あるファッションデザイナーの光と闇の闇の部分が分かる映画【737】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近、ファッション関係の映画を積極的に観るようにしています。

他の分野の映画ももちろんそこからのヒントが斬新だったりすることもあるかもしれませんが、とりあえず、ファッションに何かしら関係のあるお仕事をさせていただいている以上見ない手はありません。

今回、「ココ・シャネル 時代と闘った女」を観ました。

1時間足らずの映画でショートの部類です。

見た後の何かずっしりとした重み、これこそがが答えなのかもしれません。

自分の生い立ちなどを語りたがらなかった主人公の代りに映画が語ってくれる

ココ・シャネルは、その眩い成功により、表部分にまずはスポットが当たります。

けれどもこの映画はむしろ、その対極にあるそうではない、知られていないような部分に注目していると言えます。

そういった意味では、さんざんこれまで映画になってきたシャネルでありますが、今回の映画化の意図が「みんなが知らないシャネル」というような部分を教えてくれるものなのかもしれません。

家庭環境に恵まれなかった辛く厳しい幼少時代のバネの跳ね返りが人生すべてというほどの強いもの

よく、苦労した過去をバネに、、などと言われますが、まさにそういう一人がシャネルだと思います。

幼少期に親に見放され、修道院生活をしてきた孤児。

その辛い体験から始まり、疑問だらけの満たされない日々を自らの判断で脱出していき、成功への長い階段をすごい速さで駆け上ります。

決して、育ちの良い、気品あふれた。。。などという女性ではない、どちらかというと、やさぐれたような方のタイプ。

嫉妬深くて言葉が汚い。。。それでも先見の明ともいうべき、ここぞという分岐点を自分で感じ取り判断し、大きく舵を切っていく。。

この映画が1時間もない短いものであるのも、シャネルがいかに人生を精一杯全力で駆け抜けたのかという疾走感がより伝わるようにというのもあるのかもしれませんね。

完全ドキュメンタリーではない部分が多いですが、シャネル自身がマスコミにインタビューなどで語る姿は本人ですので、リアルです。

どちらかというと気ぜわしく、せかせかしたイメージです。

途中に大きな戦争があったり、亡命などもあったりで、そんな事情からか、故郷フランスではなくスイスにお墓があるようです。

あとがき

シャネルは、大きく見るとアメリカで大きく支持された点もすごいものです。

世界を股にかけているのですから。

他の皇室ご用達の伝統ブランド、貴族財であったアイテムを作ってきたブランドとの違いがシャネルにはあり、そういった最初から良い位置付けに恵まれたブランドとは違って、底から登って行ったという点で現在それらのブランドと肩を並べている点がすごい所だと思います。

それはなぜなのかというのが、シャネル自身が語りたがらなかった、生い立ちなどにも何かヒントがあるのかもしれません。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください