を3cm感覚ほどにこうして3重くらいに玉結び、玉止めをせずに、取り外しがスムーズなように留めます。洗濯ばさみは縫う直前に外したとたんずれますので、ダメでした。
そして、仕付け糸でところどころ固定された完成イメージのまま、右上の端から3mm程度の場所を縫っていきます。
底のカーブがずれやすい所。このようにいったんカーブで区切らざるを得ませんでした。一気に行こうと2度トライしましたが、しつけ糸で固定してもずれてしまいました。ずれるとぷにっとはみ出して綺麗ではないのです。

この後、最初の縫い位置の右上の反対側の左上の裏面からスタートして先ほどの途切れたところまで縫います。

その後、今一度、続けて2度目の縫いをします。二度目は完全に固定されたのでなぞるだけなので失敗はいです。

このように縫いを2度に分けるという方法でないと厳しいようでした。

結果上手くできれば、そういった手法で行うしかないですね。

完成レビュー

では、完成をいろんな角度から見てみますね。

<サイズ>縦19cmx横27cmxマチ7cm
側面の取り付け部分が写っています。
底部分。しっかり立つかというとやや不安定なのが今後の課題です。

ちなみに内側の様子見てみましょうか。

ゴージャスに光るピンク色です。表地の糸の中にラメ糸が織り込まれていてカラーの部分がよく光るのでこういったラメ風な裏地をマッチさせてみましたが、ツイードそのものは多くは、カジュアルな素材だと思うので、ツヤのないガサっとしたものが本来は裏地に使マッチするかと思います。今回の場合が珍しい組み合わせをしてみた感じとなりますかね。

ネーミングについて

商品にネーミングをしています。

このフラップバッグにも名前を付けたいと思い、ここ最近考えていましたが、なかなか思い浮かばず。。

そもそも、この形が台形なので、台形という言葉の語源からスタートしてみました。

台形の字の中の台はdeskの机のようなもののイメージから台という字が使われています。

やや古い足が斜めになったようなテーブルのようなもの。

そこから、いったん、コタツに行き着いたのですが、コタツも季節感が偏っているからなあと思っていました。

そして、このフラップを含めた、巻くように包み込む感じの作りから、「昆布巻き」が浮かびました。

これまで、バニティー型の「卵焼き」、巾着リュックの「餅巾着」、ドーム型リュックの「おにぎり」ボストン型の「かまぼこ」をネーミングしてきました。

ここへ同じ和食の昆布巻きはなかなか相性が良いかも(^-^)。

思えば、このネーミングは、約1年前に同じ生地でいろんなデザインを作るシリーズをしてみて、そこからの流れなんです。

細部とか、サイズを変えたりはしましたし、すべてリュック型に変身できるというのも今年の2020年の改良版としましたので、全く同じ仕様ではないのですが、ネーミングのような引き継ぐものは引き継いでいきたいと思っています。

あとがき

今回もYOUTUBE動画を作りましたので、是非ご視聴どうぞ(^-^)。

まだ、ここからもっと変えていく部分はありそうです。

例えば、フラップの先のタブがなんか形がはっきりしないですので、これを多角形をやめて、フラップと同じ形にするとかフラップそのものにヒネリ錠を取り付けるとか変更する予定です。

また、そんな変更の時には、記事にアップしたいと思います。

以前一度試作で作った長方形のフラップバッグよりは何か変わったと思うんです。

ちなみに前の試作というのがこちら。

綿ブロードのような生地で作ったもので、裏地も同じ生地で作りました。この時は、本体にヒネリ錠を取り付けています。

あと1点迷っている箇所が。。

底のマチと上辺のマチの幅をを変えた今回でしたが(底が7.5cm上辺が5cmくらい)、もしかして、同じの方がはっきりして綺麗に出来上がるのかなあとも思いました。

よく研究して決めていきたいと思います。

ありがとうございました。

終わり。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。