すごいっ、宝石は、自然界の3つの大きな物の1つだった件【525】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ジュエリーとして身に着ける宝石は、もともと、自然界の中で鉱物として採れたもの。

この「鉱物:こうぶつ」ってなかなか普段使わない言葉ですが、大きく括られた中では、驚くような存在であることが分かったというお話です。

動物、植物、鉱物の3つの物

とてもとても驚いてしまったのですが、たかが石ころとはとても言っていられないようなお話です。

現在、「鉱物・宝石の科学事典:日本鉱物科学会・宝石学会著」をピックアップ的に読ませていただいております。

動物というのは、成長し、動く物。植物というのは、成長するが動かないもの。

そして、鉱物が3つ目に続くのです。成長しないもの、変化しないもの。

これが定義。確かに、物(ぶつ)であるのに、性質の違う3つの大きなくくり。

そう考えると、物言わぬ石というのがとても貴重な物だと思えます。

鉱物を知ることは、恐竜とか、地球の歴史を知ることに関連することもあるかと思います。

あとがき

現在というのは、鉱物に並ぶ、成長しない物である「人工物」が多すぎて、鉱物の存在感が目立つものではないようですが、基本的には、その自然界の括りは変わらないようです。

結構大きな存在ですね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください