ハンドメイドリュックの取っ手の付け根タブの8角形のラインを整える2つのコツ【312】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在5点同時進行のハンドメイドリュックを作っています。

その5点の中の内訳というのが、同じデザインで3点が同じ生地、他2点はそれぞれ違うデザインで違う生地という一部同じで一部違うという5点を同時進行しています。

さすがに5点はなかなか進まず、効率が良かったかどうかは完成した日付である程度分かるかと思いますが、現在はまだまだ進捗度は十分な物ではないです。

来年から素材の色や種類を特化したものにするので、今回の素材3種(いろいろなカラーのジャカード生地)はいかにも今年ならではのものなんです。

5点分の取っ手が完成:一番左の生地では違うデザインを3点作りますが、取っ手は共通なので6本です。

取っ手の付け根タブの綺麗な作り方のポイント2点

取っ手付け根タブというのは、バッグの顔の目のような感じに見えてしょうがない時があります。

それくらい一番視線が行く場所かもしれなく、大切です。

ということは、綺麗に整った作りができるということを目指すということになりました。

ここで新たな発見と学びをしましたので、お伝えしたいと思いました。

まずは、良くない出来上がりを見ていただきます。

もうすでにほどき始めている写真になりますが、左右のラインの長さが違うのが分かります。型紙はとても正確に裁断した前提があれば、均等に縫い代を折れていないということが原因です。

そこで、2つのポイントが表れました。

1つは、そもそも、チャコペンシルではなく、極細のペンで縫い代の印をつけることです。

もう1つは、縫い代を1つ飛ばしで折っていく順番です。

こういうマジックみたいな極細ペンで縫い代を印します。チャコペンシルは1mm以上芯があるため、印付けの微妙なずれが1mm程の出来上がりの歪みを生じさせる可能性があります。
紫色の線が縫い代の印付けの線です。結構繊細にできますので、効果がありました。そして、折る順番は、まずは、両サイドからのスタートで1つ飛ばしで折っていきます。残りは後で折るという順番。隣同士を順に折っていくのは縫い代がはっきり見えなくなってしまって上手くできませんでした。
そして、こんな風に端から2mm程度を縫い付けます。スタートは、実際に横ラインになる位置が良いです。最初の良いポジションでまっすぐに縫っておけるというものです。
とても良い形に変わりました。整って安定した8角形です。正8角形ではないので、向きがあります。生地の縦と横の地の目をすべてのパーツそろえるように裁断し、最終的に本体に縫い付ける時も本体と地の目が合ったその向きで徹底。

あとがき

YOUTUBE動画がありますので、貼ります。どうぞご視聴くださいね(^-^)。

今回のポイントのこの取っ手の付け根パーツを綺麗に作ることがいかに重要かということです。

前述のように顔のような位置にあり目立つということもありますし、何しろパーツの数が多いというものです。1点につき4個なので、5点分だとすべて合計で20個。

この数を綺麗に徹底して作らない手はありません。

今回の記事はここまでです。

この後は、作業としては、取っ手と取っ手の付け根タブを本体の表地のみに縫い付けていく作業があります。

それを5点分の20箇所行って、やっと5点完成までの進捗度が、3分の1くらいかなと思います。

まだ、ショルダータブなどをこれまた複数作る作業がその後にひかえていますことと、ファスナー付け、裏地と表地の合体などが待っています。

この今回のこの付け根タブは、段階としては最初の方の段階なのでしたが、出来上がった時に特に目線が行くポイント、顔になるという点で、重要でした。

また、次回もどうぞご覧くださいね(^-^)。

ありがとうございました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りとうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください