ファスナーの先端にカバーする別布タブの生地が横からはみ出さないテクニック【679】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

よく、私は、自分のバッグのデザインのファスナー使いの部分にファスナーの先端を、カバーと固定を兼ねて、タブを付けます。

このタブが、幾重かに重なって丈夫なものになるわけですが、折りたたんでいく途中で生地が横からはみ出すことになってしまいます。

このはみだしを解消すべく、考え出した縫い留めのテクニックがございまして、これを今回ご紹介したいと思います。

私が使う場面以外でも応用が効きます。

美しく作るために生地をきちんと重ねる意識

このように、縦に真ん中に向かって両端をくるみ込むアイロンをかけます。早速ながら、この1度目の折りの時に真ん中を橋渡るように、橋から数ミリにわたり、行って帰るというミシンの二重ステッチで固定。もうこれで真ん中が開きません。
この縫い目が隠れていく様子を注視していただきたい。次に、真ん中で横向きに折ります。子の折りも先ほどの縫い留めでやりやすくなっています。
さらに、真ん中へ向かって横向きに上下から折り込みます。ここで、先ほどの縫い留めステッチが完全に真ん中に隠れましたね。
こうして、ファスナーにかぶせて、ステッチで固定してファスナーカバーというか、ファスナータブが完成です。横サイドからの生地のはみ出しが解消されています。
サイドに注目してみるとミルフィーユのようにきれいに重なっています。生地の先端がはみ出していないですね。この縫い留めの大きな効果です。

今回のステッチはほどこすのとしないのとでかなり大きな出来栄えの違いが出ます。

美しく仕上げるための隠れた技(わざ)と言えますね。

あとがき

我流ではありますが、ちょっとしたテクニックなどの効果が出たときにはご紹介してまいりたいと思います。

多くの人々がハンドメイドをしておられる、そのような中で特に、やり方の本などには書いていないようなニッチな部分でも、掘り起こしてみると結構な効果だったりすることがまだまだ眠っているのかもしれません。

そして、これまでの経験でも思うのは、お洋服の仕立ての手法がバッグに活きることもとても多いです。

よって、ハンドメイドバッグを作っている人の参考も良いかもしれませんが、むしろ少し違う分野、時には、建築など、業界の違うところからヒントをいただくこともあるのかもしれません。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

劇的リフォーム!、ポーチからショルダーバッグへ【667】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近なのですが、ある方法のリフォームを自分自身が連続で行っております。

ここまでリピートしてのリフォームをするほどの魅力的なリフォームを是非ともご紹介したく、今回記事に致しました。

大きめのポーチでタブが両サイドに付いているファスナー開閉のデザインが目の付け所

ポーチもサイズが大きすぎるとバッグの中で場所をとってしまいます。

そうすると、なかなかポーチとしては使わないことがあります。

こういったポーチに今回注目しまして、ショルダーを付けて、バッグに変えていくリフォームを考えました。

詳しくは、YOUTUBE内でリフォームの手順の段階もお話させていただいておりますので、

また後で覗いてみてくださいね。下に貼ります。

当記事では、主にポイントであるリフォームの4段階のみ記録しておきますね。

ポーチをバッグに変えるリフォームの手順

1)タブをミシンで頑丈に補強するステッチを入れる

2)タブに二重リングを取り付ける

3)ショルダーの出来合いの物を探す(出来合いは本革が探しやすく良質)

4)3)を2)に縫い付ける

この4段階の手順で完成です。

ショルダーになるとお出かけにとても便利です。

そして、何よりも1点物ですね。

あとがき

リフォームをやりながら思うことは、いろんな技術の集大成ということです。

今までの修業が試される時なんです。

やはり、一度作られたものというのは、大きく解体していては一から作り直しのと同じなのでリフォームがリフォームでないことにもなりかねません。

それをアレンジとかアイデアを駆使して、いかにシンプルに短い時間で行っていくかというのは結構奥が深いです。

今回いくつか自前の大きめポーチをショルダーバッグに変えるリフォームが成功したことで、皆様のお品も承りたいとも思ったのですが、自前のものから一転、お客様の物となると、これまた話が別なんです。

商業利用でブランドバッグをあれこれ改造していくことの商標権侵害の問題、そして、ショルダーにした革の切りっぱなした部分の処理の技などが、まだまだ私は粗いと思っております。

よって、しばらく考えたいと思いますが、このような夢のあるリフォームはとても喜んでいただけるものではないかと考えています。

たとえば、ポーチをショルダーバッグにするだけに特化したリフォーム屋さんなんていうのは、さまざまな技術はないけれども、ある一定のことが鮮やかにできるというのは価値あることかもしれません。

現在、私自身もリフォーム屋さんにお直しを出しているバッグが2点なり、2点共マグネットボタンを取り外すというものです。

自分では到底できないと思いました。どうすれば外せるかは、分かるんです。

イメージは浮かびますが、あとの縫い閉じる始末などがピカピカに綺麗にできるとは思えなかったので外注にしたわけです。

なので、大きい範囲の「何でもお直しします」というリフォームは私だと難しいですが、リフォーム一筋で来られた専門のプロの方はほぼすべてのバッグに関するリフォームを経験済みというほどの技術を持ち合わせておられるのだと思います。

それにはいろんな技、いろんな道具、いろんな素材など分野も広く、とても忙しそうです。

でも広範囲であることで、様々なニーズには対応できるというメリットがありますね。

とりあえず、私が今回まとめる締めくくりの言葉といたしましては、ある程度ミシンを扱える人向けにはなりますが、自分でリフォームが可能な範囲の簡単でありながら劇的な変化があるポーチからショルダーバッグへのリフォームに一度目を向けてみてはというお勧めですね(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグ、ひっくり返し口をとじる仮縫いにボンドを綿棒で奥まで塗り付けるアイデアの効果【344】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

「巻き寿司」用のDカンのゴールドがやっと到着。

作業を続行します。

巻き寿司は、ハンドメイドバッグのデザインのとことです。

見た感じのフォルムが巻き寿司にそっくりだからそう名付けたものです。

ベージュ色のマトラッセの凹凸感ある表地とオレンジ系の小花柄がほっこりあったかい感じのコンビのリュックなんです。

ひっくり返して1パーツ分のプレートを製作するときの返し口の始末

私がお作りしていますハンドメイドバッグの作りの特徴として、袋にしないという点があります。

板状のパーツに縫い代を隠したものにあらかじめしておいて、合体して組み立てるようなイメージのものです。

その時に、表地と裏地を中表にしてひっくり返してプレートを作る段階があります。

この時の返し口の綴じ方を綺麗に行うためには。。

ということを考えています。

やはり、返し口だったと分からないように自然なラインに出来上がることを目指しますが、今回その時に新しいある小道具を使ってみました。

それは、綿棒です。

綿棒の先に、ボンドを塗りつけて、奥の行き届きにくいところまで塗ると偏りなくボンドが付けられます。附随のヘラは平面用に作られたものだと思いますが、実際はこんな風に入りくんだ中へも塗り付ける場面があるということです。

結果は、なかなか効果のあることだと感じた次第です。

細い綿棒が活躍した瞬間です。

折った内側の次には、重なる部分の縫い代にも塗ります。はみ出さないように塗ることができますね。
そして、アイロンの熱でくっつけます。この「さいほう上手」というボンドは、塗った後のアイロンの熱によるくっつき効果が絶大です。
プレートが完成です。出来上がりのイメージが見えてきました。巻き寿司は実は、これが1点目ですので、ワクワクです。何かカーブがかわいらしい(^-^)。

その後の作業

この後は、長い口布にファスナーを取り付けました。

この1つ前の記事【343】の時のファスナーの作り方とベースは同じなのですが、細かい点が違います。

このデザインがまあるいので、タブもまあるい感じのものにすることで、大き目なんです。

こんな半月型のようなタブをファスナー開閉のつまみタブとして付けます。なぜこんなにつまみがビッグなのかというのは、ひっくり返しの限界があるからです。ひっくり返さずに折り込む方法は【343】の記事の例ですが、スクエア調にしかできなくて、本体のデザインとの兼ね合いを考えてこのタブをまあるくしたかったというものです。まあるいラインは折り込みでは不可能。ひっくり返しでないといけないんですねぇ(;’∀’)。

ただ、しかし、今回のように意外に厚めの生地がこの半月型のひっくり返しの後、綺麗な形になるかというのがテクニックが必要かもしれません。

また、この部分はどうしたら綺麗にできるかを研究します(^_^;)。

ファスナー部分は、時としてファスナー部分であるここを引っ張って持ち上げるくらいの使い方をしてしまうものです。やはりファスナーを丈夫に取り付けるということは必須だと思っていまして、ファスナーの周りぐるり1周を2度ステッチ。さらに外側の枠を2度ステッチと二重ボックス型に縫い付けます。丈夫であることと、裏面のファスナーの縁までしっかりステッチがたたかれてファスナーがピロピロしないためにこの2重型にしています。
外側のボックスステッチがもしなかったら、このファスナーは縁がひらひらと安定感のない取り付けになるんです。

あとがき

もうあと少しで完成に至ります。

この後は、長い口布と本体面を合体させて、ショルダーを作って終了です。

完成をどうぞお楽しみに(^-^)。

ありがとうございました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

奥深い♪、ハンドメイドバッグのファスナーのつまみタブの役割と作り【343】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在製作中の「テリーヌ」という名前のブリーフケース。

この名前は、そのフォルムがあのゼラチンでゼリーみたいに固められたカラフルなおしゃれな食べ物テリーヌにそっくりだからそう名付けました。

このテリーヌ型を現在黒無地のナイロンオックスはっ水加工生地と赤のタータンチェックとのコンビで製作中です。

今回は、口布にファスナーを取り付ける作業を主に行いました。

その中で、1つ学びがあったのでご紹介したいと思います。

テリーヌにはファスナータブが2種類取り付けられる

いろいろな製作方法によって違いはありますが、私がお作りしているファスナーの取り付け方は、カチャッとはめ込んでいるかのような取り付け方です。

ファスナー自体に袋を縫い付けてひっくり返す手法ではないので、その場合と違ってファスナーが裏から見るとむき出しです。

ということで、ファスナーの始末に関しては綺麗に行わねば目に映る場所となるわけです。

表に見えるファスナーのタブというのは、ファスナー自体に付くのではなく、ファスナー周辺に開閉時のつまみタブとしてのものです。

外側に取り付けるファスナーつまみタブ・・・実際出来上がりでは、バッグ本体の側面の半分より少し下に位置します。

このタブは、開閉する時に重要なポイント部分です。

もしこれがないと、開閉時にバッグのどこか本体をつかむことになり、それが、バッグの変形やしわの原因になります。

変な癖がつくことは、積み重ねでバッグが早く傷むことになってしまいます。

よってこのタブを指で持ちながらファスナーを開閉していただくとよいのです。

もっとも両開きファスナーなのでタブなしでもそこそこスムーズには開閉できますが。。

さて、今回この小さなタブではありますが、今まで作ってきた作り方にもう少し1つ今回の学びを加えた作り方にしてみました。

あらかじめこのように短い辺の方の縫い代を隠す際にアイロンで折った後、ステッチを入れます。最初このようにプチっと糸の端を切っていましたが、後でツンと出る場合があるので、その後改良。
少し見にくいのですが、返し縫いをしない端っこを4箇所そのままぎゅっと玉止め。その後糸先が隠れるよう短めにカット。
そうして、長い辺を三つ折りして、裏側(左)から細長いボックス型に縫い付けます。そうすると右のように縫い目が出ます。
本体に縫い付ける場合は、あらかじめタブ単独で縫い合わせてからの方が上手く重なるかと思います。そして、3度縫いx2列のステッチをかけます。これが1列だと本体の生地を部分的に傷めやすいので2列です。
内側へ2列の端の糸を出して表側の見栄えをすっきりと整えます。
隣同士をペアに、2個のみの玉止めですっきりさせます。ここは、結局後に、裏側に付けるファスナータブで隠れます。
ファスナーの裏側に付けるタブはこんな形。直接ファスナーへ取り付けるタイプのタブです。ファスナーの周囲を
を2重に縫い、さらに2列に縫うことで、1列よりも格段に綺麗に仕上がります。1列だけだとファスナーの縁がピロピロして不安定な出来になってしまい、とても気になりますので、これが気持ちが良い仕上がりなんです(^-^)。
もう片方のサイドも全く同じようにタブを付け、タブ自体を固定した二重ステッチを入れています。このステッチは表に表れます。
そして、完成した状態の表から見た感じです。先ほど表に出ると書きました裏側のファスナータブを固定した線が右の方に出ています。これが出ない方法として、もっとファスナーを短くして、表側のつまみタブの下側に隠れるようにステッチを出すということを行ったことがありますが、長さを短くせなばならないことで安定感が減ることと、いろんな作業が同じ個所に密集しすぎてしまい、少しごちゃついて別の意味で不安定になる部分が出てきます
ので、今のところここに落ち着いています。このファスナーつまみタブの向きは輪がファスナー側を向いていなければ機能としては良くないのでこの向きも大切です。

あとがき

今回もYOUTUBE動画作りました。どうぞご視聴くださいね(^-^)。

まだまだ新しい学びが出てくることが有難いです。

細かい部分も丁寧で、哲学が入ったものにしていきたいと思います。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。