洋服の最小限生産から少数購入、古着購入への動きへの期待【683】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

【645】の記事で、本を読み始めるにあたっての発信というものをアップさせていただきました、

「グリーンファッション入門―サステイナブル社会を形成していくために:田中めぐみ 著」をこのたび読み終えました。

たくさんのサステイナブルへの試みや意識が、この本が書かれた10年程前よりもはるかに高まった昨今。

私も、自分に何かできることをと考え中です。

大きく事が動くのは、消費者の行動にかかっているのかもしれない点

ファッションの業界では、製造業者はこれまで、大量の洋服をはじめとする、物品を過剰に作り出してきました。

そうでなければ事業がまわっていかない事情も含みます。

そして、結果、現在そういった方式がもう成り立たなくなってきたと言ってよいのかもしれません。

この大きな転換の時期に最小限の量の製造数に大きく調整せねばならないことが望まれます。

そうすると当然、大量ということで成り立ってきた事業は過去のままでは、パンクしていく。

例えば、自ら製造し、供給した洋服を、古着としてまた買い取ることでバッグし、リサイクルの循環を作り、「ループを閉じる」というような、廃棄が伴わないサイクルが出来上がるのが理想だとのこと。

自社の製品を責任を持って、その行く末を見届ける、これも1つの良き役割の例だと言えそうです。

そうして、先に、製造側がサステイナブルを強く意識した動きをしていくことで、今までのように手あたり次第ごろごろ転がっていたような安価な洋服が、数が少ないことで、高額/良質なお品となる。

この影響で、購入者側は、あれもこれも購入できないので、渾身の1チョイスを大切に、洋服を少しだけ持ちながら着まわすようになる。

そして、更に必要な場合、新品では高価すぎる場合に、ビンテージなどの古着の出番。

古き良きお品の中から、渾身の1着を有難い価格でゲット。

こんなシナリオを浮かべてみました。

古着に今まで目を向けなかった人も、そういった分野にも目を向けざるを得なくなる。。

私のようなプチ事業者でもできること

私も、事業内容としては、ファッション関係。

今まさに、とても大きな問題と、その転換をせねばならい時期のさなかに自分もひっそりと存在しています。

1消費者でもある自分ができることというのは、古き良きお品の古着をご紹介して、「こんな真新しい古着もあるのだ」とか、「古いお品というのはこのような魅力がある」、「とても作りの良い手間が込められたレベルの高さ」などを発信していく役割を発信する場所としてはあると思っています。

古着への抵抗がある方もまだまだ大勢。

汚れている物を着たくない、質が劣るのではないか。。

そのようなことを説得していくことができるのは、そもそも自分が、いつしか古着が新品よりもある意味魅力的な事に気づいた時以来、10年以上も古着だけのスタイルで来たという事実から十分な説得力というのは持ち備えていると自負。

ここ最近私自身も、洋服の量がミニマムで、クローゼットの中がとても気持ちの良い収納になったことで、気分が上がっています。

余計な量を購入しなくなったのです。

不思議なもので、こんなこと1つで、大きく気持ちが変わるものです。

インテリが好きであったこともあり、クローゼットがすっきりすると、インテリア映えが、より一層高まったことに感動しております。

少ない洋服を着まわすことの楽しさというのが一方であるので、「少ない=だめなこと」という、固定概念は捨てて、逆に素敵なことなんだということ、これにも、事業をしている者自身が発信して説得していくことが可能な見込みを感じます。

あとがき

こうして、見てみると、単純な話が、古着に切り替えるだけで、かなり大きな一歩が踏み出せるということです。

サステイナブルがもとめる最終目標というのは、「地球の本来あるべきより良い姿」ということなんです。

身近なことから、少しだけの些細なことかもしれないけれど、一人一人が簡単に始められることがあるようです。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ニッチな本読み始めました、バッグは「ファッショングッズ」という分類のファッションアイテムです【669】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

バッグの本というは少ないみたいで、以前にも、1冊カバンの基礎知識の事が載っている本を読んだだけの記憶です。

今回、図書館の蔵書検索で、バッグ類についての学びを得られる本を探しました。

そして、ニッチな分野であるとの本を見つけました。

ファッション分野で、バッグは、「ファッショングッズ」という分類にあたる

ファッションというと洋服のアパレルがやはり一番多い分野みたいです。

アパレルというものの中に、バッグとか靴、小物も附随してくるディスプレイだったりお店の取り扱いだったりする近年ですが、それでも元は、バッグ、帽子、靴、革小物というのが「ファッショングッズ」と分類されているようなんです。

今回読み始めた本は、

「ファッショングッズプロフェッショナル事典:ジェーン・シェイファー&スー・サンダース 著/山崎真理子 翻訳」

です。外国人の方が著者さんです。なかなか、こういったファッショングッズのみに焦点を当てた本はニッチらしく、より興味が湧きました。

私のアウトプットの仕方が、ほんの読み始めたその初日の分をアップするという少し変わった手法です。

全部読み終わってからまとめるのではないのです。

なぜかというのも、その時の学びの細かな部分にスポットを当てることができ、この方が、タイムリーで私もやりやすいです。

そして、読書も全部読むということもしないものもありますので、必要そうな部分だけを読んだり、完全読破ということもそこまで時間がなかったりします。

YOUTUBEの中では、しぼりにしぼって2点のポイントをピックアップ。

1)売れ筋カラーは黒と茶、夏場は、紺、白、ベージュ、黄褐色に注目

2)リサーチからインスピレーションを得ていく方法

この2点を挙げさせていただきました。上の2点はYOUTUBEでお話させていただいていますので、後で貼ります。

当記事では、それ以外のまだまだアウトプットし足りない部分をお伝えしたいと思います。

「贅沢:ぜいたく」というものが何なのかという点です。

このことを深く理解すると、物の価値観がはっきりするのかもしれません。

贅沢とは、非常に限られた人だけが持っている製品を持つことにあるようです。

また、他の人が経験したことが無いことを経験することで、人とは違う、本物に対する消費者の関心の高まりの結果です。

ここで、「本物」という言葉が出ています。

贅沢というものは悪い意味で使われることも多いですが、本来素敵なことなのですね。

人とは違ったり、個性的であるとか、1点物ということで、ビンテージ品や中古品にもその要素が詰まっているとのこと。

古いものだから、綺麗ではない、汚れている、などといったことではないわけで、反対に、価値あるものというとらえ方をしています。

あとがき

この本は、ファッショングッズの関係の仕事に踏み込んでいくまさにそういった人向けに書かれていて、その手法なども紹介されているところが、実直です。

デザイナーとして今後やっていくためのバイブルなどという活用の仕方もあるようで、本当に面白いと思えています。

初日でこれですから、なかなか良い内容です。

おしみなく、例が次々に飛び出して、あまり整理されていないような書き方に特徴がありますが、著者様のそういった熱の現れでしょうかね。

情報をおしみなく提供していくれて、非常に豊富な盛りだくさんといったような感じの内容です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

カラーコーデが理解しやすい書き方の図鑑を見つけた【465】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスクです。

緊急事態宣言も解除し、図書館へ本を返却に。。

緊急事態宣言中は、延長が無期限に可能で、リスキーな中の返却をご容赦願えるという措置をとっていただいたようで、ずっと手元にあった読み終わった数冊を数か月ぶりに返却。

そして、また新たに新規に数冊借りました。

その中で、早速読んだ本を今回はご紹介。

色彩の図鑑というような堅苦しいものではないところが魅力の薄手の本

図鑑というと分厚いイメージですが、とてもコンパクトに1cm以内であることが手に取りやすい本です。

「THE SUPER COLOR COLLECTION-スーパ―カラー配色図鑑:千村典生(Michio Chimura)著」

です。

カラーのお話であると出てくるであろう専門用語をあえて身近な言葉で表現してある点などがとても良かったです。

全体が図鑑となっているので、最初から最後までカラーのイラスト解説で終わりを迎えます。

この本から得た色の体型的な見方

私も知らず知らずに、差し色とか類似色なんて言葉を使っていますが、それが全体で見てどういう位置関係にあるのかなど、新しい見方ができます。

まず、基本のカラーを120色設定して、それを、「キーカラー」と呼ぶ基準となる色に据(す)えるところからのスタートで色を右と下へ展開していきます。

そして、色のトーンに関しては、明るい→暗いとトーンダウンしていくそれぞれの段階に分かりやすい名前が付いています。

こんな辺りをポイントにyoutube動画をお作りしました。

是非ご視聴されてみてくださいね(^-^)。

あとがき

私は、ハンドメイドバッグを作り、レンタルジュエリーをさせていただいておりますので、こういったカラーの学びは結構活かせます。

とてもありがたい学びを得られました。

コーデだったり、よくわからなかったりする難しめの色の組み合わせに悩んだ時に、この図鑑と同じような組み合わせのアイデアをお借りすることも出来そうです。

そんな中でいずれ、自分流の色の組み合わせの考え方というようなものも持てるのかも。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HP内のみで賜っております。

どうぞお立ち寄りくださいませ(^-^)。

ヤフオクこちら。

crremaこちら。

レンタルジュエリーこちら。

地味コーデも派手コーデも「スタイル」という意味では平等のもの【227】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、スタイルがテーマです。

スタイルと聞くとちょっとあいまいな言葉に感じます。

あの人は、スタイルがよいというスタイル、形式、音楽の系統、独自のスタイルで。。

などすべてのスタイルを一言で言いかえれば、「」ではないかと考えます。

今回は、このスタイルというものが、誰にも実はあるもので、うまく発見できているのか未知のものなのかで随分変わることを私自身のスタイルを考えてみることで、何かしら見つけてみたいと思います。

私のインスタグラムのごはんの写真の「スタイル」

まずは、私がUPしていますインスタグラムから私のスタイルとはどんなものなのか、ということを見ていきます。

こんな感じにインスタグラムを日々のやったことのそのままの記録のような形でアップしています。

日々の生活スタイルそのまんまをアップしているので、とても気が楽です。

何か意気込んで緊張した場面はなく、料理もオシャレな料理にしなくちゃなどとは思ったことがないです。

むしろ、綺麗な色どり鮮やかな写真ではなく、シンプルで、当たり前の本当に日々のライフがそのまま切り取られたような写真でむしろ良いと思っています。

なので、誰もが当たり前に食べる親子丼などを載せていることに抵抗はないです。

なにも気負わなくてよいし、それが事実なのです。

このインスタグラムからは、当たり前のものをおいしく作りたい私の拘りが実はあるのですね。

かぼちゃの煮物だって誰もが作っていますし、特別な料理というわけではないです。

ただ、見ている人は真似しやすいようです。

それでいいのではないかと思うのです。

真似してみてくださいという意味でのアップですしね。

かぼちゃの煮物も綺麗に出来上がった盛り付け場面ではなくて、このショットは、今からこれを煮込むだけなので、他ごとが同時にできますよという文章も書いています。

こんな風に、かぼちゃの煮物1つでも私がアップするのと、他の人がアップするのとで、違う写真になる、これがスタイルの違いということでしょうね。

私のYOUTUBEの発信の内容の「スタイル」

YOUTUBEは、このブログと並行していますので、この記事と同じ「情熱のハンドメイドバッグ」がテーマです。

この記事自身もYOUTUBE動画があり、1記事に対して1動画あるというスタイルに現在しています。

YOUTUBEが先で、ブログが後です。

なので、ブログにYOUTUBEを毎回貼り付けることができるわけです。

YOUTUBEは、ファッションのことについていろいろな角度から発信したいという気持ちがあります。

再生リストというもののくくりを、洋服のリフォームの動画、自作バッグが出来上がるとその紹介の動画、コーデの動画、宝石/ジュエリー、読んだ本の記録で読書など、もあります。

結局のところ、ファッションって生活に密着したものになっていますので、インテリアとか食事、そうしたら、インテリア、雑貨と絡んで冷蔵庫の収納などまでの内容で、いろいろな分野に広がっていきます。

それを1つに絞らずに、できるだけ広くいろいろ自分の日々の生活の一部をくっつけての発信です。

ただ、YOUTUBEは、バランスが偏るようで、食事とか、ファッション哲学の系統はあまり多くの人が興味があるわけではないと感じます。

宝石/ジュエリーも同様です。私としては、最初にYOUTUBEを始めたのが、ジュエリーのコーデをいろいろしていくという動画ばかりで、非常にジュエリーに対する熱がありました。

2016年1月スタートで1年半ほどUPしていましたが、なかなか私の宝石に対する情熱が共有できなかったです((+_+))。

現在ジュエリーは熱がある沸いているアイテムではないようですが、どこかには、ジュエリー好きの方はいらっしゃるのでしょうね。ただ人数が多くないのでしょうか。

上記のYOUTUBEスタート時の動画は、85本ほどのジュエリーの動画だったのですが、声が小さくてまず聞き取れないし、画質も悪かったので、もう今は消してしまっています。

その後、再度1からスタートして、2018年からファッション分野をジュエリーも含めた今のようなスタイルでUPし続けています。

やはり現在でもジュエリーは大好きです。

ところで、私のYOUTUBEはナレーション形式です。顔も一緒に映る場合、その場でしゃべると声が小さくなってしまうので、ミシンなどで作業する動画がとても多いのもあって、後からのナレーション形式です。

体を動かして作業しながらのマイクって音を正確に一定に拾えない気がしますが、どうでしょう。マイクによりますかね?。

その代わりに、サムネイルに全部写真を入れて、たまに動画内でも私の写真を掲載しています。

ということで、私のYOUTUBEは、以上のようなスタイルの動画であるということですね。

今回専用の附随YOUTUBE動画

今回のYOUTUBE内では、AさんBさんの洋服の嗜好を例に挙げて、「スタイル」の意味をお伝えしています。

モノトーン嗜好のAさん、無彩色のワードローブです。

無彩色嗜好のワードローブを持つAさん(仮定)・・・無彩色なスタイルという意味で、スタイルはちゃんと持っています。ここがおしゃれになるにあたってのよいラインかと考えます。ここがはっきりしていた方が、後にお洒落になる可能性を感じます。
華やかな色使いの洋服を好むBさんのワードローブ(仮定)・・・カラフルな色遣いのスタイルという意味で、こちらもスタイルをちゃんと持っていて、拘りを感じます。

では、YOUTUBE動画ご視聴どうぞ(^-^)。

あとがき

個性という言葉がありますけれど、この言葉は、スタイルの中にある一部分だと思います。

個性というと突出した他の人にはないものという絞られた分野のことを指しているように思えます。。が、しかし。。。

スタイルは、個性も含み、他の人とも同じ当たり前な平凡な部分も含んだ総合のものだと考えます。

だから、目立つものだけをアップするとか、突出したものだけを披露というのは、逆にスタイルが分かりにくくなるともいえるかもしれません。

ありのまま、そのままを表現することがスタイルが分かりやすい、伝わりやすいものになると私は考えています(^-^)。

ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグをどうぞご覧くださいませ。ウキウキしながら厳選した非常に美しい柄と色の素材でお作りしています。

是非どうぞ。

こちら

色相環図の類似色や補色の考え方はファッションコーデに活かせるのか?【229】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回のタイトル、絵画には必ず出てくる知識であるかと思います。

もう最初にここで結論ですが、類似色や補色の考え方は、ある一定の部分、ファッションコーデに活かせると考えています。

何も知らなかった過去よりも知っている現在の方が間違いなくコーデに対する自分の拘りがはっきりしたように思います。

余計なことを知ると固定観念にまどわされるのでは。。という意見もありそうです。

しかし、反対だと思います。知った方が、その後それを取り入れたり、むしろ、打ち破るなんてことも両方可能性があって、幅が広がると考えているんです。

とっても簡単で分かりやすい色彩の相関図

色彩の相関図は、すべての理論を十分に盛り込もうと作られていてやや複雑です。

この相関(そうかん)という言葉が、色相環(しきそうかん)と色の相関図(そうかんず)とで「そうかん」という部分が漢字が違うところに注意です。

もともと色相環という言葉が専門用語ですが、色の相関図という言い方も合っていると思います。

では、ものすごくシンプルに単純に、一度知ったらずっと覚えていられるように、お伝えしたいと思います。

まず、色というものは、多種にわたっていますが、3色のみ、オリジナルの色、つまり、原色と呼ばれる色があります。

3原色:赤、黄、青

この3色を3原色と呼び、色のもっともベースのカラーとなります。

何を混ぜても、この色を作ることができない元の色という基本的なカラーの事です。

分かりやすい例として、道路の信号機にこれが利用されているように思います。

交通は、安全第一なので、最も基本的な分かりやすいカラーで表現したのでしょうか。

そして、このベースのカラー同士を混ぜて、

・赤 + 黄 = オレンジ

・赤 + 青 = 紫

・黄 + 青 = 緑

と、更なる新しい色が生まれます。

基本カラーの6色

小学校などでの図工の水彩画の授業で、絵の具を使って習ったことですね。

この、新たな3色は、2次的に出来上がった色なので、二次色という名前がつけられています。

これで、全部で6色の基本カラーができました。

色相環ではこれ以上にも色が出てきますが、あとは、グラデーションのように濃い薄いとなっていくだけなので、結局この6色だけを基本カラーとした概念が一番シンプルでわかりやすいかと思います。

中間色のブルーの場合は、青を見ます。そして、ピンクの場合は赤を見ます。黄緑は、グリーンを見ます。そういったように濃淡の部分を省略した単純な6色です。

類似色とは?補色とは?

色同士は、組み合わせたり一緒に並べたりして使うことが多いです。

そんな時、とても参考になるのが、

類似色

補色

というこの2つの概念です。

類似色・・・色相環において、隣り合っている位置の色

補色・・・色相環において、向かい合っている位置の色

です。

例えば、黄色で考えると、類似色は、オレンジやグリーン、補色は、紫ということです。

類似色の組み合わせの効果としては、落ち着いた雰囲気だったり、やさしい雰囲気だったり、全体としては、調和のとれた雰囲気になるかと思います。

一方、補色の組み合わせの効果としては、目立つ、はっきりと映るなどの効果があるかと思います。

奇抜(きばつ)と呼ばれる色使いもこの補色を利用した使い方であるといえますね。

類似色や補色をファッションコーデに取り入れる場面

先程も私の意見として書きましたが、こういった類似色とか補色の知識がファッションコーデに活かせるのかということです。

活かせると思います。そんな場面は、どんな場面か。

マルチカラーのようないろいろな色が混ざった小花柄のジャケット(エンポリオアルマーニ)とリーバイス501のブルーグレーのような色落ちのジーンズ

例えば、このようなマルチカラーのジャケットとデニムリーバイス501のグレーのコーデ。

ここへ何か色のついたジュエリーのネックレスとか、バッグをチョイスしたい場合です。

どのような色を選ぶかという時に、とても迷います。

よく、簡単な方法として、マルチカラーの場合その中の1色をピックアップすればよいというのがありますが、じゃあここまでいろいろな色があるのに、どの色をピックアップするのか。

この場合、ボトムである、501の色に注目。これになじむようにしたければ、青という色の位置に近い隣の類似色が良い、ネックレスやバッグを際立たせたいなら、遠く離れた補色を選べばよい、という考え方をしてみます。

そうすると、パープルなんかがとてもなじむ感じだと思えて来ました。これは類似色。

黄色で差し色みたいに際立たせちゃおう、とこれは補色的な位置を採用。本当は、オレンジが正式な反対位置ですけれど、ジャケットの色の中にオレンジはないんです。

なのでその隣の黄色なのです。

こんな風に、参考にはできます。

ちなみに、実際私がこの上下のコーデを着用した時は、赤のパンプスをはきました。どちらかというと際立つ感じに補色的な選択をしたのですね。

あとがき

この単純な6色の配置は今後も不動なんです。一が移動するといったことはなく、類似色、補色の関係は永遠のものだということです。

ファッションは流行などで移りゆくものです。そこへ不動のものを取り入れることも良いものなのではないかと思います。

YOUTUBE動画があります。どうぞ、よろしければ、ご視聴どうぞ(^-^)。

ありがとうございました。

終わり。

ハンドメイドバッグ、レンタルジュエリー、ファッション分野のQ&Aと3種の商品がございます。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreema、レンタルジュエリーは、ヤフオク、ファッション分野のQ&Aはヤフオクです。

どうぞお立ち寄りくださいね(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。