頻繁に使用したい指輪の地金台PT900よりK18WGをお勧めな理由【1046】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在「本物志向のレンタルジュエリー」というレンタルジュエリー事業をさせていただいております。

別のページでいろんな宝石たちがコーデされて掲載されていますので、お立ち寄りどうぞ↓(^-^)。

商品一覧

今回は、レンタルジュエリー事業者である私が、とことんジュエリー知識の習得を勉強させていただく中で学んだことを実際の選択の時に活かすお手伝いとしての記事になります。

特にレンタルでなくても、ご自身の指輪のご購入の際にお役立ていただければと思います。

リングの台の地金選びの時のポイント

実はリングというアイテムは、ジュエリーに一番圧力がかかりやすいのかもしれません。

指先というのは動きが活発でリングをはめながら物を持つこともしばしば。

そんな中で求められることが地金の強度です。

本物と呼ばれる貴金属の18金やプラチナというのは地金自体が硬度が低く柔らかい素材であることがまずあります。

それを強固にしていこうと、割金なるものが考え出され、K24である純金やPT1000である純粋なプラチナではジュエリーとしては弱々しいものになるということで、通常、K18YG、K18WG、PT900、PT850がアイテムの刻印に頻繁に見られるものになります。

刻印でK24やPT1000のものは、本来指輪には望ましくないかと私は思います。

けれども、その良さもあり、まずはジュエリー使いとしてはレアであるということと、イエローゴールドのK24は色がとても黄色みが強く、そういった色を求める場合にはとてもお洒落分野としては向いていますね。

なので、どうしても純金や純プラチナをご利用いただきたい場合には、リングではなくて、ペンダントトップなどのそれほど激しい変形にさらされるリスクのないアイテムにはまだよいかと思います。

ペンダントトップはまだよいですが、チェーンとなると、これはやはり引っ張ったり動きはそこそこありますので、割金入りが長持ちだと思います。切れやすいのでリスクが大きいかもしれません。

今回は、リングの場合を考えてみましたのでリングの場合のお話になります。

上の図のように、もともと柔らかい素材であることをある程度強度を高めた割金入りのK18YGとPT900で比較する場合は、これも差がありまして、K18YGの方が硬度が高いです。

プラチナ自体は18金より柔らかいと今後知識に入れておかれると良いかと思います。

ただ、どうしてもシルバーカラーの地金にしたいのだという場合、プラチナをあきらめて、K18WGを選ぶと、ここにはプラチナは当然入っていないので、K18YGと同様に考えられます。

同じシルバーカラーの台ならば、K18WGを選ばれたら良いと思います。

こちらの方が、変形しにくく、キズも付きにくいと言えます。

ただ、こういったこともデータからのもので、地金は全体的には柔らかいものであるということも思っておかれた方が良いです。

扱いはくれぐれも慎重に。。。ということですね。

もう1つお伝えしたいのが、じゃあシルバーカラーならいつもK18WGにしようと決意されるかもしれませんが、プラチナにはホワイトゴールドにはない白っぽい良さ、魅力があるのです。

2つの地金の違いで並べてみると、この図では同じ色にしてしまっていますが、実際は随分違うものです。

このことを知っている人は、プラチナ好きであることも多いかもしれません。

プラチナならではの魅力というのもちゃんとあるわけで、到底18金が叶わない部分です。

あとがき

シルバー色の台は、あっさりとしていて素敵です。

ゴールドのゴージャス感がない分控え目で気軽に、自然に装飾できる点が素晴らしいですね。

K18WGというのは、実は、後発的な地金なんです。

昔はK18YGがほとんどだったところへ、ロジウム、パラジウム当の銀色の素材が加えられて、ああいった銀色の様相を作ります。

ただ最後のロジウム仕上げというのは、塗ったに過ぎない部分もあり、正体は黄色いイエローゴールドであるということです。

あまりに経年だったり、リフォーム時などに火によって元のイエローが見えてくることを実際に目にした経験があります。

よって、純粋にどこまでも銀色を貫けるのは実はプラチナだということです。

ただ、K18WGにほどこされるロジウムメッキも相当なものなので、簡単にはイエローが見えてくることはないです。

だからこそ、丁寧に慎重にお取り扱いをすることが望ましいということにつながるわけですね(^-^)。

ジュエリーリフォームの1つ、ブローチカラペンダントトップへの華麗な変身ぶり【923】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

1つ前の記事【922】では、豪華なジュエリーを探すポイントについて書きました。

少しそれに関連する部分もあるのですが、今回は、なかなか素敵なピンとくるようなペンダントトップが見つからない際のある注目するアイテムをご紹介したいと思います。

どうぞ、ジュエリー探しのお役に立てればと思います(^-^)。

ブローチは大ぶりな物が多い、これを華やかなペンダントトップへりリフォームする例

K18YGの幾何型ペンダント:なんと、もとは横向きのブローチでした。

こんなペンダントも持っているとお洋服の幾何柄などに合わせるとすごく素敵になりそうなモチーフです。

抽象的なところが、また、ハートとかお花などの可愛い感じにはない魅力。

どちらかというとカッコイイ感じで着けられそうです。

これは、現在はペンダントですが、もとはブローチ。

横向きで針が付いた回転式のボールチップが付いた裏側でしたが、それをこそぎ取ってもらい、針とかボールチップの部分の金の塊部分をバチカンに当てがってもらったリフォームをしています。

ブローチは、あまりメジャーなアイテムとは言えませんので、出番が多くはありません。

私のレンタルジュエリーのアイテムの中でも、ピアス/イヤリングと同じで、ブローチもセットには組み込まれていないのです。

このリフォームの効果は、使う機会が増えたということになります。

出番が「時々」だったのを「頻繁」にするという、機会を増やす効果がありました。

ペンダントもかなりお顔の近くなので、その存在は大きく、ブローチのモチーフの大きさが全体的に大きいものが多いことから、ペンダントトップに変身しても華やかになれます。

そんな点も、ブローチ市場に目を付けるというのは、1つのアイデアです。

ブローチからペンダントトップへのリフォームが良い点としてもう1つ。

上述の私の例のように、ブローチでは必要だった留め具の針とボールチップをバチカンの地金に追加もしくはそのまま活用できるといったことでエコノミーにリフォームができるという点です。

バチカンも結構な金の塊なので、針とボールチップでは不足の場合は地金を追加ということにはなりますが、幾分かはお得になっているはずです。

あとがき

ビンテージ物には、K18やPT製のブローチがまだまだ眠っているのかもしれません。

現在では豊富には作られていない貴金属のブローチをペンダントトップになる想像をしながら見てみると見つけられなかった素敵なお品に出会えるかもしれません(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

<出会い>こういうの1つ持っていたい、編み込み地金ブレスの美しさ【907】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

プラチナの美しい編み込みブレスレットをご紹介したいと思います。

巾広に編み込まれて、一番には、視線の行かないような手首のところにも存在感を発揮してくれそうです。

編み込みブレスは地金違いでも雰囲気が違う

今回の編み込みは6本のベネチアンチェーンを編み込んであるもので、なかなか華やかです。

三つ編みよりも複雑に編み込んであるデザインの方が他のアイテムと合わせやすいと私は感じています。

PT850製の編み込み幅広ブレス。持つと、ずっしりとしたものを感じます。

ブレスレットのプラチナは白っぽくて素敵な輝きがあります。

ベネチアンチェーンだけをストレートにしたブレスもそれはそれでナチュラルな良さがあるかもしれませんが、こうして編み込まれるとまた新しい雰囲気が作り上げられます。

巾広ブレスは、四角いアイテムとの相性が良いように私は思っていまして、例えば、リングをこれに合わせるとすれば、平打ちリングのような巾広のリングなどと合わせたり、スクエアなアイテムのペンダントトップやモチーフに合わせるアイデアが浮かんできます。

あとがき

私の役割は、お客様にご提供するジュエリーのセットを組んでいくことです。

ここにやりがいと楽しみを感じています。

この編み込みブレスをもし、自分用にいただいているとすると、ただただ収納するだけにになってしまうのです。

そのような使い道のない私ができることは、お客様に使っていただいて、楽しんでいただくこと以外にありません。

すごく不思議な事なのですが、自分では使わない者ならではの楽しみ方の1つとして、他の方に楽しんでもらうためにあれこれ考案するということがあるということがレンタルジュエリーをさせていただいて実感しています。

私自身も実は楽しめているということなんですね(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

貴金属のチェーン類の刻印の素早い見つけ方【903】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在地金価格がまたしても高騰しているようです。

少し前に金が1g¥5,000くらいなのかー、すごいなあと思っていたのに、現在、¥7,000代行ってませんか!?。

これには大変驚いています。

今回は、そんな貴金属の中のチェーン類であるブレスレットを例に、細かくて探しにくい刻印がどの場所にあるかということをレアな例も交えて3箇所ご紹介したいと思います。

よくある場所、ひっそりとした分かりにくい場所など

刻印の表記の仕方はまた別の記事でご紹介するとして、今回は、場所のみにスポットを当てますね。

まずは、この場所。プレートへの刻印です。これは多いのではないでしょうか。見にくいですが、K18 WGと上下2段に刻印されています。
次は、この場所。カニカンのサイドの平らな場所です。過去にカニカンでもこの場所ではなく、面積の狭い場所にあったこともあり、それぞれの製造業者様の意向なのでしょう。K18の刻印です。
3つ目は、巾広ブレスなどに多い折りたたみ式留め具の内側です。内側ともなるとなかなか見つけにくい、この場所はややレアな場所かもしれません。PT850の刻印です。

あとがき

リングは面積が狭いので刻印は比較的見つけやすいですが、チェーン類は附随パーツも多く、場所の選択肢が多いと思いがちです。

そんな時、今回の3例でも共通しているのがすべて留め具にあったという点です。

まずは、留め具を最初に探してみると見つけるまでのスピードが速くなると思います。

そして、3つ目のように、隠れていることもあるので、開閉式などのタイプは開閉の両方の場合で探すというのも見つけやすいですね。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

<出会い>まるでジャガード生地のよう、オレンジサファイアの花柄パヴェリング【709】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

「無難である」ということと「個性的である」というのはどんな点がそう感じさせているのでしょうか。

当店picturesqueのレンタルジュエリーの事業においては、特に後者に拘りが深いです。

それは、店主である私が自然な形で意識してきたことなので、しっくりくるのが後者の方なんです。

前者だと何か落ち着かない腑に落ちない感じが残ってしまってなかなか前向きに考えられないんです。

前者テイストも、もちろんありだと思いますし、万人受けというものがあるので、もしかしたら対極にある良きライバルのようなテイストなのかもしれません。

今回、そんな後者のテイストに相応しいようなリングに出会いましたのでご紹介致しますね。

そもそも地金部分が超レアな青金であること

青金(あおきん)という地金があることを知ったのは、微妙な台の色のペンダントトップを数か月前に入手したきっかけです。

最初はK18WGのロジウムがないものなのだろうなどとよく分からずに思ってしまいましたが、これが実は奥が深かった。。。

K18YGにもいろいろ色の展開があったのです。

私たちが慣れ親しんだ昔から世代を渡りながら、祖母のネックレス、母のブレスなどと見てきた地金の18金というのはおそらく圧倒的にイエローゴールドが多かったかと思います。

その他だとプラチナのPT850という刻印のものがチェーン類では見たことがあったかもしれません。

けれども、それだけではないということです。

1つはやや身近な例として、ピンクゴールドがあります。

あのピンクという呼び名も分かりやすくて、分類しやすいネーミングですが、元は24金のイエローゴールドの25%の割金に銅を入れ込むということで赤い地金色になっていることであの色になります。

よく、古いビンテージ物のイエローゴールドが、オレンジ寄りな色になってくる経年の例は、割金の中の銅の存在です。

お手入れでイエローゴールドらしく戻るようになるようですが、意外にあの25%という割金の部分というのは全体の色に影響するものなのです。

そこで、今回の青金というのは、割金に銀をチョイスしたものということのようです。

銀がほとんどなのか銀のみなのかは、製作者の知るところですが、青金はグリーンともとれる色で、ホワイトゴールドとイエローゴールドの中間のような感じがします。

プラチナやホワイトゴールドと一緒に並べるとやはり青金もイエロー色をしているというのがその姿になります。

まず、それが台に使われていることで、非常にあっさりとしたクールさがあります。

オレンジサファイアのパヴェリング:K18YG台(青金:あおきん)が珍しく、薄いブラウンダイヤモンドに花柄の巾広リングです。

あとがき

簡単な一声ではありますが、とてもかわいいです。地金のボリュームも十分で、個性的になっているのは、この花柄が無いタイプが非常に多く、そこが無難であることと個性的であることの大きな分かれ道になったようです。

ハンドメイドバッグの生地に関しても凹凸感あるジャガードがメインテイストの生地としていますので、何かこのリングの柄はそんなところに通ずるものがあります。

ところで、レアな入手しにくい数の少ない青金という地金のアイテムというのは、1アイテムを手にした瞬間、そこからがある険しい山道を登ることになります。

他の一緒に付けるアイテムも青金でそろえなければ色が合わないのです。

その難しさから本来敬遠されている部分もあるし、そもそもあまり生産されないと思われますが、リングのメーカーさん/デザイナーさんのこの挑戦のような部分に脱帽です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

<出会い>特殊なK18YG台のペンダントトップに合わせるペンダントチェーン探し【687】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

K18YGには、実はいろんなカラーの展開があります。K18WGは、また別物として、イエローゴールドだけでも黄色が強いもの、薄いものがあります。

なぜそういった色のトーンの違いが生まれるのかというのは、割金(わりがね)に原因があります。

全体の75%を純金の24金で、そして、その残りの25%はどんな素材でも良いということで、銅が多ければ、オレンジ系な18金イエローゴールドが出来上がる、その一方で、銀を多く入れ込むとどうなるかとういうと、薄い黄色のゴールドになります。

いくら薄い黄色とは言え、イエローゴールドには違いがありません。

ホワイトゴールドやプラチナと比べるとやはり黄色いのです。

そんな微妙な、言い方換えれば、ゴールドのパンチが少ないイエローゴールドは「青金:あおきん」というものです。

その青金で作られた台のペンダントトップがあり、困難な中、青金ベースのペンダントトップに合うチェーンを探しました。

青金はレア過ぎて、ジュエリーとしてはほとんど見つからない件

私の調べでは、青金は、飾り物などの装飾に主に使われる18金になり、ネックレスなどのおしゃれ用のジュエリーにはほとんど使われないとのこと。

そんな中見つかったペンだとトップも、確かにバチカンがはっきりしていなかったし、もともとジュエリーではないのかもしれません。

ビンテージ物ならではの面白い出会いです。

写真で分かりますかね。イエローゴールドの割には、白っぽいのが銀が多く割金に入る「青金:あおきん」です。

ペンダントトップという感じがするものの、飾りという感じもありますよね。

レアな青金の台のペンダントトップにするために、ここにK18YGの丸カンを取り付けました。

あとは、チェーン。数か月これは難しいなあと思い悩み続けながら、ここ最近1つの答えが出ました。

金銀ツートンのミックスがどちらでもない感じでなじむのではないか。。。

はたしてその予想がうまく当たりました。

よくなじんだ、金銀が半分ずつの割合のチェーンがマッチしたのです。

ベネチアンチェーンのK18YGとPT850をねじったデザインのショート丈のチェーン37cm。

どうでしょう。金でも銀でもない中間的な感じに映ります。

青金のチェーンを探しても全く見つかりませんでした。

とってもレアなのですね。

青金のチェーンを無理やり極細でも見つけたとして、その後のブレスやリングがやはり困りますので、青金から解放されて、こんなコンビのツートンカラーという案が有効のようでした。

そして、ペンダントトップと合わせてみます。表はダイヤモンドとオレンジサファイアでぎっしりなので効果が分かりにくいのですが、裏を向けるとよく分かります。とても色がなじみました。これはツートンカラーの威力のたまものです(^o^)丿。

ショートペンダントの37cm。チョーカーのトップにこんなお花柄の半月モチーフがキュートです。

お客様のお手元にいずれまいりますが、この時点で私がワクワクしています(^-^)。

その他のコンビチェーンK18YG+PT850

このほかにも別のペンダントトップに付けるチェーンを入手。

切子風デザインがかっこいいです。線形が丈夫な細口チェーンのビンテージ物に多いタイプのショート丈40cm。このチェーンの場合はゴールドの割合が多い地金の使い方をして組み立てられているので、トップもK18YGの1色で合わせました。↓
ダイヤモンドと透かしのペア―のプチペンダントトップ。一見華奢に見えますが、チェーンは結構ずっしりとしています。線形が丈夫な証拠です。ゴールド1色よりも何か良い雰囲気が出ます。

あとがき

今回、金銀ツートンの地金使いの効果とか良さをお伝えしました。

結構いろいろ見ていくと、コンビのチェーンというのがビンテージ物にはとても多くて、かっこいいです。

今回のような青金という難しい地金の色に役に立ったツートンカラーのコンビチェーン二であったことも私としてはとても大きなコーデの学びでした。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

本来違和感ある金銀ツートンカラーの同時使いの地金ならではの良さをお伝えしたい【559】

〇ネックレス:2点を同時付け。右-K18YG製のコーヒー豆のようなパネル連結のひし型ペンダントトップ。縦は1.5cm程度。チェーンは、K18YGとPT850とコンビ(メインはK18YG)、長さ40cm。左-K18YG製の透かしのダイヤモンド付きのひし形のペンダントトップ。縦は1cm程度。チェーンはPT850とK18YGとコンビ(メインはPT850)。
〇ブレスレット:2点。ミラーボールカットのボールがエタニティに繋がったそれぞれK18YGとK18WG。ミラーボールを珠のように通してある作りで、ダルマ板と引き輪が留め具。
〇リング:少し隙間が空く、フリーサイズ風のリング。ブレスと全くお揃いのミラーボール。片方がK18YG、もう片方がK18WG。両方同じサイズで13号程度。
〇リング:K18YG台にパヴェダイヤモンドのひし形の透かしデザイン。サイズは15号。

【おすすめコーデ】 

シャープ感のあるモチーフなので、かっこいいコーデをすると活かされそう。 シンプルななんでもないカットソーとパンツなど、このセットで華を出すことが可能。 

<出会い>ちょっと珍しいお花が透かしになったK18YGデザインブレス【491】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ペンダントやネックレス、ブレスやバングル、リングと3アイテムを1セットにすることを決めています。

集める時も数が偏らず、スーツとかセットアップのような感じで考えます。

その時に、ブレスレットが結構難しめです。

あまりデザインが豊富ではないチェーンのシンプルな物が多いので、これを地金の18金でとなるといろいろというには、少ないなあとよく思います。

類似のお品が多い中、いかに特徴あるものを見つけるかというのも挑戦です。

K18YGのお花の透かしブレス

そうした中で、出会った、K18YGの透かしブレスをご紹介します。

K18YGの透かしブレスレット。結構存在感があります。

一目見て、いいなあと思いました。

ただ、実際、これを他のリングとかネックレスのモチーフに合わせていこうとすると難しかった(^_^;)。

お花だから、お花と合うかというとそうではないんですねえ。

ということで、結局、プレーンなタイプのものに、このブレスを映えさせるような使い方に行き着きました。

要するに柄と柄みたいなことになるとかっこよくないことが多いわけで、それに似ています。

https://youtu.be/sqFCGC8F1JQ

あとがき

今回のブレス、何かレトロな感じもしますね。

ブレスの中ではこういった地金で結構な大きさの柄を作ってあるのが珍しくて、貴重に感じています。

ペンダント、ブレス、リングとだんだん下に行く中で、ブレスに色がついていたり、柄が入ったりしていると真ん中の位置なので、バランスが良いみたい(^.^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

とりあえず基本として持っておくと使いやすいジュエリー3選【453】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

レンタルジュエリーという事業をさせていただいております。

ジュエリー好きともなれば、いろんな分野のモチーフなどにもご興味をお持ちかと思うのですが、今回は、最も基本的な内容になります。

とりあえず、ベースとして、3種違う感じのジュエリーを持つとしたら。。。という3という数字。

最低限なんだけどうまく使っていけるような効果が出そうな数をよくお洋服でも3と設定することが多い私です。

では、どんな3選なのか、今回の記事でご紹介しますね。

1)地金だけでできているジュエリー

K18YGのチェーンネックレスを3連ブレスレットとして使用する例

地金だけでできていると、ある意味プレーンというか無彩色的な感じです。

K18YGなのか、K18WGなのかでも少し違いはあるかと思いますが、今回はK18YGの写真を載せてみました。

地金が変わってもこの考え方は同じ。シルバー925の地金でも同じです。

結局、石などが付いていない地金だけだと、他のジュエリーとの組み合わせにも、このアイテム側が合わせていくということができます。

2)ダイヤモンドのみのアイテム

ダイヤモンドのネックレス

地金がWG、PT、YG関係なしに、ダイヤモンドのみが集まったアイテムは、透明なので、色が付いていない分、いろんな色のお洋服に合わせやすいです。

ここにダイヤモンドとカラーの石の組み合わせのないものをあえて選ぶことが最終的な洋服コーデの時に苦労しないといった結果になります。

3)マルチカラーのアイテム

K18YGにマルチカラーのサファイアが集まったリング。サファイアはカラーの展開が多く、マルチカラーになっているものも結構あります。

2)と反対のことのようですが、いろんな色が散り散りに入っていることが逆に合わせやすいという考え方です。

もし、このサファイアの集まりが、青1色のサファイアだったら。。。

と考えると現実的にお洋服に合わせにくいんです。

無理矢理合わせて、リングが浮きすぎることも。。。

ということで、もちろん青いサファイア1色も美しいのですが、今回の基本というところからは、それ以上にもっと増やしたい場合などという時かなと思います。

お洋服が必ず色が決まっている人は大丈夫な場合もありますが、それでも、すべてのお好みの色をカバーできるのは、マルチカラーの力。

このマルチカラーの中に入っている色、それと類似の色、そうでない、黒やグレー、パープルなどにも合いそうです。

そこが使用範囲の大きさです。

あとがき

今回もYOUTUBE動画ございます。

あくまで、私の考え方の発信ではありますが、私も自分のジュエリー着用の経験から思うことでありまして、そんな考え方が何かヒントや共感、刺激になればと思います。

レンタルジュエリーは、当HPでお申し込みを受け付けております。

レンタル中の物かそうでないかは、タイトルの横にレンタル中とあるものが、レンタル中です。写真付きの一番奥に開けた時のタイトルの横をご覧くださいませ。

目次だけでは表示がされていませんので、写真付きのお部屋までクリックしていただくと分かります。

どうぞよろしくお願いします。

レンタルジュエリー:商品一覧

モチーフのとがった部分がすべてのアイテムに入るシャープ感ある18金ジュエリー【389】

〇ネックレス: 長さ5cmのシャープでうねりのある抽象的なモチーフのK18YG製のペンダントトップ。同じくK18YG製の留め具含む長さ70cm。チェーンのみでは60cm。
〇ブレスレット:ルイ・ヴィトンのプラスチック製バングル。チョコ茶にゴールドのシグナチャー柄がぐるり1周。内周は20cm。
〇リング:K18YG製のねじりモチーフリングx2個。サイズは共に12.5号程度で、2個重ね付けがボリューム感大。