洋服とのコーデを意識したマスクを作った記録【464】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

コロナも長いスパンでの付き合いになってきました。

常にマスクは欠かせない存在です。

そんな中、通常のお出かけなども再開していかざるを得ません。

そうした中で、マスクも十分に行き渡り、供給的には安定したその後として、お洋服に合わせたマスクというものを考えていきたいと思いました。

まず、私自身が、マスクの雰囲気に偏りがあったので、手持ちのお洋服を想像しながら、この度、8点のマスクを製作。

材料は、ハンドメイドバッグのはぎれなどですが、それでも、洋服とのコーデを考えた工夫を入れ込みましたので、どうぞ今回の記事をそんなところをポイントにご覧くださいませ(^-^)。

黒い洋服の多い自分に合ったマスク

私は黒の洋服が多いですので、黒を意識したものも取り入れたいと思いますが、そればかりでなく、黒に映えたり、綺麗な春色も今回取り入れてみました。

季節感を考えるほどの余裕が出てきたとも言えますね。

8点まとめて裁断しておきます。
縫い糸は、表地と裏地(口に当たる部分)共通が効率は良いですので、それが可能な組み合わせは1色の糸でスムーズに行いました。そうしたものから先に製作していきます。裏地の糸の色をどうしても変えたいものは、後の方で製作しました。
こんなデニムマスクも入れました。
裏地の色にステッチ糸の色を合わせていますが、デニムの色落ちの未来を考えると今浮いている具合のブルー色で行こうと思ったわけです。
ブルーのパイル地とブルー系花柄のガーゼのコンビです。春らしい色です。糸の色は薄ブルーで共通でOKでした。
このようなマルチカラーのネイティブ柄も黒に映えてオシャレかも。柄は左右対称に裁断。
こんな目立つ色も作ってみました。可愛い感じのピンクです。
裏側には、表地で使用したものも使ったりして、バラエティー豊かなマスクコレクションにします。
初めての黒マスクにも挑戦。コーデしやすそうです。
裏地にベージュを当ててみました。
ゴムも、それぞれの雰囲気になじむよう、手持ちの中からチョイス。明るい色には、白ゴムを当てました。

あとがき

やはりマスクは、少し大き目が安心できます。

私は、顔の形が縦が短く横が広い正方形型ですが、マスクにもその影響があります。

大人の普通のサイズだと縦の顎の部分のマスクが顎から飛び出る感じ。

けれども、覆ってくれているので、そのまま利用しています。

今回もYOUTUBE動画ございます。よろしければ、ご視聴どうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。