お尻周辺の裏地が大きくパンク、ぱっかり開いていてもここまでお直しできる、リフォーム方法【224】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回、ちょっと特殊なコーデ方法からのスタートでビンテージ古着購入に行き着きました。

それは、すでに持っているビンテージ鼈甲ネックレスに色がぴったり合う靴を探して、そのネックレスと靴に合うようなワンピースという探し方です。

こんな探し方もあるものです。

例えば、お手持ちの行き場のない難しいアクセサリーがあるとして、それを活かすには、それ中心のコーデをしていけばいいのです。

主役にするものが洋服だけとは限らない考え方です。

すでにそろっている鼈甲ネックレスと靴

すでにネックレスと靴が決めてあります。ネックレスは本鼈甲のオレンジ色のネックレス。それに合うように探したリーガルのビンテージローファー。リボンひもが三つ編みでフェミニンンなデザインです。これに合うようなワンピースを探したところ、このJ.PRESSのワンピースにたどり着きました。トラッドでベージュ色。ネックレスや靴とよく合います。毛/100%の暖かい素材。ところが、問題は、中側の裏地が大きくパンクしていることでした。

このパンクのせいで、このようなワンピースが残っていたのだと思うと、これはチャンスです。

パンクさえなんとか直せば履けるものになる。ここでリフォームの意欲がメキメキ湧いてきました。

ここまでひどくパンクしたお直し方法アイデア

裏地のお尻周辺の広範囲なパンクの様子。特徴は、裏地の継ぎ目が毛のようにシャッシャッとした見かけなのが痛々しいです。

では、ここからさくっとお直しの手順を写真とコメントでご紹介しますね。

後で動画も出てきますが、写真もかなり細かいショットを押さえました。

まず、もう役には立たないだろう横向きにぼそぼそと飛び出たほつれた糸みたいなのをカットしてすっきり取り払います。この時に、縦に草みたいにシャッシャッと残っている部分は絶対カットしないように!!。これがのちに大切になります。
まずは、アイロンでぴしっとさせます。
そして、今回使ったのは7mm巾のストレートの伸び止めテープです。これを先ほど残す必要があると言ったわずかに残る毛みたいな部分に布の付けたしと補強の意味で接着します。
こんな風に伸び止めテープが元の状態に近い役割を果たしてくれます。
そして、この伸び止めテープとほつれた端の部分を中側に隠すべく、少な目の幅で1度折ってアイロンします。
隠した良い位置のスタート周辺に待ち針を留めてから、仕付け糸をします。
仕付け糸完成です。片倒しの状態が作られていますね。
ミシンの段階に入ります。2本のミシンステッチを入れます。まずは、視界に入る外側面から縁2mmくらいのところををステッチ。
反対側の内側に隠れる部分の端っこがぴらぴらしているので縫い留めるというのを兼ねてこちら側も縫います。合計2列縫いました。これで完成です。
外側の出来上がり。
内側の出来上がり

なかなか丈夫になりました。お直しの際に、できるだけもとの状態のイメージのままだ良いですね。

そうもいかない時もありそうですが。。

今回のような大幅なパンクを考えると、ちょっとしたパンクの段階で気づてお直しした方が良いですね。

しかし、ここまでになってもなんとかしようと思えば手段はあるのかもしれません。

裏地1つで、あきらめるのは、何ら表地に影響はないことなので、もったいないですものね。

では、YOUTUBE動画を貼りますね。よろしければ、ご視聴どうぞ(^-^)。

あとがき

私は、リフォーム業というのはしておりません。

ハンドメイドバッグとレンタルジュエリーをさせていただいております。

けれども、全体コーデとなったときに、ビンテージ服ばかりなので、リフォームがどうしても必要なことがあります。

自分に合うものを選ぶというのもそうですが、ビンテージだとそれしかないという状況なので、合うように変えていくことがよくあるんです。

なので、こちらの技術も得ていく必要があるとは思っています。

今のところは、自分のお直しの必要の場面を必ずアウトプットするようにして公開しています。

今後もそんな場面があれば、ややマイナーな箇所になることもありましょうが、ご覧くださいね。

ありがとうございました。

おわり。

ハンドメイドバッグ、レンタルジュエリーは、ヤフオクでご覧いただけます。

ハンドメイドバッグはcreemaでも販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください