ハンドメイドバッグの底のカーブをピタリと重ねるためのコツの研究まとめ【330】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回も1点ハンドメイドバッグが完成しました。

デザインは、「かまぼこ」。

もちらをオレンジ系のデイジー柄のマルチカラーで製作。

そんな中、半分成果が出たんだけど、半分は今後の課題に持ち越すことになった難しい場所があるんです。

今回はバッグの底の角の重なりの正確さという点をポイントとしてご紹介したいと思います。

ポイント1:まずは、とにかくひっくり返しを正確にすること

この角の部分を美しく重ねるというものです。

そもそも、重ねる以前に本体の面の角のカーブが綺麗に正確なラインでひっくり返しをされている状態であれねばなりません。

ここが、うまくできずに、ラインが崩れていると、口布との重なりからはみ出したりする部分が出てきてしまいます。

今回は、もうひっくり返した後なので、その状態以降のコツということを考えましたが、その前の段階にもコツがあり、それが、この角の急カーブのひっくり返しをうまくやるということなんです。

急カーブの部分だけ切り込みを細かくいれてひっくり返した時のカーブのラインが上手く出やすいようにするというものが1つあります。

そもそもハード薄芯を貼っているので多少ごわつきますので、少々困難に感じるんだと思います。

それは、次回意識して徹底したいと思います。

ポイント2:仕付け糸を細かく入れる

今回特にこの仕付け糸を工夫したところがご紹介のメインになります。

全体に仕付け糸を1重(ひとえ)で縫い付けていきます。底のカーブの箇所は細かく動かぬよう固定。

そうして、ミシンで縫うことをします。

ミシンでしつけ糸の上を縫ってしまうので、後で仕付け糸を外す作業があります。

あとは、仕付け糸を信じて元の口布の端のステッチの上をなぞるように縫っていく作業です。

結果について

さて、結果ですが、私としては半分くらいでした。

そもそもひっくり返しが完璧でない部分もありました。

次回は、ポイントの1と2を徹底してもっと綺麗にできそうです。

底の左側・・・こうしてじっくり見るとわずかにずれて裏地がぷにっと見えています。
底の右側・・・こちらも人差し指で押さえているところがやはりわずかに重なっていないようです。

結構立体的な箇所を重ねるということで難易度が高い部分んなんですが、ここを綺麗にすることでぐぐーんと良くなると思うんです。

次回、今回の研究の課題だった部分を活かしたいと思います。

あとがき

2021年は、定番型をいろいろな素材でたくさん作っていきます。

その中で私自身も上手くなっていくことを目標にしています。

具体的に上手くなるということは、今回のような課題→研究→成果→次回への課題という風にサイクルを繰り返していった結果だと思うんです。

YOUTUBE動画を貼りますね、よろしければ、ご視聴どうぞ(^-^)。

ありがとうございました。

次回は、かまぼこデザインで作る抽象柄のバッグとなります。

もう、間もなく仕上がりそうです。近いうちにアップできますので、お楽しみにどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオク、creemaで販売中です。ヤフオクでは、レンタルジュエリーも出品しています。是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグの底板の包み袋の重なりがぴったり合うための8角形の縫い代を折る順番【329】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回1点「かまぼこ」デザインのハンドメイドバッグが完成しました。

このデザインは、私が作るハンドメイドバッグのデザインの中では、かなり初期のころから作ってきたデザインなんです。

縦や横の長さやバランスが変わるだけで、本体の前面、後ろ面と長い口布を合体して成り立つボストン型は一番歴が長いんです。

そのせいかどうかわかりませんが、比較的このデザインはスムーズに出来上がっていきます。

単純な作りと言えばそうなんでしょう。

とは言え、そんな長いこと作ってきたこのデザインでも今回初の学びがありました。

今回はこれをポイントとしてお伝えしたいと思います。

そして、最後に完成した「かまぼこ」をご覧になってくださいませ(^-^)。

八角形の縫い代を折る順番

8角形のパーツを2枚ひっくり返さずに貼り合わせて縫い付けるようなイメージの作り方の底板です。

中に入れ込むベルポーレンの底板は角を緩やかに型紙に当ててカットします。底板は包み込み袋である裏地の生地よりも2まわりほど小さいので、底板専用の型紙をあらかじめ作っておいて、それにあてがって裁断します。
8角形パーツのまず、一番短い辺である4箇所を縫い代の印1.5cmに忠実にアイロンで折ります。この一番短い辺から順に折っていくというところが今回のポイントとなります。
2番目に短い辺2箇所を同じように縫い代に忠実に1.5cm分アイロンで折ります。
最後に一番長い辺を2箇所折ります。

この時の順番の理由は、短い辺の箇所は最後の方に回してしまうと、縫い代が見えなくなってしまい曖昧になりずれる原因になるからです。

この後、もう1枚も同じことをして2枚を外表に重ねて外側からステッチしますので、ひっくり返したりしないやり方なので、ぴたりと8角形の角がすべて合う必要があります。

その代わり、角のとがりが完璧に出せるのでそこがメリットなんです。

とても美しく仕上がります。

よって、今回の折る順番のコツで角の位置をしっかり合わせるような下準備というのがあるわけです。

そうして、完成したのがこちらです。

底板の完成・・・ステッチをする前の前後重ね合わせた待ち針の時の作業が今回のポイントを実行することでとてもスムーズで楽ちんです。とてもぴったりと合いました。

あとがき

その後ショルダーを作って、ハンドメイドバッグが完成しました。結構整った形にどっしりと完成できました。

最後の場面の本体と口布を縫い合わせる時の下側の角の位置が、前後の面同士で並行になっているかというところがどっしりと整った感じにいかに仕上がるかの秘訣となります。

「かまぼこ」:<サイズ>縦19cmx横29cmxマチ10cm・・・使用生地は、イタリア製のジャカード生地。裏地の金茶はキルトがあらかじめかかった日本製のスラブ生地。

今回もYOUTUBE動画を撮りました。

どうぞご視聴くださいませ(^-^)。

紺色は、なかなか紺色1色ではクセがあってコーデが難しいものです。

どのような洋服に合わせたらよいかなど結構難易度が高いものになります。

けれども、今回のようにブロンズゴールドのデイジーの柄、花の中心の黒色も合わせた3色のマルチカラーなのが洋服には合わせやすくなっています。

この中に登場している色の1つを意識するとゴールドチックなベージュのセーターだとかそんなイメージが湧きやすいです。

黒も合ってくるでしょう。

今回と同時製作してきましたあと2点かまぼこが素材別で完成間近の状態にあります。

完成してまたお伝えしたいと思います。

どうぞお楽しみに(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグの表側にも裏側にも取り付けるファスナータブのデザイン【319】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今年も残すところあとほんの僅か。

今回でいったん今年のハンドメイドバッグ製作は切り上げになりそう。

29日午後からは、大掃除に入り、念入りの3日間でみっちり31日夜まで整理整頓をするつもりなんです。

毎年恒例で、整理整頓、模様替え好きな私ですが、模様替えの様子をYOUTUBEとかブログでまたアップさせていただきますので、お楽しみにどうぞ(^-^)。

何か夢中になれること、というのの1つに実は整理整頓もあるのですねえ。

不思議なもので、模様替えをした直後は、もうこれ以上のものはないと思うのですが、1年過ごして、あれやこれやと新しい感覚が生まれるのか、また違う模様替えが浮かぶ毎年変化するものです。

おそらく気持ちの変化があるのでしょうね。

ずっと同じではなく何かしら変化していくのって実は自然なのことなのかもしれません。

今回は、ハンドメイドバッグがあと少しで完成に近づくというような後半の段階の場面です。

ボストンバッグ型の「かまごこ」の口布にファスナーを設置する際に表にも裏側にもタブを付けますが、そのタブの種類がそれぞれデザインが違います。

そんなところにスポットを当ててみます。

今回デザイン変更した表側のファスナータブ

今までは、ずっと、スクエアな表タブにしていたんです。

こんな感じ。

以前の表タブ。・・・ただのスクエアでシンプル。けれども何か先の部分が雰囲気が不足なことと、小さいので、綺麗な長方形な形になかなかなりにくく幅が一定でなく出来上がってしまいがちなんです。

ということで、綺麗に作れる用に、いったんサイズを大きくしてみました。

上が大きくしてみたタブ。・・・元の小さいタブよりも完璧に折りやすいので、幅は整いましたが、何かやぼったい。。

ということで、大きいサイズにしただけでは野暮ったいものになったと感じました。

よって、デザイン自体を変更しようと至ったのが今回の改良です。

その出来上がりはこちら。

楕円型のタブにしたのです。丸いカーブを入れることで、スクエアな時の粗い感じを解消。そして、さらに縫い付ける位置もファスナーのボックス枠ステッチから離して、ボックスステッチが一気にかけられるようになりました。タブと重ならない方が綺麗に仕上がると見ました。

ただこれもサイズが大きいのがやや気になりますが、ひっくり返しなので、あまり小さくできないんです。

とりあえずできる限りのコンパクトさでこのサイズになりました。

作り方は、まず、返し口とする水平の箇所をあらかじめアイロンでしっかり折って印通りに縫ってひっくり返すというもの。
こんな風に返し口を縫い閉じたら出来上がりました。・・・ジャガードが入るので、まっすぐな線がちょっとカーブしています。この場所を無地部分にする裁断の工夫を入れることも今後考えます(^_^;)。

では、中側のファスナータブについてお話します。

ファスナー取り付けの中側の構造。・・・このようにいかにもファスナーをカチャッと装着したような作りです。二度縫いのボックスステッチを2枠で固定。そして、ファスナーの縁をこのようなラッピングタブで綺麗に隠し、そこをステッチ二度がけで固定。

もう少し寄ってみましょう。

今まで、たくさんこのやり方をしてきて、いかにすっきりと出来上がるかを追求してきた結果がこれです。

いろいろ工夫はあります。まず、ファスナー自体を固定するボックスステッチを2度がけ(2周)しています。

そして、次にさらに外枠を同じように2どがけで囲うんです。

これの意味は、丈夫に取り付けることと、このファスナーの縁のぴらぴらを固定してすっきりとまとめるためでもあります。

一度掛けだとファスナーの縁が波のようにうねり、ぴらぴらして綺麗ではないということに気づき、こうしてきました。

もちろん、下糸をファスナーの色にぴったり合わせています。

糸を豊富に持っているからこその色合わせの実現です。

一瞬ステッチの糸が見えないくらいなじんでいるのが分かります。

そして、ボックスステッチで囲ったあと、ファスナータブのピンクの部分を2度がけのステッチで固定。

これをしないとタブ周辺が固定されませんので、必須なんです。

この場面というのは、バッグが出来上がった時に、内側に入るので視界には簡単に入らない箇所です。

けれども、完全に隠れた中側でもなく、半分は表部分に属するものと考えています。

こういう例は他にもあって、巾着袋のひも通しのトンネル内なども同じこと。一見隠れた場所ではあるけれど、紐が通っていくし、覗くことが可能です。

そう、覗くことが可能な場所というのは、表なんだという認識で綺麗に作っていくということを考えています(^-^)。

あとがき

今回は、ここまで。あと3時間程あれば、1点は完成したかもしれないくらい出来上がりに近づいてきています。

年末中には完成出来なさそうですが、年始早々には出来上がると思います。

今回ファスナー取り付けは同じ「かまぼこ」型の3点を行いましたが、まだ「おにぎり」が1つ控えています。

2020年ならではのカラー物もこの辺りで、いったん一区切り。2021年は黒ベースの素材で黒のジャカードとか、黒地に花柄といったものにシフトしていきます。

そちらもどうぞお楽しみに(^-^)。

まだ、2021年3月くらいまでは、2020年度として、残っているカラー物を引き続き生地が終了するまで製作していくとは思います。

その後本格的に黒ベースの製作に入っていきます。

2021年は、黒い糸をたくさん使うかなと予想しています。けれど、裏地は華やかに綺麗なマルチカラーなどにすることも多いと思うので、結局いろんな色の糸は必要です。

では、今回のYOUTUBE動画を貼ります。よろしければご視聴くださいね(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

一度に複数のハンドメイドバッグを同時進行に作っていく準備【302】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、新しい製作をしていくところなのですが、思い切って同時進行を試みたいと思います。

以前に、同じ素材で複数のデザインを作る企画、同じデザインで糸の色を同じくして効率的に複数同時進行などは記事にもアップ致しました。

今回は、3種の生地を同じデザインで作っていくことで糸の色が違います。

そして、さらに、1種生地が多くて、3デザインができそうな生地があるので、それは、同じ糸で製作できるという、合計5点に上る作業になるような製作をしてみます。

やや日にちはかかるかもしれませんが、とにかくコマを前に進めて今年中に何か手ごたえを得ようというもの。

頑張っていきます(^o^)丿。

色の偏りがある3種の生地の裏地のチョイス

今回の作業は、裏地の選定と接着芯を貼り、裁断までです。

3種の生地とそれに伴う裏地の選定をご紹介。

この3種をまず1点ずつ「かまぼこ」デザインで製作予定。真ん中のグリーン系の生地はあと2デザイン作れることが分かり、「おにぎり」「餅巾着」も製作予定。

2020年いっぱいは、こんな感じで、マルチカラーでも色に偏りのある物を作ってきました。

こういった偏りのある色は裏地の色が絞られますので、それが果たして、裏地選びにどう影響するのでしょうか。

結果はやや難しめということになりました。

理由は、もう表地が決まっているので、裏地をピッタリな色で見つけるということになると微妙に違う色で妥協か、とことん探すかというところが困難点です。

けれどもそれも楽しいとも考えていますので、1時間ほどでこの3種の裏地も決定。

以外にスムーズだったのが驚き。

難易度の高そうな一番下の紺色も偶然の出会いがありました(^-^)。

<表地:左>ジャカード、ポリエステル/70%、レーション/30%、イタリア製。<裏地:右>エルテルポプリン、ポリエステル/100%、日本製。・・・この中の強い色を採用した裏地のオレンジを選定。
<表地:左>ジャカード、ポリエステル/100%、イタリア製。<裏地:右>エステルポプリン、ポリエステル/100%、日本製。・・・ピンクでかわいらしさも出していくようにこの色を選定。エメグリーンやモカのような色というチョイスもあったかと思います。
<表地:左>ジャカード、アセテート/53%、ポリエステル/27%、ナイロン/20%、イタリア製。<裏地:右>モンキーブリッジスラブ、ポリエステル/100%、日本製。・・・紺では物足りない、黒ではやや仏頂面だと思い、ゴールドに決意。ゴールドのラメの生地は傷みやすいことが過去に合ったので、ゴールド→金茶という考え方で、ラメでないけれどもゴールドに映る色の生地を選定。たまたまピンタック加工がしてあってキルトみたいでお洒落です。

接着芯貼りと裁断

接着芯は、以前の記事でもご紹介させていただきましたが、大きなパーツのまま最初に接着芯を貼って、その次に細かくパーツの通りに型紙に当てて裁断していく方法をここ最近採用し始めました。

生地のゆがみを整え、パーツの左右対称を徹底することで、出来上がりのラインが整うというもの。

今回は、表地も裏地もすべての生地が織芯の接着芯で行いました。

そして、裁断へ。。。

とりあえず。「かまぼこ」のみを裁断した状態の3種。わくわくです。早く作っていきたいっ(^-^)。

左上のグリーン系は上述のように、あと2点のデザインの「おにぎり」と「餅巾着」が作れそうなので、裏地の追加調達作業などをして製作に取り掛かっていきます。

偏った色のバッグの悩みの点

ところで、今回の生地もすべてそうですが、色が〇〇系というように偏っています。

この色が好きな人であれば受け入れられるかもしれませんが、洋服とのコーデが万能ではないという点が考えられます。

ということで、今年でこういったある分野に偏った色目をやめて、来年からは、マルチカラーのカラフルなものか、もしくは、黒オンリーででやっていくことを考えています。

これだとコーデは格段にイメージが湧きやすくなります。

よほどでなければ、バッグって万能な物を選びたいと思うものです。

今までのチョイスはかなり押し付け気味なところがあったかも。

今後は、受け入れられるところを意識したものにしたいと思っています。

あとがき

ハンドメイドバッグを作っていると、ファスナーに関しても悩む点があります。

両開きファスナーの色の展開が少ない。。

なかなかニーズが全体ではないからと最低限のロットしかないのかな?

私はとても求めているんですけど。。。って思います。

YKK社製に徹底したいのはもちろんなのですが、両開きファスナーのつまみの形も拘りがあって、ダルマ型よりもスクエアの方で拘っています。

そうして、どんどん選びにくくなっているのですねえ(^_^;)。

こんな形のつまみのがいいんです。ダルマ型は選んでいません。とても色の展開が少ないですが、黒のみの意向になれば、この点は解決できそうです(^_^;)。

では、これで。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

美しい布製がレアなミニアルマ型ショルダーバッグの完成【25】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

アルマ型と聞いてぱっとイメージされるのは、やはり、ルイヴィトンのモノグラムのあのカーブが丸っぽい形のアルマというシリーズではないでしょうか。

このアルマというのはフランスのある地方の橋の名前からが由来とのことです。

なので、遠方の他国の人がはなかなか実際の橋は知ることはまれです。

遡ること、1980-1990年代において、ルイヴィトンのモノグラムは一世を風靡したといっても過言ではなかろうかと思います。

いつでもどこでも見かけるのだけれど、かなりの高級品。

この時にアルマという形は、スピーディーというボストン型と並んでかなり人気のモデルだったのではないでしょうか。

そんな感じでこのデザインの型の広がりが思い出されます。

さて、今回、このアルマ型という形、私も流行関係なしにずっと持ってきた形のバッグで、

今、この記事をアップしている時期では、再到来といった印象で結構沸いているかと思います。

ウンガロのミニアルマ型バッグ:本革型押しのオレンジ茶

口が大きく開くために、とても中が見やすく、すっきりと出し入れでき、デザイン、機能共にストレスのない使いやすい形なのです。

普通は、この形は、本革で作られているものしか見かけませんが、布専門の私です。

いよいよ生地でこの形に挑みました。

ミニアルマ型ショルダーバッグの製作途中の風景の一部:伸び止めテープを貼る絶大な効果

さて、完成までの間に最近は少しですが一部ですが製作の途中の様子を取り入れて公開しています。

今回は、どの部分かというと、伸び止めテープを採用し始めたので、その個所を一部ご紹介しています。

ファスナーのうねりを解消する目的です。

伸び止めテープ:ストレートタイプ・・・うねりのないようにまっすぐなラインに固定する目的で使います

よくある、定番商品だと思います。

ストレートタイプと袖ぐりなどのカーブを描いている部分はバイヤスタイプを使います。

今回は、ファスナーの両脇の部分ということで、出したいラインがまっすぐストレートな

ラインなので、ストレートタイプを使いました。

隠しポケットの袋の部分をファスナーにミシンで縫い付ける直前です
上側:伸び止めテープをアイロンで貼った状態 下側:この後同じようにここにはみ出ないように気を付けて貼ります
伸び止めテープを使った場合の隠しポケットの見栄え:かなりスッキリとまっすぐな線になりました
左:伸び止めテープを貼っていない状態 右:伸び止めテープを貼った状態

あとがき

では、今回の大花柄がかわいいミニアルバ型ショルダーバッグのYOUTUBE動画をお作りしましたので、よろしければご視聴くださいませ。

ありがとうございました。

私がお作りしておりますハンドメイドバッグ商品の一覧をどうぞ。

こちら

picturesque
picturesque