<出会い>差し色コーデに活躍できる大粒ガーネットのスクエアペンダントトップ【786】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

以前、ゴールドメッキの台ではありますが、ガーネットのスクエアのペンダントトップを自前で持っていたことがありました。

なかなかクラッシックな雰囲気で、それが20年程前の事。

そこから20年後の現在、変わらずスクエア型に魅力を感じています。

同じタイプのもっと大粒でK18YG台の本格的なペンダントトップに出会いました。

このことからも、宝石のデザインは流行に左右されるものではない点があるかと思っています。

Y字ペンダントが10年くらい前にメンズ分野で一世を風靡したようなことが見られましたが、そんなことはむしろ希だと思います。

宝石はそ流行が「ない」と言っても良いくらいだと思っています。

今回ご紹介致しますのは、深いボルドー色がとても渋い、ガーネットのスクエアの大粒ペンダントトップです。

差し色には1点ほしいガーネットを個性ある大粒で。。。

K18YG台のガーネットスクエアデザインペンダントトップ:<サイズ>バチカン含まずに、縦18mmx横14mm。

窓辺でお写真を写しましたので透明感ある部分が映りました。

室内では、深いボルドー色で、ずっしりとしたものです。

大粒の私ならではの基準とさせていただいています縦2cmx横1.5cmよりはひとまわり小さいですが、なかなかこのサイズであってもビッグだと言えます。大粒の部類にはなります。

こういったバケットカットのスクエアタイプは天然石の種類によってイメージが違うので、見ていて、飽きることがないです。

ごちゃごちゃしていなく、はっきりしていてシンプルだからこその良さがあります。

あとがき

赤色は差し色になりますね。靴とかベルトも赤色の出番があるように、ガーネットペンダントも是非お洋服とのコーデに活躍していただきたいと思います。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

<出会い>大粒と呼ぶにふさわしいボリューム感のアメジストペンダントトップ【784】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

四角いモチーフって何か惹かれるものがあります。

入れ物のボックスとか、インテリアなども。。。

今回は、四角好きな私がチョイスの大粒と呼ぶにふさわしいボリューム満点なアメジストのペンダントトップのご紹介になります。

バケットカットのスクエア大粒アメジストペンダントトップ

以前、バケットカットやテーパードカットの効果というのが書かれているのを拝見。

面積をより広めに映し出し、宝石の美しさを最大限に披露する効果というような内容でした。

実際こういったスクエア調のカットを好む私も納得の内容です。

この大ぶりなカットこそがシンプルですが、より一層迫力の度合いが増すように思えます。

K18YG台のアメジスト大粒ペンダントトップ:<サイズ>バチカン含まず、縦2cm強x横1.5cm程。

よくバチカンを含んでサイズが提示されていますが、本当のトップ自体の大きさが分かりにくいですので、私は、バチカンを省いて表示しています。

これが本当のリアル感を感じられる表記だと思っておりますが、長年のしきたりや、業界の常識のようで、バチカンを含んだものをペンダントトップと呼ぶ定義からのことなのでしょうね。

私が大粒の目安にしているのは、バチカンを含まないストーン+台の部分のみで、縦2cmx横1.5cmを大粒の目安と考えています。

縦が1.5cm以上であれば、大粒と呼ぶこともあるようで、大粒の範囲が結構広い感じです。実際は手に取ると中粒程度だったりしますね(^_^;)。

中粒などと言ってしまっては商業上盛り上がりがありませんから、大粒の部類になるのでしょうが、結局は、身につけたときの印象がどうかなので、最終的にはユーザー様が感じることです。

そうすると、実直に、大粒、中粒、小粒と分けて、その実物にちゃんとぴったりな言い回しを実直にお伝えしていきたいと思っております。

あとがき

アメジストはこうした大粒は多い感じがします。

天然石の中でも、採掘の時に大きな塊でゲットできやすいものと小さい物しか見つかりにくいものとあるのかな。

アメジストはそういった点ではよくあるみたいですが、そこを大粒というサイズの面でレア寄りにしていこうというのが今回の1点になります(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

切子と透かしコンビのエキゾチックなデザインネックレスに合わせたビッグトルマリンのリング【681】

〇ネックレス:PT850素材の切子と透かしのコンビネックレス2連仕立て。長さは、40.5cm。
〇ブレスレット:K18WGのずっしりと重みのあるあずきチェーン2連。
〇リング:PT900台のグリーントルマリンの大粒スクエアに透かし装飾が美しいボリュームあるリング。TASAKI製。サイズは13号。

【おすすめコーデ】

プラチナの色がシックで、スクエアモチーフデザインが美しくリンクしタセット。そんなところを意識し、バッグを角ばったデザインで持ってくるとか、金具がシルバー色を意識するとかが効果が出そう。

<出会い>ビッグトルマリンのスクエアリング【635】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

トルマリンという天然石はサファイアと同様カラーの展開が豊富です。

当ブログ内でもご紹介させていただきました中では、わずかにオレンジがかったピンク色のピンクトルマリン、カナリートルマリンという蛍光色のような黄色のもの、そして、紅色のルベライトがございます。

今回は、トルマリンの中でも定番というような、グリーントルマリンのリングのご紹介です。

別名、「ベルデライト」と呼ぶようです。

申し分のない迫力と美しさのリング

私としては点数が100点満点を付けたい今回のリングです。

PT900台のスクエアカットのグリーントルマリンの大粒リング:縦が25mm強あるビッグサイズ。周りの透かしもエレガントです。トルマリンはこういった四角型になっていることが多いのも元の原石の状態がこんな形でい存在していることが多いようで、天然のイメージをできるだけ活かされたような雰囲気も神秘的です。

アンティーク調というような言われ方をしていたリングです。

全体のバランスがよくとれていて、リング部分もぷっくりと厚みがあります。

プラチナにグリーンが美しく映えていますね(^-^)。

あとがき

トルマリンの色の展開の豊富な珠をつなげたマルチカラーネックレスがとても有名ですが、こういった1色使いのトルマリンにも注目しています。

同じグリーンでエメラルドが思い浮かびますが、エメラルドは高級な扱いをされているようですが、実際、処理だらけの天然石です。

もともと内包物がたまりやすい性質から、割れやすいという性質に連動し、割れにくくする作業をせざるを得ないようです。

その処理も、年月が経過すると、浮き出て、汚れみたいになったりすので、結局のところ扱いが難しく困ることが考えられるので、長い目で見てエメラルドはメインには考えておりません。

けれどもグリーン色は個人的にも一番好きな色で、同じグリーン色のトルマリンは注目している天然石の1つなります。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

スクエアアメジストの魅力、とことん味わえる【570】

〇ネックレス:2点。上から順に、短い方は、K18YG台に中粒程度のアメジストのスクエア15mmx10mm。K18YG製の48cmのパイプロープチェーン。長い方はK18YG台に大粒アメジストのスクエア20mmx15mmのトップ。18YG製の58cmのチェーン(チェーンの名前不明)。
〇ブレスレット:3本を重ね付け。ALLK18YG製。下の方の位置で見て、重なりの上段から、一見華奢ながら、線形の丈夫なフィガロチェーン。プレーンな普通幅の喜平チェーン。 そこそこなボリューム感のベネチアン(ボックス)チェーン。
〇リング:左-K18YG台の、アメジストのスクエア調デザイン。サイズは13号
右-K18YG台ビッグアメジストスクエアリング。サイズは17号程度

【おすすめコーデ】

 パープル系の柄物になじむように、もしくは、グレー、紺など暗めの色や寒色系に合わせるのが〇。