支柱がぴたりと底で重なり合ったヘルメットバッグ【462】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回、ヘルメットバッグの2点目が完成しました。

お写真ご覧になれますので、お楽しみにどうぞ(^-^)。

今回は、7cmキルトの裏地をいよいよ表地に貼るという点と、支柱の底部分の見栄えの美しさ追求のためのぴったり重なり合うための工夫の成果をポイントにご覧くださいませ。

モールベロアのミックスが裏地になった様子

早速ながら、裏地の部分のお写真を(^-^)。

ヘルメットバッグの中を覗くと、こんな風にオレンジ系のミックスのモールベロア素材が美しく広がります。7cmダイヤキルトも、はっきりわかります。
底の部分を見てみます。実際こんな風に底を見ることはないにしても、この支柱の重なりが美しいものです。
ぴったりと重なるためには2つのポイントがありまして、まずは、支柱自体を縫い付ける位置の徹底。端から10cmを正確に測り、線をチャコペンで引き、その線をど真ん中に見ながら25mm巾の支柱を縫い付けていくというもの。その1つ目のポイントを実行した状態で、この場面に挑みます。ここで、表地同士を袋にする時の待ち針の時に、端と端を留めた次に、この支柱同士をピッタリ重ねて、その両端を待ち針で固定することをします。ここで、ぴったりになっていることが、最後の出来上がりがピッタリになることにイコールです。
今回のステッチの糸は、オレンジ。1点目の黄色と比べて、また違った感じになりました。
<サイズ>縦36cmx横41/72cmxマチ30cm。
これは、1点目の黄色のステッチの時のもの。

全く同じ生地で同じデザインでも、ステッチの色でここまで違った感じなる例として、面白いかと思います。

3点目もステッチの色を変えますので、その点もお楽しみにどうぞ(^-^)。

この角度が結構カッコイイです。マチがとても大きいのが分かります。
入口の留め具も活躍しています。ヘルメットが飛び出さないように収まる目的があります。

3点目に向けての課題

今回も解決したことがあったと同時に、課題も浮上。

底の部分の支柱が硬くて開き切らず、ツンと立ってしまうのでが、底に手を置いた時に分かるというものです。

ということで、次回のラスト3点目では、その部分を解決していければと思っています。

底に、特別にふんわりな中綿を別で入れ込んで、ツンとした手触りを失くすということをしてみようかというアイデアがとりあえず浮かんでいます。

あとがき

大きいバッグというのは、結構作業に時間がかかりますね。

ヘルメットバッグも何か格好の良い、スマートな感じのものはあっても、本当に充分にゆとりを持って収納できるかというと疑問なお品が多いです。

そこまでたくさん生地がなかったり、いろんな事情があるかと思いますが、私ならではのメリットととしては、そんな大量生産の事情は無視できる点にあります。

存分に大きなサイズのお品も可能であるということ。

そんなメリットを活かして、結果的に新しいタイプの今までになかったお品になるとよいと思っております。

ビッグなヘルメットバッグをハンドメイドで丁寧に作る企画-裏地中綿キルトを花柄のダイヤキルトで作った記録【443】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

生地屋さんに売っているキルト生地をよく見てみると、途中で縫い目がUターンして戻ってきている経路なのが分かります。

自動のコンピューターミシンでのキルトは、生地屋さんで見られる多くは、一回一回糸目を途切らずに効率的に全体にキルト柄を入れます。

その効率化との引き換えに、途中で戻ってくるような動きが取り入れられているようです。その戻る地点の部分を、私はUターンと呼んでしまいましたが、小さなスクエアのような形が出来上がることがあるのです。

今回は、ハンドメイドならではの、直線を1回1回区切りながらかけていくステッチなので、そのような小さな余分な柄は入りません。

そのあたりは、自前キルトの良さだと思います。綺麗にダイヤ型だけが描かれます。

picturesque流、ダイヤキルトの主な手法

裁断した裏地に合わせて中綿をピッタリに裁断します。裏地は今回カーテン地であることで肉厚である、最後の縫い付けも見込んで分厚くなりすぎないようにとの理由で接着芯を省略しています。接着芯省略はほとんどないので、今回珍しいケースです。
一番下から、裏地の裏面、中綿、ハード薄芯というように重ねまして、待ち針で固定します。
端っこの角を頂点とした二等辺三角形を意識して、5cmずつの底辺を結びます。そこから、左へ5cmずつハード薄芯の上に線を引いていきます(シャープペン使用)。
そして、対象になるように、反対向きの線も同じように入れますと、結果、正方形を横向きにしたようなダイヤキルトが描かれます。
ミシンですべての線をステッチします。とても大掛かりな作業で、しょせんボビンに巻かれる糸は50mほどです。2度ほどボビンを取り換えたかな。(どうでもいいけど、手がめっちゃおばあさん(^_^;))
こんな風に出来上がりました。なかなか美しいものですね。もとのカーテン地の面影が薄れます。中綿が薄めでボコボコになりすぎていないひかえめな厚みです。
もっと俯瞰して見てみます。出来上がって取り付けてしまうと、なかなかこんな風には眺められないので、ここで1ショット(^-^)。

あとがき

大きいものは待ち針が不足しがちです。

本当は、真ん中にも待ち針を打つとよいのかもしれません。

縫いながら生地が寄っていき、ピンタックみたいなつまみが出来そうになる箇所を修正しましたので(^_^;)。

外枠は待ち針しましたが、真ん中はしていなかったので、真ん中へ余った部分が寄せられたのですね。

そう考えると待ち針の効果はかなりのものです。

では、次回は、完成品をお見せできると思います。

お楽しみにどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

大きなヘルメットの収納ができて持ち歩きもできるようなヘルメットバッグをセルビッチデニムで現実化してみる企画【435】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回から、新しい製作に入っていきます。

デニムで作るヘルメットバッグ。

ヘルメットというのは、思ったよりうんと容積を要するものです。

頭に対して縦も横も随分と厚みのあるまるで、炊飯器の大きめみたいなサイズ感です。

お店にヘルメットが並んでいるのをずっと見ているとそんな気がしてしょうがなかったことがあります。

私もかつてはバイカーでしたが、アメリカンタイプの街乗りバイクなので、ヘルメットが小さめでした。

ジェットヘルメットというやつですね。

今回の企画は、フルフェイスや、システムヘルメット、オフロードヘルメットなどヘルメットの中でも特に大きなタイプに目を向けてみたものになります。

以前、インスタグラムで、オフロードバイクのヘルメットの写真をアップしている方に、サイズをお聞きしたこともあります。

それらをお持ちのライダーさんがヘルメットをもっと大切にできるような、可愛がれるようなふんわりとしたクッション性のある安心なヘルメットバッグを目指します。

持ち運びというのは、シーンを考えてみたときに、何も家から乗っていくわけではないことを想定。

時には、ヘルメットを持って飛行機にさえ乗ることもあるのでは。。

と、持ち運びシーンもよく考えたお品にと思っています。

今回使用の生地

今回は、裁断後の生地を準備する段階にとどまりました。

表地は、セルビッチデニムの14オンス程度のもの。

ジーンズでいうと、リーバイス501のデフォルトの状態のような硬さ、厚みのものです。

裏地は、うって変わって、カーテン地。

元々肉厚ながら、針が通りやすく、幅が広いということでの採用。

<表地>セルヴィッチデニム(14オンス程度)、綿/100%、日本製。
<裏地>2級遮光プリントカーテン地、ポリエステル/100%、日本製。
セルビッチデニムのアップ:とても頑丈なのがこの織り目で分かりますね。デニムの種類も細かくはいろいろ分かれる用で、この生地の色がインディゴでも暗めであることや、縦に筋多く見られることが特徴です。
2級遮光プリントカーテン地のアップ:2級遮光というのは、1級、3級に比べて、光を通す具合が中間であること。完全に太陽の光をシャットアウトすることを好むのか、少し光が差し込むくらいが良いのかで、後者が2級になります。けれど、今回の製作には、この遮光の機能は無関係ですけどね(^_^;)。

ここへ、中綿キルトをかけていき、ふんわりしたクッション性のある裏地にします。

あとがき

ヘルメットバッグ久しぶり(2018年に作っています)。そして、大きなバッグも久しぶりです。

大きなバッグは、結構時間がかかるものです。

今回の製作での心配は、デニム生地と裏地のキルトが上手くミシンの針が通るのかという部分。

それだけが心配です。。

なにはともあれ、進めてみます(^-^)。

では、また続きは後日の記事をお楽しみにどうぞ。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

たった1つお勧めするとしたらこのデザイン、アメリカンタイプのバイクライダーさんのオールシーズンブーツ【268】

アメリカンタイプのバイクライダーさんのオールシーズンブーツはこれだ

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、アメリカンタイプのバイクにマッチした、オールシーズンいけるブーツで、私がずっとはいてバイクに乗ってきてお勧めの1点ご紹介したいと思います。

バイクの種類とブーツの組合せについて

バイク乗りは、やはりブーツをはくことが多いでしょう。

街乗りだと、スニーカーの人も見かけます。ただ、スニーカーだと、ギアチェンジの時に甲が痛いことになりがちです。

私も乗り始めの頃、よくわからず、今まで持っていたスニーカーのコンバースの布地のぺたんこのタイプをはいていました。

しかし、ギアチェンジの時に、バイクにもよるのでしょうが、アメリカンなのでそこそこ重く、硬めで、力が要ります。

そうすると、何度かのギアチェンジで甲が痛くなってしまうんですね。

そこで、何か硬いブーツを探すことにしました。

何度目かに見つけたサイドゴアブーツが最強だった

私としては、近場の移動が多い乗り方でしたので、本格的なバイク用のブーツでなくったっていいや。

ということで、おしゃれ系のファッションブランドのショートブーツ、普段着にもはけるぐらいのブーツを探していました。

バイク用だと、トニーラマなんかのウエスタンスタイルがかっこよかったりするのですが、トニーラマは、かかとにヒールが結構な高さであるんです。

これが、バイクのギアチェンジにやや差し支えるなと私は考えます。

気にならない方は、ファッション的には、アメリカンバイクにはベストマッチなブーツです。

あとは、トニーラマのようなきっちりとはくウエスタンタイプは隙間が少なく、しっかりはしているんです。

しかし、そのせいで、足がむくみやすかったり、夏は蒸れがちで、少々はくのがためらわれることも出てきます。

高価で良質なお品ではあるのですが、バイクのギアチェンジで甲の部分が跡がつきますから、良質なお品のままのキープが難しく、もったいない、つまりコスパが悪いなんてことも感じられました。

いろいろ、ファッション系のブーツも試しながら、結果として、長年定着したのが、このブーツ。

アメリカンタイプのバイクライダーさんのオールシーズンブーツはこれだ
イタリア製の本革ショートブーツ:サイドゴアブーツ(メーカー名不明)

サイドゴアブーツです。

これは、23.5cmの大きさでイタリア製ですが、メーカー名が不明です。

まず、

・ヒールがわずかでぺたんこに近いので、足を地面に付けやすい、ギアチェンジがスムーズ

・先がとがって、ややシャープなので、かっこいい男っぽいテイストもある

・サイドゴアのデザインでひもなどがないので、気にせずに、着脱がとてもスムーズ

・革がごわごわしていないので、心地よくはけるし、隙間も少しあり、真夏も通気性がある程度ある

・革が良質で、やわらかいのにもかかわらず、甲の部分が立体的に硬めになった構造なので、ギアチェンジで甲に支障がまったくない

こんな点を、ずっとバイク乗車時にはいてきて、感じた良さでした。

まったく、同じものは見つからないかもしれませんが、サイドゴアが便利であることは、間違いないでしょう。

また、ロングより、ハーフであること、そして、やはりポイントはギアチェンジで接触する甲部分の作りの硬さですね。

あと、もう1点注意したいのは、普通の洋服のブーツの中からチョイスする場合に、裏がすべるのは、バイカーとしては、危険ですので、そこは注意です。

やはり、アメリカンだと、自分の足ブレーキも頻繁にありますから、そんな時に、すべり留めになっている仕様のブーツが絶対いいです。

やはり、心地よく、何も気にならない状態ではけるようなブーツがいいですね。

少し余談となりますが、このサイドゴアのようなシンプルなブーツにもってこいの靴クリームがこれです。

アメリカンタイプのバイクライダーさんのオールシーズンブーツはこれだ
コロンブス社のリキッド靴クリーム(黒)

有名なので、知っていらっしゃるかもしれません。

コロンブス社のリキッド靴クリームです。

この商品すごいんです。

これ1本で、

・汚れ落とし

・補色

・仕上げのツヤ出し

この3ステップをみごとに行ってくれます。

私は、パンプスにもこれを使用していて、延長でこのサイドゴアにも使用していました。

塗りがいがあるというか、とてもスムーズに手早くお手入れができます。

あとがき

サイドゴアは時々ブームな年もありましたが、基本定番型かなと、私は思います。

サイドゴアのショートブーツ、是非、バイクライフに取り入れてみてください。

なんといってもオールシーズンはけるという点もすっきりしていていいですね。

写真では、かかとが結構すり減ってきているので、お直しやさんで、かかとも平らにしてもらっておいた方が、アメリカンバイクに安定して乗っていただけるかと思いますね。

ショートブーツの写真のように、毎日乗っているわけでなくても、やはり、バイカーのブーツは消耗してしまうものです。

甲のしわが、ギアの部分でない、右側でもかなり出ています。

そう考えると、それほど高価なものはもったいないと思うので、革の作りさえ、良質で、しっかりしたものであることが分かれば、問題ないと思います。

はいた心地のよいブーツをどうぞ、ゲットしてくださいね。

では、終わります。ありがとうございました。

ハンドメイドバッグをヤフオク、creemaで販売中です。

また、おしゃれ系の拡張的な事業として、レンタルジュエリー、コーデQ&Aもヤフオクでは出品中。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

picturesque
picturesque