ハンドメイドバッグ用の生地の在庫一掃して、これまでの生地を完全消費した記録【391】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

幾度かこの記事にも書いておりますように、2020年度というくくりで、2021年3月末までで、これまでの生地のテイストをいったん終えます。

4月からは、新しいテイストで製作をどんどんしていこうと計画をし、新しい生地が集まっています。

現在の生地のストックには、2020年よりももっと前の2019年などのものも含まれます。

一部は使ってあって一部残っているといったものなどいろいろです。

何となく始めた作業でしたが、ユニークな例として、今回行った今までの生地在庫を一掃するという作業のご紹介をしたいと思います。

製作するデザインを決めて粗裁ちをしながら生地の消費を確認する作業

今までもそうなのですが、生地まるごとおおまかにこのデザインを作ると決めるだけではその後の心理的な変化などによって振出しに戻ることがよくありました。

そうして、なかなか出番のなかった生地が残っていたことも。。

この作業以前に、裏地として今後の新しいテイストに使えるものは移動してありますので、それでも残ったストックというのが今回の話題の在庫になります。

主に明るかったり、淡いカラーが多いです。

今回の中では珍しいダークな色で面積が狭いなどのもわずかに含んでします。

一番多く残っていたカーテン地。一度エコバッグの「切餅:きりもち」に使用。それでも、もともと2.4mあり、幅が150cmあることで面積の大きい生地でした。複数のプチ量産をやってみようと今回、専用に型紙を作りました。
臨時なので、つぎはぎだらけの型紙ですが、ちゃんと正確に裁断していきます。ポケット付きの巾着ひものリュックを作りたいと思います。ハンドバッグにも持てるよう、取っ手も付けます。ただし、一重仕立て。折りたたみをしてエコバッグ的な使い方をするリュックということですね。なかなか製作する私の方も楽しみです。結果、4点分裁断して消費しました(^-^)。
こちらは、2点分の「卵焼き」デザイン用です。この花柄は、裏地にしか予定がなかったので、ここで表地として使う予定を組めたことが良かった(^^♪。この裏地には、その上にある白のカーテン地の薔薇柄を使います。
こちらは、上の裏地に使う薔薇柄の白のカーテン地を表地にも裏地にも使用した真っ白バッグを作ります。「卵焼き」デザインです。真っ白って結構クセがあり際立ちます。それも面白いかも。そして、更にです。次の写真にまいりまして。。。
このラメ生地のピンク、赤、グリーンをこの型紙でアップリケします。このアップリケは、薔薇の花びらも、薔薇の葉っぱも兼ねたモチーフです。そして、白いキャンバスの上に絵具で描くように薔薇のアップリケをするアイデアを盛り込みます。
こちらは、うってかわって、珍しい渋めの色です。右はリントンツィード(イギリスの老舗生地メーカーさんのリントン社のお品)。すでに1度製作済みの残り。はぎれにするにはもったいないくらいなので、もう1点作ります、そして、裏地に、フリースのグレー(左)をペアに。これで、ブックケースの「田楽:でんがく」を作る予定を組みました。
そうして、型紙を当てて、すべての生地を粗裁ち完了です。エンジの薔薇柄の風呂敷(大判スカーフ)に包みました。
しばらくここへストック。近いうちに製作する出番待ちです。
こちらは、今回の生地の在庫を一掃してもそれでも少しだけ余った生地、本物のはぎれのストック場所です。もうバッグは作れません。とても小さなミニミニポーチなどを作るものとしてこちらもストックしていきます。
はぎれは、ピンクのチェーン柄スカーフの風呂敷に包みます。
こうしていくつかの分野の分かれた風呂敷包みだらけになりました。

なんだ、風呂敷が結局増えただけじゃないか、と思われるかもしれません。

けれども、生地をそのままデフォルト状態でストックするのとはだいぶ違った感覚です。

今にも出番を待つようなそんな風呂敷包みです。

私は、風呂敷と呼びながら全部スカーフを使っていますけど、風呂敷ってとてもいいですね。

敷物にもなるし、包み込んでふんわり保管できるもの。中身の容量に合わせて大きくも小さくもなる柔軟性があります。

インテリアを兼ねて、おしゃれな柄だと気持ちがアップです(^o^)丿。

2021年用の生地はどこに?

ところで、4月からという新しい生地のストックはどこにあるのでしょうか。

それは、私のYOUTUBE動画のオープニングに答えがあります。

2021年から動画のオープニング、エンディングを新しく変えました。

あとがき

こういう生地に関する動画は何か興味を持ってもらうことが多いようです。

きっと一度にたくさんの種類の生地が見られるお得感もあるのかも(^.^)。

では、引き続き、2020年度の生地ストックからの製作、また記事にアップしてまいりますので、お立ち寄りくださいね(^-^)。

ありがとうございました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください