容積が分かりやすい、きちんとした印象、高級感、3拍子ぞろいのハンドメイドバッグの価値を生み出すピンタック仕立てのやり方【236】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ハンドメイドバッグを作っている事業をしています。

日々の製作の中でデザイン、機能、作り方の中に入れ込むものの1つに「価値」があります。

これは、今後もとても大切なことになるだろうと思っています。

価値を感じるということは、なかなか目に見えることではないですが、作る側の私の時点では、価値を込めるにあたって、間違いなく目で見て物理的に作業しているんです。

今回は、その1つになるような作業、ピンタック仕立ての綺麗なやり方をご紹介したいと思います。

ピンタック仕立てをするタイミング

一重仕立てのバッグの場合は、一番最後でも良いかと思います。

しかし、だいたいの場合バッグは、裏地付きの2重仕立てであることが多いです。

最近珍しく一重仕立てが登場しているのは、エコバッグのレジ袋替わりのもので、たためるように、コンパクトにということで一重仕立てがありますが、こちらの方が私が作る中では特殊な場合です。

なので、今回のお話を裏地付きの場合を考慮した注意点でお伝えしますね。

まず、ピンタック仕立ては、上述の一重の場合は最後で良いというところが同じ考え方です。

けれども、裏地付きで2重になった状態で表側からピンタックをつまむと、重なって厚みが増し、ずれることになります。作業しにくいということは綺麗にはできません。

よって、表地、裏地がそれぞれ別の状態の時に行っておきます。さらに詳しくは、表地と裏地を合体して縫い付ける直前に行う。最後の方なんだけど、合体する前にはやっておかねばならない、こんな考え方です。

そして、もう1点、入り口の縫い代を縫う、縫わないにかかわらず、折り目を付けた状態でピンタックを作業するというそういうタイミングです。

ピンタックをする前にこの状態にしておく・・・最終的に必ず入り口はとじますので、今の時点でここにステッチを入れるのかどうかは関係なしに、この状態にしておいて、ピンタックつまみをする必要があります。そうでないとピンタック後ではごわついてしまい綺麗にできないです。
マチが10cmなので、サイドのハギ目を中心として、5cmずつに均等折り、アイロンをかけます。ものさしで測りながらが良いです。一番下はマチの部分のとがりがありますので、このとがりをフルにきちんと出した状態で、一番上の点と、真ん中の点あたりの2か所を実際にものさしで測りながらアイロンします。ここは印が付けられない部分ですので、都度の測る作業は大切になってきます。
こんな風に4箇所ともアイロンで折り線を入れ、とぎっとぎにしておきます。
ステッチは、こんな向きで上側からスタートがやりやすいかと思います。
縫い終わりはこのハギ目の線まできちんと行います。とがった先端までということですね。そして、最後返し縫で糸を長めに残します。次の作業で玉止めがあるので、糸をプチっとここで切らないのが、綺麗な見栄えになるコツです。ツンツンとした糸の切り目は意外に目立ちますので、糸を短くツンツン残さないやり方で隠していくんです。
こんな感じでステッチをかけ終わりました。糸は最初も最後も長めに残してあります。極端な場合、短めしか残らなくて、針の長さより短い長さしか残らないハプニングが起きても大丈夫。そのやり方は、また、違う記事でご紹介しますね。おおざっぱにここでお伝えしておくと、針を中に単独で刺してから短い糸を通すという方法で可能です。
では、ここから玉止めを隠す作業のショットが続きます。まず、縫い始めであるバッグの上部分です。こちらは上が開いているので、内側に隠す方法をとります。糸が2本外側に出ているので、針に通して、1本ずつ内側の同じ地点へ貫通させます。
もう1本の糸も同じ位置の内側のへこんだところへ貫通。なぜ2本同時にやらないのか。2本が位置が離れているので、変なステッチが新たに入ってしまって汚くなるからなんです。つまり、入り口は互いに違う地点から同じ出口へという通し方になります。
2本共糸が通ったら、コマ結びを2回します。
そして、プチっと糸をまとめてカット。
こんな感じで埋まるように隠れます。
では、次に縫い終わりの底の糸の方を隠していきます。こちらは、内側へ貫通させるのが至難の業で、何度かトライしていますが、一度もうまく貫通したことがなく、決まって変な無関係のとんでもない位置へ貫通してしまうので、発想を変えました。この場面だけで解決するのです。ここにハギ目の溝がありますね。あの下へ目立たないように隠すのです。
もちろん、前者の入り口のやり方と違って完全には隠れきれません。しかし、もとあった糸の位置よりも裏方的な位置には移動しましたので、目立たぬ位置に移動して、隠すことが出来そうな場所を周辺で探すということなんです。
溝の中に少し隠れています。少し目には入ってきますが、変な位置に貫通してしまうよりもこの方がすっきりとします。

以上、ピンタックのコツの部分をお伝えしました。

あとがき

今回<ハンドメイドバッグ教室>の項目でYOUTUBE動画ございます。

よろしければご視聴是非(^-^)。

ありがとうございました。

ピンタックがあるとないとの差というのはかなりのものです。下の写真を見比べてみてください。

左:ピンタック無し 右:ピンタックあり

こんな風にピンタックの有り無しでうんと印象が変わります。

その効果の感じ方はいろいろあるのかもしれません。

ピンタックの良さは、ラインが分かりやすいとか、きちんとした印象が得たい場合には効果のある仕立てのようです。

柄のつながりはピンタックがない方が感じられたりするので、趣味嗜好いろいろではあるかと思いますので、ピンタック無しの方もこれはこれで価値があるのだと思います。

では、終わります。

ありがとうございました。

picturesque(ピクチャレスク)

ハンドメイドバッグは、ヤフオク、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください