まずは、レジ袋と同じ白色で親しみたい、レースカーテン地薔薇柄で作ったエコバッグ【225】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近エコバッグ製作週間で、連続して支柱デザインのエコバッグを製作中です。

題して、「スーツに合うエコバッグ」。

会社帰りのお買い物を想定したスーツに合うコーデとなるような雰囲気の素材をチョイスしたエコバッグなんです。

メンズライクな雰囲気のスーツに合うというのが、最初に完成したもの。

では、エレガントな女性っぽいスーツに合うようなエコバッグも作ろうということで、今回は、薔薇柄ジャカードの入ったカーテン地。

透かしのような雰囲気で爽やかですが、特に季節を問いません。

<生地名不明>ポリエステル/100%、日本製。・・・カーテン地です。おそらく、ミラーレースカーテン地。

今回は、この生地で作るエコバッグのポイントとなる箇所であるラッピング場面の詳細のご紹介です。

底部分のラッピングを美しく仕上げるコツ

ラッピング部分は、中側のことですので、視界には入りにくい。

けれども、そういったところでも、能動的には見ることが可能な場所です。

よって視界に入る部分として意識して作ります。

今回、ポイントとして取り上げます箇所は、ラッピング。底とマチは三つ折りが生地によっては厳しく、ラッピングの方法を採用。

では、細かめにショットでご紹介しますね。

まず、底部分、1.5cmの縫い代を印付けします。
そして、表面と後ろ面を中表に合わせて、一番最初は両端、その次には、支柱の左右をぴったりと合わせる位置に待ち針して、残りの隙間を待ち針で留めます。
印を付けた線の上を、行って帰ってくるというふうに二度縫いします。
底のラッピング布巾6.5cmをまずはど真ん中でアイロンで折ります。そして、両端1.5cmに印を付けてアイロンで折り線を付けます。
更に、仕上げでもう一度ど真ん中にアイロンをかけます。意外にこの二度目のど真ん中アイロンはこの後の作業の出来栄えに効果があるようです。
そして、本体の端とラッピング布の端をぴっちりと合わせた状態でラッピングの地縫いからスタートするのですが、縫う場所というのを、縫い代の印から少しずらすのがポイント。印の少し下側を縫うんです。そうすると、次のくるみ込む場面が地縫いが見えることなく綺麗になります。ここを線の真上とか、ずれて上を縫ってしまうと次のくるみこみの時に縫い糸が丸見えとなるわけです。この物理的な構造は大変重要です。
そして、ラッピング場面。どうでしょう、先ほどの縫い位置のずらした効果が上手く出ました。地縫い糸が飛び出していませんね。もしここで地縫い糸が見えてしまうことが合ったら、縫いなおすか、それとも、アイロンで折り目をずらして調整して見えないようにします。
アイロンで微調整などをして、待ち針を適正な均等な位置でありながら、地縫いや印が見えぬよう待ち針で留めます。
この作業の場合、反対側にも待ち針をする必要性を感じました。どちらの面も均等に大切なんです。
そして、縫いとじのステッチをかけます。この時のポイントは、際を縫うのではなくて、中に少し入った3mm程度の位置を縫うのが良いです。際過ぎると、反対側に貫通しないという事態が起こりやすいです。
そして、縫い閉じが完成しました。
反対側もキチンと良い位置にステッチがのっています。

ラッピングは少し繊細な作業です。

1-2mmほどのわずかな分量が影響してくるんです。

けれども上手くいけば、美しくなるということもあります。

完成レビュー

スーツに合うエコバッグ:レースカーテン地VER:<サイズ>縦39cmx横35cmxマチ16cm・・・白色がさわやか。個性的とも言えます。この薔薇柄は人気のようですね。
底部分も考え出した補強の底ベルトと支柱のおかげで丈夫そう。

このミラーレースの強度ですけれど、見かけのイメージよりははるかに頑丈のようです。

ただ、もともとカーテンは、何か込み入った場所にいろいろな物体からの衝撃を受けるものではなく、ひっそりと片隅に静かにゆれているもの。

そう考えると、バッグになった以上、いろいろな衝撃を受けることになります。

そうした時に、どこまでの強度なのかというところは未知な部分はあります。

やはり私が実験をしてお伝えしていくことです。

では、YOUTUBE動画を貼りますね。どうぞ、よろしければ、ご視聴どうぞ(^-^)。

ありがとうございました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオク、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください