今まで宝石に関してもやっとしていたことがすべて載っていた本【1032】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

素晴らしいなという本に出会いました。

現在シリーズの1冊は読み終わりましたが、残る2冊があるようです。

「宝石2-品質の見方と価値の判断のために-:諏訪恭一 著」です。

図書館ならではの、図鑑のような大きな本で、1が未入手、3は借りることができて後日読みます。

この本の特徴

特徴としては、著者様の親切心があふれた1冊であるということですね。

まどろっこしい誤解などもさりげなく、登場している部分があって嬉しかったですし、私がこれまで疑問を抱いていた部分もちゃんと書かれていました。

そこを1つご紹介したいと思います。

私が実際に持っているクォーツというレンタルジュエリー内のストーンがあるのですが、購入当初、インクルージョンのお話を店員様からお聞きしました。

インクルージョン(内包物)が見られるからこそ価値があると判断したお品ですということで、もやっと不統一な色なのです。

一方同じサイズの類似のものが、そのお値段の半額以下でしたが、それは後に購入したものの現在は手放して残っていません。

何かしら「処理」なるものが施されて、均一化された様相のこ綺麗なお品でした。価格が安かったので魅力ではありましたが。。。

これはどちらに価値を置くかというのも使い手の意見もありますが、やはり、本物の証であるインクルージョンが、時には大切です。

これを処理によって手が加えられた、その何年後かにその部分がおかしな様相になることもあるということで、処理して均一感が出されたものの後にやってくるデメリットもあるのです。

あとは、ダイヤモンドに入るインクルージョンも、今後、ダイヤモンドのイミテーションがもっと今よりも多く出回ってきた時にこそ、価値が出てくるのではということです。

本物を見分けることが難しかったり、偽物でもかなりのきらめきが得られて本物と何ら変わらないかのように見せることができるようになっていくほど、逆に本来の天然の価値が高まるという考え方です。

そこには私もとても納得しました。

一方では、宝石にもランクがあり、ルビーがすべて美しいわけでもなく、レベルを表す数字が1つ違うだけで明るさが全く違うという点もとても厳しい見方になります。

このレベルは「宝石とは言わない」とまでも書かれた部分もありました(^_^;)。

このように、良し悪しの見方というのを教えてくれる本なのです。

私には大変有難い本で、お品チョイスにはとても役に立つ情報になります。

あとがき

3も近く読みますし、1も読んでまいります。

今から25年前の1997年本ですが、その情報は色あせることはありません。

著者様は宝石鑑定士の資格を日本人の第一号で取得した方らしいです。

早い段階でこの世界に興味を持って足を踏み入れられたのですね。

私がよくダイヤモンドのカラットは気にせず、素敵さを重視しているお話をさせていただいておりますが、著者様もカラット=重さのことよりも、「大きさ」が重要であるとのことです。

小粒であっても奥行きがあれば重くなるのでカラットは上がるけれども、面積がないと美しくは見えないというのも納得できます。

図鑑みたいに見えるけれど、著者様の思いが良く伝わる本である所が意外です。

こういった図鑑的な本は、さらっとすべてを平等な気持ちで書かれてしまっていて、余計分かりにくいですが、ご意見を入れていただいた方が、私達は読みやすいです。

私達も同じように思うのかはまた私達読者が判断することですしね。

とても読みやすいです(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください