<出会い>ボタニカルな透かし彫刻をかわいくとらえてみる、ジェダイトのペンダントトップ【815】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

翡翠はネフライトの数が圧倒的。

今回は、希少と言われる方のジェダイトの透かしペンダントトップのご紹介です。

和風ととらえがち、あえて洋風で可愛いテイストのとらえ方

縦が4cm近くあるビッグサイズの部類のジェダイト透かしペンダントトップ:K18YG台でボタニカルな彫りが素敵。

翡翠やメノウはもともと国産も産出されるなど和風な雰囲気も多いデザインになっているものが多いです。

せっかく今回、柄としてはエキゾチックにもなるようなお花も入っている彫りなので、かわいく西洋風にとらえるのも素敵になるだろうと思いました。

こういったグリーンに色彩でいうところの反対色(補色)なる赤色などをスパイスしたら可愛い感じになりそう。

あとがき

グリーンと他の色の天然石が一緒になったお花デザインもありますが、グリーン1色でも、お洋服の柄の色、ベルト、パンプス、バッグ、など小物使いに反対の色を入れていくことで、グリーンだけのクセの強さは緩和されるかと思います。

ペンダントトップの周りからちらりと溢れている色は、台がK18YGであるからです。

これも黄色という色味が加わって、良い台です(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

<出会い>やっと出会えたおしゃれ度の高いダイヤモンドペンダントトップ【783】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

地球の奥の方に眠っていたところ、激しいマグマ活動によって一瞬の短い時間で地上に向かって運ばれて結晶になって地上に打ち上げられる奇跡的なストーン、これがダイヤモンド。

本来は地上にいる私たちが身近に目にするようなストーンではないのです。

そんな希少なダイヤモンドなのに、ジュエリー界にはとてもたくさんあって、ありすぎてよく分からないというパラドックス(^_^;)。

それほど希少性が無いようにさえ思えてきてしまいます。

ダイヤモンドは無色透明なので、カラーによる綺麗さというのが感じにくいので、ほぼほぼデザインを重視しています。

専門的な事だと、内容の面でも4Cとして他の質の部分もかなり重視されているようですが、私としましては、おしゃれ重視の事業ですので、意外にも一番におしゃれ度が来ます。

そんな見方からずっと拝見してはきたものの、ピンとくるのが今一つない中、ついにこれは。。。というペンダントトップに出会いました。

ご紹介したいと思います。

ダイヤモンド3ctのビッグサイズの幾何風デザインペンダントトップ

K18WG台のダイヤモンド3ctのビッグペンダントトップ(ブローチ兼用):<サイズ>縦4cm弱x横2.5cm

3ctあれば、レベルは高級であると言えるかと思います。

テーパードカットがメインに使われて、より一層迫力が増しています。

ダイヤモンドも5ct、10ctととなればきりがないですが、それは私としては結果的なものだと思っています。

まずはある一定の高級感とデザインのバランスが良いお品ということがポイントです。

その点で、こちらはどう見ても、「よしっ♪」というお品という判断になりました。

あとがき

希少性のあるダイヤモンドがたくさんあるという矛盾の中から、さらに希少性のある1点物のようなお品を見つけるとしたら、やはり「おしゃれ感」だと思えてなりません。

おしゃれ感の上限は無限であると感じます。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

プラチナのダルマ板には決まってPT850の刻印が多い理由【558】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近知った知識ではありますが、プラチナは宝飾品によく使われ出したのは金や銀よりも比較的後のようなんです。

その理由が、金や銀よりも融点というものが高く、溶けにくいので敬遠されていたというような一説を目にしました。

しかし、ダイヤモンドとの組み合わせに、とてもマッチした地金として選定され始めて、ダイヤモンドには決まってプラチナを組み合わせるというような地位を築いたようです。

ダイヤモンドの指輪、ペンダントなどの台には、確かにプラチナ台であることが多いと思いますので、そのようないきさつがあったのですね。

さて、今回は、そのプラチナと一口に言っても、使われているアイテムによって、PT900とPT850があるということのその違いの理由について考えたり調べたりしてみました。

特に、学ばせていただくことの多かった、本、「彫金-手づくりジュエリー-の技法と知識:秋山勝義・飯野一朗 著」は、ずばりその理由が書かれたもので、有難く知識をしっかりと受け、さらに、私からもアウトプットとしてお伝えしていきたいと思っています。

ダルマ板があるアイテムというのは、ペンダントチェーン、ネックレス、ブレスというのがヒント

ダルマ板に刻印のあるPT850のネックレス

まず、プラチナも金も銀も同様ですが、純である場合100%が1000という刻印表示になります。

このフルな生粋の材料でできたものがどのような状態かというと、柔らかすぎて、とても宝飾品として使うにはふさわしくないようです。

確かに、過去に、プラチナの指輪が変形しやすかったり、透かしの部分がすぐに折れたりしたのを見せてもらったりしたことがあり、もともとプラチナ、金、銀というのは、どれも柔らかい素材なのです(ハサミで簡単に切れたりします)。

だからこそ、綺麗な装飾を形作ったりなどの融通が利くとも言えますが、その反面は丈夫な物ではないわけです。

そんなことで、世の中で、だいたい、75%の純金を使って、残りの25%は、強度のある割金を加えた合金である18金(K18)とかシルバー925とか、PT900,PT850などというように、割金の力を借りて、全体を丈夫な硬いアイテムに作り上げるものだということです。

ただ、全く存在しないわけでもなく、たまに、PT1000などというお品もアクセサリーでレアものとして見かけることがありますが、マニアにとってはとても貴重なお品としてそれも希少価値がある存在にはなるようです。

ところで、PT900、PT850というこの差は、あまりイメージわきにくいかもしれませんが、結構な差のようです。

ということで、ますます、PT900、PT850の使い分けが気になっていたこの頃でした。

今回は、この使い分けの違いの理由を学びます。

PT850はPT900よりも当然硬いということになります。

純プラチナのPT1000とか、PT999などがとても柔らかいので、数字が低くなると硬くなっていきます。

PT850以下は、割金が入りすぎて、もはや天然の域を超えるということでしょうか、ここのラインがハイジュエリーの中では一般に一番下のラインのようです。

ダルマ板がありますが、あそこに刻印がPT850が打たれていることがほとんどです。

ダルマ板を使うアイテムというのが、チェーン類なんです。

ネックレス、ペンダントチェーン、ブレスです。

つまり、今回の、この本にもそのことが書かれていまして、チェーンというものは、引っ張ったりなどの圧力がとてもかかる場所であるので、柔らかいと破損に繋がるリスクが高く、硬さが求められるので、PT850がチェーンに選ばれるというものです。

なるほどですね。

実際にジュエリー類のアイテムを1つ1つ見たところ、ペンダントトップや、リングに関しては、PT900というのがほとんどでした。

チェーンがいかに圧力がかかるようなアイテムなのだということを物語ります。

あとがき

プラチナはホワイトゴールドと近づけて比べるととても白いことが分かります。

K18をイエローゴールドでなくてホワイトゴールドにもしていったわけというのもプラチナが少なくしか入手できない時代にその代用として作られたのがきっかけのようです。

ゴールド色だけでなくシルバー色も愛用したいニーズの高まりだったのでしょうか。

今では大変人気の地金がK18WGです。

しかし、厳密にはプラチナとはやはり違うんです。プラチナはとても白い。もっと暗いグレー色がK18WG。

その白さをより出していくためにK18WGには、決まってロジウムメッキという仕上げがされているものなのです。

ということで、この色の微妙な違いも、ペンダントとチェーンという近い位置にあるアイテム同士はせめて揃えたいなあと思い始めました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<出会い>メノウの大粒ペンダントトップ【537】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

メノウという天然石は、七宝と呼ばれる仏教用語にもある、七つの宝の内の一つとの言い伝えがあるようです。

そうしたことからも和風の石というようなイメージがありますが、外国では、agate(アゲート)と呼ばれていて、カタカナのメノウは、漢字の瑪瑙の読みとなります。

別の記事で、瑪瑙(メノウ)の漢字が馬の脳の事からの語源でそのうねりの柄が似ていることから名付けられた名前であることをご紹介しました。

今回、実際に私が、メノウのペンダントトップに出会いまして、お品をご紹介しますね。

瑪瑙(メノウ)をエレガントに装えるように

K18YG台の瑪瑙(メノウ)の大粒ペンダントトップ:周りの透かしがあることでとてもエレガントな瑪瑙になっています。

昔から、なじみのある日本でも産地がある石ということで、文鎮を持っていたことがありますが、うねりが特徴で、それこそ、語源の由来の馬の脳に例えられたことも分かるような柄が文鎮の巾広な面に出ていました。

今回のペンダントトップは、そういう模様が省かれた場所なのか、無地です。

そして、色は、赤とオレンジの間。

オレンジの色の瑪瑙(メノウ)は別名カーネリアンと呼ばれていますが、カーネリアンの濃いタイプといった感じでしょうか。

大まかに、赤と呼んでしまいそうな色です。けれども紅色の赤ではなく朱色寄り。

見る角度などの違いで、オレンジがかったり、赤に見えたりと実に面白いです。

サンゴともならんで、このような朱色系の天然石も良いものだと思います。

よく、腕にする天然石のパワーストーンブレスと呼ばれるようなカジュアルなブレスには、このようなメノウがよく取り入れられているようです。

そのイメージから、結構カジュアルなイメージで今までいましたが、こうして、k18YGとの組み合わせで、エレガントにもなるよう。

楕円がとても美しく、大粒であることが、目立つものになります。

その後、一層このメノウが良い感じでお出かけ用な雰囲気になっていくようにしたいと思っています。

あとがき

少し余談なのですが、メノウと似た見かけの石にアベンチュリンという天然石があります。

似ているだけあって、もともと水晶であることが同じなのですが、違いは、結晶の大きさ。

メノウは細かく、アベンチュリンは粗いという違いのようです。

何が結晶を作っているのかというと、「二酸化珪素」という物質(成分)がベース。

以前、アベンチュリンのグリーンの天然石がアゲートと同時期にそっくりだなあと思って見ていたことがありましたが、そっくりではあっても、違う名前になっているので、不思議だったのですが、構造もそのようなところが違っていたわけですね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<出会い>サファイア2色が連なったバイカラー小花モチーフペンダントトップ【476】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

以前に、サファイアがコランダムという元の鉱物名から、宝石に加工されていく段階で、ルビーと枝分かれすることが成分の違いによっていろんな色ができて、その中の紅色がルビー、それ以外すべてがサファイアと呼ぶとの決まりで多色の展開になっているというお話をアップさせていただいたことがあります。

その多色の中からの2色が組み合わされたお花のペンダントトップに出会いました。

暖色系と寒色系を組み合わせたような配色

色と色の組み合わせに、それは無い、それはあるなどというのは言い切れないところがあります。

今回も、よく考えると、暖色系、寒色系とグループが違うかのような2色がバイカラーになっていて、それが逆に斬新でした。

台はK18WG。オレンジのサファイア、ピンクのサファイアが連に連なったデザインのペンダントトップ。お花も結構ボリュームがあり、横が12mmほどあります。

下のピンクはどちらかというと寒色系なのかなって思ったのですが、上の暖色系のオレンジと並んで何か明るい感じになっていて感じが良いです。こういう配色もありなのですね。

あとがき

お花モチーフは宝石の中では多いですが、お花でも5枚の花びらのタイプ、6枚、4枚、シャープな花びらのデザインなどそこそこ豊富です。

そうするとお花同士のアイテムの合わせ方もそんな点を意識するとよりきまりそうです(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

レンタルジュエリーこちら。

<出会い>2ctの円形ダイヤモンドペンダントトップ【472】

まえがき

ダイヤモンドは非常に人気の天然石。

1ctというのは基本的な定番のような石の分量ですね。

分量と書いてしまいましたが、正確には、重さとなります。

1ct=0.2g。

1粒もののペンダントでの1ctというのはちゃんとしたお品の目安のようなものになるかもしれませんね。

たくさんの粒が集まったものは全体でct数が表される

今回私が出会いましたダイヤモンドのペンダントトップがこちら。

直径が1.5cmのそこそこなサイズのペンダントトップ。全体で2ctのものです。ギラギラとはいかない程度で華やかさがあり、よく輝きます。台はPT900です。

こういった粒がたくさん集まったものは、全体でctが表されます。

「輝き」と「華やかさ」がわずかに違うものであることがここから言えるかと思います。

1粒のダイヤモンドで2ctであると輝きがこれ以上に刺すようにやってきそうです。

こちらだと放射線状に石が広がっているので、輝きという点よりは、華やかという点を重視したものになります。

あとがき

ダイヤモンドは、台をプラチナと組み合わせることも結構多いようです。白x白というのが爽やかさがありますね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは当HP内で受け付け致します。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

レンタルジュエリーこちら。

ジュエリーのクセのあるモチーフの上手い組み合わせ法【420】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ジュエリーの中で、特にペンダントトップというのは、視線が一番行く場所であり、モチーフが物を言います。

ここに持ってくるモチーフの形やデザインが素敵であることを意識しない人はきっといないでしょう。

さて、今回ですが、特にペンダントに多く見られるモチーフの中でも特にクセのあるモチーフというのをご紹介したいと思います。

長年のジュエリー好きというだけの私の目線ではありますが、このクセのあるモチーフはそれ自体が良くても、やはりジュエリーも結局はコーデになりますので、他のブレスやリングのアイテムとの調和とかかっこよさなどが大切だと考えます。

ということで、いかにクセのある難しいモチーフをコーデするかということにスポットを当ててみたいと思います。

星のモチーフ

星は人気の部類かと思いますし、それ自体ではかわいい魅力ある形です。

ただ、星そのもののデザインがクセのあるものであると思えます。

星のモチーフ:これがまるっこかったりなど、もっとバラエティーに富んだものかとは思いますが、とりあえずこんなあたりをピックアップしてみました。もし、ペンダントトップがこの星モチーフの場合、ブレスやリングはどのような形のものを選んでいくのか。ペンダントだけではない他も混入してくると突然難易度が上がるのが分かります。

同じ星という手もありますが、星もいろんな角度、前述のように、丸みを帯びていたりすると、同じ星なのにかえって取っ手付けたようになってしまって、不自然で合わなかったりということにも。。。

そんなことも考えて、私からのご提案のデザインがございます。

ギザギザモチーフ:以前ティファニーの星の3つ横に連なったペンダントを持っていた時に、リングを同じティファニーのギザギザリングで合わせていました。とても良く合います。もちろん、ティファニーの全く同じ星のリングもあると思うのでそれを合わせたらベストマッチのスーツのセットアップのように出来ますが、なかなか常にそれも可能ではないことが多いです。そうした時に、幅広くもう少し簡単に探せそうなのが、このギザギザのモチーフに目を向けることが1つの案です。星のとがりとギザギザのとがりの相性が良いようです。

リボンモチーフ

リボンモチーフも簡単ではないようです。

これ1つだけ見ているととても素敵で、何か上品なイメージがあるのがリボンの良い所ですね。

では、これがペンダントになっている場合、どんなブレスとかリングを選ぶことになるのでしょうか。

リボンモチーフ:いろんなリボンのデザインがありますが、基本的にこんな感じに描いてみました。リボン同士でうまくマッチすれば、それはそれでかっこいいです。ただ、同じ種類のリボンを探すことが結構労力が必要になるのではないでしょうか。最初の星と同じで、リボンもデザイン違いだとちぐはぐで一緒に着けることがあまり合わないこともあるのかもしれません。ということで、次のようなモチーフの登場です。
スクエアモチーフ:私の今までのジュエリーコーデの実体験からすると、どうもリボンにはこのスクエアが合うように思えます。スクエアでも正方形寄りが良いかと思います。リボンの真ん中の四角のような結び目にマッチするのか、リボンの輪の部分がスクエアにマッチするのか。。。
リボンリングの写真:これらにはいずれもスクエアなブレスや、スクエアなペンダントなどを合わせています。自分で洋服にコーデしていく中で、どうも四角がマッチするようだとそう思いました。

お花のモチーフ

さて、ここからは、私自身もなかなか苦戦の難易度が高めのクセのあるモチーフになってきます。

お花のモチーフはそれこそエレガントな雰囲気にできそうで華やかで人気があるかと思います。

これをペンダントトップに据えた時、ブレスやリングは?。

お花のモチーフ1:ジュエリーではこういったタイプが多いですね。
お花のモチーフ2:真ん中の雰囲気だけ少し変えてみました。

お花は、お花同士しか合わないんじゃないかと思ってしまいますよね。

同じようなお花をうまくそろえることが困難な場合、こんな案はどうでしょうか。

丸のモチーフ:お花の形にももちろん寄りますが、とりあえず、丸モチーフは小さめサイズを意識すれば、OKかと思います。これが大きいもので主張のあるようなサイズ感だとマッチしにくいので、あくまでも小粒気味に。

少々、無難なコーデになってしまいますが、お花自体がインパクトのあるアイテムなので、他は控えた目立たぬ存在にするという手です。

丸のモチーフも小粒寄りの小さいものが良いかと思います。

ハートモチーフ

はっきり言ってハートが一番難しいと私は考えます。

ハートモチーフ:これがペンダントトップの場合、ブレスやリングはと考えると、ハートのカーブの角度とかデザインが豊富で非常にぴったりマッチするのかどうかが難しいです。

前述のように、いっそのこと、全く同じブランドで同じハートの種類というものでそろえるなら、スーツになり、ぴったり。

では、そうでない場合は。。

これを長い間考えて私がたどり着いた案です。

それは、何もモチーフを入れないです。

この意味は、チェーンのみということです。

リングやバングルなら、柄が入っていなかったりモチーフのないプレーンなタイプを選ぶということです。

パヴェダイヤがちりばめられたものというのも無地ライクなので合うと思います。

別のモチーフを考えると余計に困難。そのような時は、無にするのがよいという考え方です。

とてもすっきりまとまって、ハートモチーフがより際立ち素敵に仕上がると思います。

あとがき

過去に今回ご紹介したクセのあるアイテムは全部持っていました。

けれど、その後手放してしまったりすることになりがちなんです。

コーデが難しくて、使わないので、手放すのです。

そのことがとてももったいなく、使えるようになる解決策となるようクセのあるモチーフとの相性のある別のモチーフを考えるという発想に至りました。

やはり、最終的には全体のコーデなので、1つのアイテムが素敵でも活かしきれないともったいない結果になります。

今回の記事が、素敵なアイテムを有効に使える何かのヒントになったらと思います。

レンタルジュエリーという事業をさせていただいております。

当HP内からのアプローチでのスタートでもOKですし、ヤフオクにも出品中です。

どうぞよろしくお願いします(^-^)。

HP内こちら。

ヤフオクこちら。