ジェダイトとネフライトの違いが単純ではない件【543】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

翡翠は英語でjade(ジェイド)。

この言葉だけでは実は曖昧なんです。翡翠には2種あり、ジェダイト(硬玉翡翠:こうぎょくひすい)とネフライト(軟玉翡翠:なんぎょくひすい)に分かれています。

今回は、この2種の違いについてのお話。

見分け方なんていうのは、かなり専門の世界で、それでも難しいようなので、なんとか分かりやすい違いの部分を私が学んだことからお伝えしようというものです。

成分の違いではなかなか理解が難しい

最初、私自身が目を付けたのは、成分が違うのかなあと思ったこと。

しかしながら、調べてみると、どうやら、もとは大きなくくりでは同じような成分なんですね。

ただ、掘り下げると、細かくは違いのある成分のようですが、大まかには似ているだけあって、同じと言っても過言ではないような。。

この表の中で、珪酸塩鉱物の一種というのが共通した成分です。

けれどもそこから更にどの一種なのかがどうも違うようですが、結局よく分かりませんでした。

よって、別の違いを見ていくのが良いかと違いをリストアップ致しました。

違うと言われている以上、鉱物名は違うものです。

これがいわゆる上の成分の細かな違いとやや連動していると思います。

そして、硬さの尺度であるモース硬度というもの。

これが、ジェダイトの方がやや値が大きいようです。

ただ、この2種を比べるとということで、その差はそんなに大きなものではないと見ました。

とても似ているのですね。

最後に、劈開面についてです。

劈開面というのは、本来割れ物のような石では必ず存在するもので、劈開面ができる理由としては、原子の結合部分の弱い部分が劈開面になるようです。

その角度が違うということみたいです。

到底、ぱっと見で分かるものではないということですね。

あとがき

結局、成分などで大きな違いが分かりにくいので、他の点の調べが重要になってくる見分けが難しい2種なのではないかと考えます。

その重要性は、希少性の違いがあり、ジェダイトが高級なので、大きなものになりますね。

けれどネフライトもある意味ジェダイトよりも高級なお品もあるとのことで、この違いも一般的な違いと言われているだけです。

例えば、ネフライトの中の和田玉(ほーたんぎょく)というものが希少だと言われています。

産地は、中国とロシアの間の地域の新疆ウィグルあたりとのこと。

とてもロマンある地域。昔の世界史で出てくる匈奴のあたりかな。。

そう考えると翡翠であるどちらも希少性はそれぞれにあり、優劣付けるものなのかと思ういずれも素敵な石だと思いますがね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<旧19>クリーミーなカラーで集めたパステルカラージュエリー【562】

〇ネックレス:マルチカラーの一連のロングネックレス。8mm珠の3色で、ニュージェイド(薄グリーン)、モルガナイト(薄ピンク)、アクアマリン(ブルー)の長さ108cm程度。留め具はK18YG。
〇ブレスレット:ネフライトのメロン色のような薄グリーンのツヤのあるくり抜きバングル。内周は18cm。
〇リング:左-和田玉(ホータンギョク)という翡翠の仲間の天然石。ボリューム感あるくり抜き型。サイズは17号程度。黄色みを帯びたオフ白カラーは、ネックレスやバングルのクリーミーさとリンク。右-ネフライトのK18YG台の楕円大粒リング。サイズは14.5号。このセットの中では一番濃い色。底部分が楕円であることから、立てると座らずにゴロンとなりますが、台に歪みが無いことをリフォームのプロに確認済み。

【おすすめコーデ】 

ピンク、ブルー、グリーン、ベージュなどのパステルカラーにマッチ。グレーでも、わずかに色のある薄いグレーなどには華を与えてくれるようなカラー。ここに登場してこないブルーなどにも合わせる価値がありそう。

<旧旧19>クリーミーな色が集まった翡翠系のセット組【436】

〇ネックレス:1本ずつの2連使い。2本とも天然石の名前が不明<m(__)m>。グリーンの方は、「ニュージェイド」という石に似ています。ピンク色は、「モルガナイト」あたりの予想。いずれも染めをしていない天然の色。共に留め具K18YG含む45cm。
〇ブレスレット:翡翠のくり抜きバングル。クリーミーなメロン色。内周は18cm。
〇リング:和田玉(ホータンギョク)という翡翠の仲間の天然石。くり抜き型でボリューム大。およそ17号。ネックレスやバングルのクリーミーさとリンク。