複雑に糸が織り込まれるからこそ美しい、マルチカラーのジャカードの品質表示のあいまいさ【197】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

私が好むマルチカラージャカード。

洋服でも好みますし、ハンドメイドバッグ製作の材料である生地チョイスにもたくさん取り入れています。

じっと眺めてしまうようなうっとりする美しさは、その折り込まれた複雑な糸のミックスです。

今回は、このような美しく生地ができあがるためのその混率に焦点を当てました。

混率は、結局織り込まれた、その生地に登場してくる糸の材質を示していると言えます。

単純な混率

ジャカード織であっても一番シンプルなのは2色程の糸で折り込まれて柄を作っているもの。

単純な綿糸だけで折り込まれた市松ジャガード。おそらく同じ種類の2色の糸かと思われます。
表現はポリエステル/100%とだけシンプルなものですが、基布の糸と柄の糸の種類が違うような。。たまたま同じポリエステル/100%だったかと予想しました。

複雑な混率(全体表示)

消費者庁さんのHPを参考にさせていただきましたが、「全体表示」は、品質表示に最も多く見かける表現の仕方であると思います。

いくつかの複数の混率から成り立つ表現を、「質量」の割合で表す方法とのこと。

ぱっと見、1種の糸だけでできているようにも見えますが、濃淡があり、糸の種類の違いからそのもやもやな感じが来ているのかなあという見方をしてみました。全体表示の方法はやや見かけとイメージがつかみにくいところがありますね。どうしても面積で考えがちです。
引き続き、こちらも全体表示をしてあります。ポリエステルは今まで見てきた生地の特徴から、ツヤがあるかと思います。テンセルは、色がくすんだようになっていて、さらさらした手触り。こんなところから柄のどの部分の糸がテンセルやポリエステルなのかということが分かりそうな濃淡ある大花柄です。
ビスコースとポリエステルのコンビは両方共ツヤのある糸なので、とてもゴージャスになると思います。幾何柄のブルー系のジャカード織の生地です。しかし、じゃあ、どの辺りがビスコース、どの辺りがポリエステルってなかなかわからないものです(^_^;)。

分かりやすい混率(分離表示)

こちらも同じく消費者庁さんのHPで説明がありますが、上記とは違う、各部位別に混率を表す方法です。

このような表示の仕方は、見かけのイメージにぴったり合致して分かりやすい。しかし現実問題、この単純な2色使いだったからこの表現が可能なのかも。マルチカラーでもっと何種類もの糸が使われていれば、やはり結局は、全体表示にせざるを得ないのかなと考えました。

ところで、こんな、全体表示の生地がありました。

あくまで予想なのですが、おそらく背景部分の白が綿/100%で、柄の黒の部分が絹/100%。そうするとこの全体表示の仕方はイメージわきにくいですね。

あとがき

今回もYOUTUBE動画がございます。よろしければご視聴くださいね。

ありがとうございました。

今回は、生地の混率にスポットを当ててみました。

生地の混率を見るのは、事業をしている人が大半だと思います。

私は、結構素材を大切にしているので、生地の混率は控えて必ず、商品にした時にお客様に伝えたいと思っています。

作り手の役割として、情報を先端のユーザーとなる人へお届けしてあげることは重要です。

そうした中で、お客様が混率に興味を持ち、自分で調べたりして、素材に興味を持っていくきっかけになったりして行き渡ることがとても意味があると思います。

終わり。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売っ中でございます。

ヤフオクには、「レンタルジュエリー」もございます。

一度お立ち寄りくださいね(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください