古着市場の中にうもれる拘り素材の素敵なワンピースの見つけ方【996】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

古着を着続けてもう15年くらいになるかもしれません。

古着にはロマンがあり、コスパの良い嬉しさなど気持ちの面でも満たされる部分があります。

そんな古着ではありますが、その名の通り、何度も使われたアイテムもあり、まっさらの良い状態とは違う部分が時には悩みや障害になることもあります。

やはり古着とは言え、その中でもキラリと光る素敵な1点を選びたいものです。

そんな素敵な1品が手に入るためにはどのように古着を探すかということになってきまして、その1つとして、今回私が実際に手にしたボレロ付きワンピースからご紹介してみたいと思います。

狙い目は、「オーダーメイド品」

例えば、古着のファストファッションというのはわざわざ古いものでなくても新品で同じようなものが多く見つかるということで、価値は高くはないかと思います。

古着屋さんの買取でも、ファストファッションの買取は除外されているお店もあるようで、それは、やはりデザイナーズブランドであったり、希少という価値を重視している証拠です。

今回こんな素敵なボレロ付きワンピースをヤフオクにて譲り受けました。

光沢のある素材なので、おそらくステージ、発表会などの特別なシーン用のものと思われます。素敵なバランスなのが、光沢があった華やかな生地ではあるけれど、奇抜な色ではない、ダークトーンの色だという絶妙さです。

この洋服には、ブランド織ネーム、品質表示すら付いていません。

購入時の情報からもオーダーメイド品とのことでした。

もうまさに私が好む理想的な1品です。

ロング丈で中側は半袖。

特にボタンも付いていないシンプルなデザインであることで柄が引き立ちます。

今回のポイントは、オーダーメイド品の古着が価値が高いということを私自身が手に取ってみて感じるという点になります。

拘り抜かれた素材、そして、上述のように、柄を活かし、シンプルな余計な物をそぎ落としたデザインで作って行くのだという「哲学なるもの」がここには込められていることが感じられます。

よく見直しましたらば、私の持っているビンテージワンピースってほぼすべてオーダーメイド品のものなのかもしれません。

ブランドネーム、品質表示の付いていないものがほとんどでした。

やはり直観ながら、そういったものに目を付けている自分がそこにいました。

オーダーメイド品の古着の探し方

多くのリサイクルショップや古着屋さんは、買取の際にブランドネームとか品質表示が付いていないと受け付けてくれないことが多いです。

一度、厚生労働省様へお問合せのお電話をしたことがあります。

布製のハンドメイドバッグの品質表示が必要かどうかの問合せのお電話をした過去がありますが、ハンドメイドバッグは一応法律上は本革でなければ布製のものは品質表示は必要ないということです。

しかし、何らかの形で消費者様へ教えてあげてほしいということは言われました。

その通り、購入者様は情報がほしいですものね。

ハンドメイドバッグの表地と裏地の混率に関しては、私は、常に購入していただいた時には、しおりの形をしたタグに記載してお送りしてお知らせしています。

少し話がそれてしまいましたが、洋服は法律上は厳重に品質表示が必要であるということに現在はなっていますので、そもそも洋服を販売して商業利用していく業者様は品質表示を付ける義務があります。

けれど、古着の市場の中には、自分だけで作ったものだったけれども結果、販売サイトへの出品で品質表示がないまま動くことがあります。

結局そういうものの方がかえって良質で素敵な物が多いと実感。

私は、一応ファッション業の業種ではありますが、洋服の販売はしておりませんでして、今回の購入も自分使いのmyワードローブへの追加になります。

今回の物を探す時には、実店舗でなくてネットです。

ネットの方が今や見つかる可能性が高いと私は思っています。

検索する時に、「手作り」、「ハンドメイド」、「レトロ」、「ビンテージ」、「オーダーメイド」、「誂え服」などのキーワードを盛り込んで見つかることが多いです。

セーターでも似たり寄ったりのセーターではなく、1点物のようなセーターはとても味わい深く、糸も凹凸が合って素敵だったりします。

そうしたものを見つけるには、キーワードとして、「手編み」と入れると、手編みのセーターなどが集まるので見つけやすくなりますね。

一度、そんな風に分野を拘りながら、渾身の1点をゲットしてみてくださいね。

あとがき

今回の事から、「価値」って何なんだろうということを考えました。

高級ブランドのお洋服も価値が高いものではあるのですが、同じ物が複数存在する点では、時として、数百円程のヴィンテージ古着には及ばないなどということもあるのかもしれません。

とても大胆な比べ方ではありますが、同じハイブランドなら、ビンテージのハイブランドお品の方が私は魅力を感じますし、コスパが良くなるかと思います。

そうして、自分の洋服を古着のアルマーニばかりで集めてきたということもあります。

そのアルマーニの古着の中に、時々、こうして、無名のものだけれども、古き良き味わいのある素敵なワンピースを盛り込んでいます(^-^)。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

ヤフオクが好きな理由と、とても素敵なグレンチェックのワンピースをお譲りいただいたエピソード【604】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

とても好きな柄の1つに、グレンチェックがあります。

とてもトラッドな、間にカラーの線が入っていない典型的なタイプです。

こんな風に黒と白糸しか登場しない、間にカラーの線が入らないトラッドなグレンチェックがとても好きです。全体にはボヤっと移りますが、黒の小物のアクセントでコーデがしやすいですし、とてもシックです。

ヤフオクという場を好む理由

ヤフオク歴は、現在でおよそ20年あまり。

かなり長いことご利用させていただいております。

途中からメルカリというCtoCに特化したお取引が登場で、ある分野のお品は、メルカリの方が豊富だったりすることもあるようです。

けれど、ある程度自分の思ったメッセージをちゃんと伝えられることができるのはやはりヤフオクでしょうか。

結構重大な伝言があって、メルカリのメッセージ覧でアップしたところ、運営側のチェックで消されて、相手先に伝えることができなかったことがありまして、そういった点で単純なシンプルな領域なのでしょう。

古物商の関係で、匿名なのだけど、実際の住所を教えてくれないかというお願いだったのですが、かないませんでした。

仕方がないですが、どうしても必要だったのでそれは実現してほしかったと思います。

その点ではヤフオクは柔軟性があるという見方もできます。

今回、ヤフオクの個人の出品者様から、グレンチェックのワンピースを購入させていただきました。

一度に画面に収まらず、上の方と下の方に分かれますが、ロングワンピースです。何かスーツをそのままワンピースにしたような凝ったデザインです。襟の重ね仕様の取り外し比翼もなかなかのもの。後は肩のデザインが、お出かけ風な上品なタック入りの付けけ袖になっています。
ロングスカートの裾はプリーツです。これがまたトラッド。

ここへ、ベルトでウエスト部分を上手くアレンジして、ラインを作ると相当素敵なものになるだろうと考えました。

グレンチェックは、黒以外の差し色を入れないところが粋になるポイントなのかも。

究極のシンプルな単色使いのコーデがお洒落に楽しめそう♪。

このお洋服は、出品者様も泣く泣く手放すお気に入りのお品だとお聞きしました。

そうしたエピソードも詰まった今回のヤフオクのお取引、とても良いものになりました。

私も受け取った後、あまりの素敵さに、取引ナビからのメッセージでグレンチェックがとても好きな事、このお品がとても素敵なことをお伝えしました。

そして、とてもグレンチェック好きな私の手に渡ったことをとても喜んでいただきました。

あっさりとしてカジュアルなお取引のメルカリにはこういったことはあまり経験がないです。

顔の見えない相手の人の様子とか少し垣間見ることができるのは断然ヤフオク。

その他、専門業者さんも多いのがヤフオクですね。

良質なお洋服はきまってこちらで見つかります。

時と場合によってはサイトを使い分けますが、ヤフオクは今後も残っていくサイトだと思っています。

あとがき

また、コーデなどの様子とか、組み合わせる小物をどんなものにしたかなどのご紹介ができるとよいです。

今回は購入時のストーリ―にスポットを当ててみました。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

2021年夏用にビンテージ服でそろえたお出かけ着3選【597】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、2021年の夏用にと最近集めたお出かけ着3選をご紹介致します。

普段は仕事着としてジャージですので、ジャージそのままで出かけることもあり、ご飯を食べに行くとか、お出かけ専用とする3点となります。

ほんのたまになので、3点も多いのですが、今後も着ていけるような特に流行のない長く着ることができるアイテムを目指した3点になります。

今後の洋服のあり方などのご提案になればとそのヒントにでも貢献できたらと思います。

2021年夏用に集めた夏コーデ3選ご紹介

洗濯表示さえも外して何も付いていないノーブランドワンピース:黒の定番のズトンとしたIラインですが、ここに、後にベルトなどで雰囲気を出せる小物使いを楽しめる1点と考えました。

流行が大きく見られず、胸のヨークの切り替え、そして、いかにも定番の詰まったネックライン、切替以降の下側のリブのようなニット素材が素敵なお品。

ロング丈の100cm弱辺り。

写真で少し見にくいですが、下側はリブ使いのような素材で、高級感が感じられるものです。
上下のパンツセット。上のサマーセーターはアクリルと麻のコンビの素材。透け感があるので、インナータンクなどを着ていきますが、涼し気です。ノーブランドの日本製、タグ付きのデッドストックでした。パンツは、典型的なグレンチェックのテーパードデザイン。コムサモデルのもの。
この襟に特徴があります。内側の比翼的な襟が上品で凝っています。とてもトラッドなサマーセーターです。
テーパードであり、裾もダブルのきちんとした印象。このグレンチェック、とても典型的で、間にカラーのラインが入っていない究極の柄です。この柄をとても好んでいます。
「セラビ」というブランド名でブティックに並んでいたようなお品。日本製です。森の中で木々の間に入ったような柄。間に少し入るブルーのカラーが素敵です。こちらもロングワンピースで100cm強の丈。

あとがき

3点あるとそれぞれ違った感じにするものの、ベースは黒ですね。

やはり黒が靴やバッグととても合わせやすく、マイカラ―として常に黒ベースで選んでいます。

クセのないものを探すのが意外と見つからないものです。

何かしら、流行が入る過ぎているデザインというのは、古着では、すでにかっこよく着れないものとなっていることが多いのです。

アパレル業界がこれまでの流行を中心とした洋服作りから見直す時に来ているようです。

もう、同じお品を大量に作り、余ると分かっていながらのバーゲンなどの忙しいサイクルが後に本当に良いお品として残るのかという点、末永く愛用されるお品の方が価値があるのではないかという点、今後見直しの時のようです。

今、私から見て、良いと思う古着というのが、1980年代、1990年代最初の頃とかそれ以前の物が多く、この2000年代以降の洋服がビンテージ級の年月が経過した時に魅力的なお品となるのだろうかということを考えると、疑問です。

早いうちに考え直していかなければならない点であるかと思います。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

末永く着られる洋服にすることを目的にしたプチリフォーム例-流行を取り除くリフォーム-【552】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ファッションというものが長い間、流行が基盤になって成り立つものであり続けてきました。

すべてではないですが、多くがそうして余分な数の洋服を作り、多種小ロットになったとはいえ、それでも大きくは、大量生産であると言えました。

余分な数を作らねば成り立たない元々の事業モデルであるということなんです。

実際そのたくさんの生産が、たくさんの購買とうまくマッチしていた時代は良かったのですが、もうここにきて、激しくそのバランスが崩れてきたのだと思います。

たくさん作ってもたくさん購買してもらえなくなったということ。

たくさん生産する労働の裏の場面に過酷な状況下でリスクを背負う方達にスポットが当たり、サスティナビリティ(永久持続性)ということが重視され始め、そのようにしてできた商品が受け入れにくくなったなども。

そうして、近年、過剰在庫の洋服の対策に悩むようになり、今までのように過剰生産のままやってきた事業がいよいよ難しくなってきたわけです。

今後の新しい洋服は、本当の意味で、正当で、優しい商品が求められます。

昔の流行を取り除くプチリフォーム例

新しく作られた商品よりも、古い素敵な商品に目を向けてみます。

こちらは、古き良きビンテージのワンピース。

かつてのオートクチュールブランドらしい、きちんとしたお仕立てのハナエモリブランドのワンピースです。

BOUTIQIE HANAE MORIとネームに記載のあるワンピース:黒x白の水玉ロング。生地がジョーゼットのようです。とても高級感があります。

このアイテムはもともとはそれほど流行を思いっきり出したようなデザインではないとは思いますが、少しはあります。

肩パットのボリューム感、メンズの軍服から受け継いだような胸のトラッドなボタンデザイン、センターにひだが入るスカート、ウエスト部分の三角の切り替えなど。

この中で、今後活かすもの、取り除くものを判断。

もともとのデザインを活かすのも忘れずに、必要な部分のみということです。

私が凝ったリフォームができないこともあり、今回は、肩パットを取り外すことと、胸のボタンをすべて取り外すということをしました。

肩パットは、しっかり縫い付けるものではないので、すぐに外せます。リッパーという道具を使います。はさみはよくないです。はさみの刃が早くダメになること、間違えてカットしてしまうリスクからです。
リッパーで優しく手縫いされた糸を外せばすぐに取れます。一部の商品で、ミシンもかけてあるのもありますが、それも一部です。全体に縫い付けてあるものはないですので、簡単です。
そして、ボタン。たくさんあることと、お仕立てが非常によくて、ボタンがぼろりと下に落ちる、現在よくある最低限の仕立てとは違い、ボタンの付け根部分もしっかりと糸を巻き付けています。
リッパーを動かすなどして無理のないように糸部分のみを削ぎ取ります。前後にリッパーの刃を動かすとだんだん糸が切れてきます。一度にやろうとするのは禁物。生地に負担ですし乱暴です。
そうして、ボタンを外しました。
写真が少し見にくいですが、ボタンを取り外した時の糸くずです。この糸くずのボリューム感でもお仕立ての良さがうかがえます。
after:こんな感じにすっきりとしました。ある意味クセがなくなったと言えます。どうにでもアレンジしやすいお品になったとも考えられるのです。
リフォームしなかった部分のバルーン袖とかアームホールの大きさやスカートの中心のひだは古き良き味わいとして残ります。外さなかった袖のボタンは結果アクセントになったようで〇。
左:before/右:after:見比べやすいように並べてみました。それほど変わっていないとも言えますが、もともと流行が極端に取り入れられたものではなかったせいだと思います。胸のボタンを取り外したことに賛否両論あるかと思いますが、着こなし幅が広がるのはやはり右側かと思っています。

最初から、流行のあまり入っていないものというのを選ぶのも今後長く着ていけることの1つとしてあるかと思います。

流行が多く入るとその分リフォーム箇所も増えて姿が大きく変わりますので、面白いですが、そのリフォーム技術が必要であることと、手間がかかりすぎてしまうというものです。

今回は、誰でもできそうなプチリフォーム例でした。

あとがき

今振り返った時に、このワンピースは、30年以上は前の物かなと予想しました。

現在の30年前というのが、1991年。

平成の最初の頃です。

いよいよ平成のお品でもビンテージ級の段階になってきたようですね。

流行ということで考えると、私が思うに、1970年代というのは、ややクセの強い流行だったかと思います。

その後の1980年代-1990年代になると、特に1990年代の最初の頃は流行自体があっさりしたクセのない形のものも多かったと思うので、どんな流行であったのかを調べたりして、見つけたビンテージ物の洋服の形がどの時代の物かを予測するのも楽しいですね。

そのような図鑑があったらとてもありがたいですけどね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ワンピースのウエストラインをスカーフベルトで装う例【469】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

よくワンピースのウエスト部分をメッシュなどの革ベルトで絞ります。

ウエストラインを出したり、差し色アクセント的な効果もりますね。

今回は、ベルトを使わずに、スカーフをベルトみたいに腰に巻くということをやってみました。

水玉on水玉でより粋ななじむスカーフ使いにしてみた

今回は、黒地に白水玉のロングワンピース。

今は無き、ブランド、「ZAZIE」のお品です。

とてもデザインが良くて、高校生の時からお気に入りだったくらいです。

お求めやすい価格に加えて、デザインが優れているところが私がお気に入りの理由でした。

このブランドはファンも多いような感じがしまして、伝説のブランドだと思っています。

では、スカーフを折ってベルトに細長くしていく場面からスタートです。

よくある折り方で何ら特に変わったことはないですが、ただ、品質表示を最初に折った時の三角形の頂点に位置するということをすると、品質表示が内側に完全に隠れますので、このポイントをお進めします。かといって切り離すことはやはり、このリユースの時代、絹/100%とせっかく証があるわけですから、もし、後になって手放す場合もありうるので、つけっぱなしの方が良いと私は考えます。
そして、さらに折ります。
最後もう1度折って4cm程の幅で出来上がりです。この巾で完成。
蝶々結びをして、少しサイド気味の位置にずらして完成。何ら特別なことはしていないです。大き目の水玉がウエスト部分で、周りの中くらいサイズの水玉になじんでいるのが分かります。

あえて、同じ柄をonするなじませ方というのも1つあってもいいのではというご提案も含めました(^-^)。

こんな風に、水玉には、パール系のペンダントがマッチすることも。大粒の1つのペンダントで、しかもフェイクパールですが、シャネルのもの。水玉の時にパールを考えてみるというコーデも1つありそうです。余計な他の色が入らなくてすっきりとするから、水玉の白とパールの白がうまくなじんでいるわけです。

あとがき

今回は、スカーフベルトを水玉でなじませ風にやってみましたが、チェーン柄の差し色的な明るい色とか、強い色などもまた違った効果を発揮するかと思います。

一度トライしてみたくださいね。

革ベルトよりも腰にごわつき感がなくて、快適に装えます。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは当HP内で受け付け致します。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

レンタルジュエリーこちら。