「コスチュームジュエリー展」で拝見した多数の模造品、ヨーロッパとアメリカとのデザインの違いに表れる気質や文化【626】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

巡回型の「コスチュームジュエリー展」に足を運んできました。

場所は美術館。

「コスチュームジュエリー展」:2024.04.26-2024.06.30愛知県美術館(愛知芸術文化センター10F)にて開催。

そもそもコスチュームジュエリー展が美術館で開催というところにもうすでにコスチュームジュエリーに対する扱いが見て取れます。

ジュエリーを「芸術品」なるものとしてとらえているということになります。

ファッション小物とは一線を画すようなそのコスチュームジュエリーが生まれたのは、「ポール・ポワレ」という男性が先駆者と言われています。

その後同じ考え方の、ドレスのコルセットを解放した自由な服装への提案をコンセプトにした「ガブリエル・シャネル」様の影響は大きいです。

ライバルであったような存在の「エルザ・スキャパレッリ」、そして「クリスチャン・ディオール」もコスチュームジュエリーを多くの人に広めていった功労があったということです。

このたびは、実際に現物を拝見したことに伴い、展示会内でも説明のあった「ヨーロッパとアメリカのデザインの違い」に焦点を当てた切り口でコスチュームジュエリーについて綴りたいと思います。

工業製品であるコスチュームジュエリーはある意味自由自在、にもかかわらずヨーロッパがお花や葉っぱのモチーフに固執した理由

これも趣味嗜好が関係してくることだと思うのですが、植物などを美しくかたどったジュエリーのデザイン一辺倒のヨーロッパに対して、アメリカ生まれのコスチュームジュエリーは虫とか新しい分野のモチーフをどんどん取り入れていきました。

その違いが文化や気質の違いとして作品に表れていました。

自身はカジュアル過ぎるアメリカのモチーフよりも、クラシックさを曲げないお花や葉っぱなどのモチーフをずっと作り続けるヨーロッパの作品が好きです。

それはお洋服のテイストにも現れて「エレガント」ベースだからです。

この違いは本当に対極にあるテイストであり、元はヨーロッパからの発信をアメリカは独自のアレンジでもって表現していったということが言えると思います。

伝統に固執するヨーロッパの良さももちろんあり、変化を楽しむアメリカの良さも大いにあると思うのです。

あとがき

YouTubeの中でお話させていただきました切り口と当ブログ記事の切り口が違いますので、両方見ていただけると2倍の情報になります。

自身もコスチュームジュエリーに対してはとても有難いジュエリーだと利用させていただいております。

何せ、活動的な場面で高級ジュエリーはハラハラドキドキせねばならないことでその本来の目的が十分に楽しめなくなってしまうかもしれないからです。

例えば遠方へのお出かけにはそれにふさわしいジュエリーとしては、コスチュームジュエリーの出番があると思っておりまして、「気軽さ」があります。

もし、破損したり失くしたりしても代わりが利くというのも「工業製品」のメリットです。

ただ実際はコスチュームジュエリーさえも1点物のような物を選んでいるので、大切にしていくということになります。

コスチュームジュエリーが偽物だということは見た目で重々承知のもと。

分かっていてイミテーションパールや模造トルコ石のジュエリーを装うことに対して、肩の力が抜けて付けられる良さがあるのです。

それでも、こんな工夫も考えました↓。

大ぶりなコスチュームジュエリーをあえて小ぶりで集めること。

小さいということが、遠目で見て「本物かもしれない」というまやかしを起こします。

「偽物」なのに「本物」に見えるというアイデアを自身からのアウトプットとしてお伝えしたいと思います(^-^)。

シーンに合わせたジュエリーに対する考え方:旅行編【920】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

旅行に着ていくお洋服を考える時に、コーデの1つとしてジュエリーも組み込むことがあります。

もちろん持って行かないという選択肢もありますが、旅行も人目に晒される場所ということで、見られるコーデということからはあればお洒落ができたりとその辺りの価値観は様々。

今回は、旅行の場合に持っていく、着けていくジュエリーについて考えてみました。

ここには、私が旅行で実際に体験した紛失のエピソードが盛り込まれます。

旅行用のジュエリーとは

まずは、持って行かないという上述のような選択肢があるかと思います。

持って行かなければ、失くすことも落とすこともリスクがないと言えます。

旅行中に特に落としやすいのが、腕に着けるブレスレットとか時計です。

荷物を持つ時に、接触した勢いでポンと外れたりして、旅行中の他の景色とか行動に意識が行って、そのことに気づかなかかったということで、過去に時計を落としたことがあります。

もちろん落とした場所など分かるはずもありません。旅行は次々に移動していきますから。

ただ、楽しい旅行なのに、ジュエリーが無いなんて味気ないという考え方もありまして、その場合どんなジュエリーを身に着けていくのかということになります。

特に、普段とわざわざ変えたくないという場合、貴金属類であった場合、外すということをするなら、ポーチやケースも携帯するという手段。

特にリングは、外して保管中に他の荷物に紛れてつぶれて変形などということもあり得ます。

宿泊施設のサイドテーブルに置いて、忘れていくというのもありうるケースです。

よって、バッグの中にポーチを入れて置いて、寝る前などに外す時は、バッグ内に収納というのはどうでしょうか。

置忘れのリスクは軽減できますし、大切に守られ、バッグの中でも見つけやすいです。

そして、ここからが、私がお勧めしたい工夫になります。

身に着けることはしたいのだけれどリスクが大きい場合、あらかじめ旅行用のコスチュームジュエリーとか合成石を取り入れることです。

本物のダイヤモンドや天然石が好きでもやはり旅行時には普段と状況が違います。

よって、合成石の良さを取り入れます。

ステンレス製、メッキ、イミテーションのジュエリー。

合成石というのは、内部の科学組織を本物と同じにしています。

よく合成エメラルド、合成サファイアなどと合成の後ろに本物の天然石の名前が来るのはそういった意味があります。

そうするとぱっと見の見かけも遠目からは分かりにくく、宝石質に映ります。

自分自身は本物ではないということを知っているので、その旅行中の妙な心配って半減しませんか。

もちろん合成石であっても素敵なものであれば、失くしたくもないし、お気に入りであることもあります。

けれど究極やはり高価であるということがポイントになってくるかと思いますので、この考え方は、1つあるかと思います。

旅行中に他のことに気をとられると楽しめませんものね。

できるだけ無意識に旅の方へ集中できるようにとこのように、「ジュエリーの質を落とす持ち方」ということを考えてみました。

あとがき

今回は、旅行編ですが、他にもシーンはいろいろ。

ダイヤモンドをバーベキューなどに着けていくというのも、直射日光とか、肉の油などが飛んで付着などによる傷みの原因になったりします。

ドライヤーの熱もダイヤモンドは輝きを損ねることに影響するようです。

活動的な場所へ着けていくジュエリーというのも、地金だけのものだったりという工夫も取り入れながら、楽しめたらと思います。

大まかには、ジュエリーは、室内の暗い時間帯が向いているのかもしれません。

レンタルジュエリー業者本人の自前のジュエリーはレベルは高くありません、なぜって良い物はすべてお客様の事業用の物へ献上しているから【710】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

「本物志向のレンタルジュエリー」というレンタルジュエリー事業をさせていただいています。

以前【416】でも一度ご紹介させていただきましたが、その後にまた変化しまして、自身の個人のジュエリーボックスの中身がどうなっているかを写しました。

意外だと思われるかもしれませんが、これが方針でございまして、自分の手元にはお客様が楽しめるような良質なジュエリーは置いておかない、すべて事業へご提供するというものです。

日々、ジュエリー探しなどに余念がない状況の結果というのがこのような形であるということも興味深く見ていただけるかもしれません。

これが本当に宝石を扱う者のジュエリーなのかというほどのレベル、5セットだけのmyジュエリーのご紹介

手持ちのジュエリーは、5セットのみ。

このセットというのも、レンタルジュエリーと同様で、ネックレス、ブレス、リングの3アイテムを1セットで組み合わせているところは同じ考え方。

元は自分の持ち物からのアイデアだったことを事業へも反映させてきました。

その3点1セットの組み合わせが5つということです。

コンパクトなジュエリーボックスに漫画に出てくる宝石箱のようなイメージでざっくりとランダムに入れ込んでいます。

木製のヴィンテージボックス:<サイズ>縦9cmx横23cmx高さ6cm。開閉のつまみに「KOSE」の刻印。

実は、この木製ジュエリーボックス、ある特徴があります。

曲げわっぱのように、底が曲げられているのです。

これ、実は当たり前ではなくて、ある種の技術だと思います。

通常ボックスは、途切れ目があって合体しますが、1枚の板がつながっている状態を曲げてこのように丸みのある底のフォルムを作った作品だということで、ジュエリーボックス自体もユニーク。

では、OPEN♪。早速ジュエリーポーチが見えました。

ブランドコスチュームジュエリーを改造していますので、著作権考慮の為写せないブランドものは控えさせていただきました<m(__)m>。

では、5セットを順にご紹介いしてまいります。

<1/5>:ペンダントチェーンだけは見えるようにポーチからのぞかせました。時計は「マーガレットハウエル」。

ペンダントトップが「ハイブランド」品でございまして、チェーンが別物とのコラボを写して投稿ということが「著作権の侵害」に該当と判断し、トップを写すことをどうしても控えさせていただきました<m(__)m>。

ペンダントが模造品のパールモチーフなので、白い部分があります。

すべての3点に白い部分でリンクさせた組み合わせです。

<2/5>:ポーチからはあずきチェーンが見えます。こちらも同じくロング。トップはコイン型。

バングルとリングはステンレスです。

決して効果なものではなく、「aliexpress」様からの輸入品です。

「アリババ」様というサイトの姉妹サイトの「アリエクスプレス」様なのですが、こうした品物は大変優れています。

<3/5>:チェーンがボックス調。トップはスクエア型のブランドロゴの透かし。ブレスは「MONET」。
<4/5>:チェーンはラウンドチェーンのロング。トップはコイン型。バングルはメッキ、リングはステンレス製。
<5/5>:すべてヴィンテージあこや真珠6-7mm。リングの普遍さを3連付けでボリュームを出しています。
1つの個性的な品物に対しては、普遍的なアイテムの重ね付けが良い勝負になるのではないかというアイデア。

。。とこのような感じでレンタルジュエリー事業者本人のジュエリーボックスの中身を可能な限りの範囲でご紹介しました。

高級品など1つとして入っていないのです。

ただ、ジュエリー好きならではの工夫で、個性ある内容にはなっているのかもしれません。

もし、引用できるような工夫が見つかれば是非やってみてくださいませ。

あとがき

このたびのような、安価ではあるけれど決して安物でもない質がなかなか良いお品は、いかにコーデを楽しく素敵にしていくかの研究に充てています。

そして、今回ポーチにinのまま撮影のペンダントトップが誰もが知る有名ブランド品のアレンジ(改造に当たる)物でした。

上述のように、個人使いの範囲内に収め、個人使いであってもその写真や映像の投稿自体が「著作権侵害」に当たるとの考慮で、ポーチで隠す対策で映しましたことご了解いただきたいと思います。

宝石を取り扱っているから、自分が華やかに着飾るのではない、すべてをお客様のためのお品にご提供するという方針をこのたびお伝えできたかと思います。

手持ちのこうしたそれほどレベルが高くないジュエリーも、装い方や工夫の面では「発信」という形で今後もアイデアを綴ってまいりたいと思います。

結局は、すべてやっていることが事業に繋がることしかやっていないのです。

自身のそういった「ライフスタイル」なるものも見ていただければと思いました(^-^)。