極端に小さい物をハンドメイドで作ることの価値【193】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、以前にご紹介したかと思うのですが、「イベントにわざわざ足を運んでくださったお客様に特権、お土産として配ることもできるコスメケース3点セット【158】」というタイトルの記事がございます。

この時に、実は、前から作ってきたコスメケース3点セットを改良して少し大きめなサイズにしてしまっていたのです。

その後、時々、この3点セットを眺めて思ったのです。

「大きすぎないかなあ。。。」という心の声。

ここで、今回の作業が生まれました。

よし、サイズをミニサイズらしく、もっと小さくしよう、これでは、よくある見かけるポーチの1つにすぎない、と。

そして、型紙を見直します。

おおまかに2.5cmくらいずつ大胆に削ります。

なぜ小さくするのが良いのか

今回のばあいは、小さくするという行動でしたが、場合によっては逆もあるかもしれません。

コスメケースの場合、だいたい、よく目にするのは、コスメ類を入れる無難な中くらいのサイズのポーチ1個です。そこにいろいろ仕切りがあったりして細かい物を入れていく。。。

そういうお品はいやというほど目にしてきて今や当たり前のものに。。。

当たり前のものになるとどうも飽きたり、目が向かなかったりしてしまいがち。

そこで、今回の思い切ったミニサイズというのが目を引く存在にならないだろうかと考えました。

無難でいろいろ使い方が考えられるものは、一見便利なようであまり視線が行かないのでは?。

思い切ったミニサイズがなかなか見かけないレアなものになるのではないか。

そんなことを思いました。

思い切ったレアなミニサイズの作品レビュー

そして、実際に作ったのが、こちら。

上から時計回りに、ファンデーションケース、シャドウケース、ペンシルケース。どれもミニサイズで、化粧ポーチの中に入れられます。サイズは、ファンデ:6x9x2.5(単位cm)、シャドウ:3.5x15(単位cm)、ペンシル:5x4/7.5(単位cm)です。

これだけでは分かりにくいので前の無難サイズと比べます。

このように並べると違いが分かりやすいかも。右側が今回のミニサイズ。思い切って小さくしています。左側だと、ポーチinポーチがしにくい大きさでかえって野暮ったいと思われてしまうかもしれないです。

ミニサイズのコスメケースの意外な使い方

使い方次第でどのようにも使えるかとは思うのですが、例えば、バッグが小さくてコスメポーチが入らないなあという場面ってよくありますね。

そういう時に、コスメポーチのあの大きな物体を入れずに、このミニサイズのこまごました3点をそれぞれバッグに直接入れたっていいじゃないですか。

そうして、ちょっとした化粧直しに必要なメイク道具だけを選りすぐってバッグの中に入れる、そんな使い方ができるのはこのミニケースならでは。

直接メイク道具をバッグに入れるのはいささか気がひけますね。

リフィルが割れてしまうかもしれない、中身が飛び出してバッグの内側に塗り絵をしてしまうかもしれないなど。。

けれどもこのケースにさえ入れていれば、何か安心。

あとがき

では、今回もYOUTUBE動画をお作りしていまして、動画は主に製作の様子です。

ミシンミニサイズのケースをミシンで縫っていく様子などがご覧になれます。

ありがとうございました。

実は、このコスメケース3点セット、イベントなどの対面販売専用のお品なんです。

わざわざ足を運んでくださったお客様に「イベント限定商品」ということで、普段ネットで販売しているものとの差別化し、来てよかったと思っていただけるような贈り物のしたいわけです。

お値段も私が販売しているバッグ類よりもぐんとお手頃な¥1,100(税込)です。

なかなか百貨店や雑貨店でこのような小さなアイテムは見つけられません。

レアなお品だと喜んでもらえることを願っています。

終わり。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグはヤフオク、creemaで販売中です。

そして、ヤフオクでは、「レンタルジュエリー」も出品中。本物志向の宝石がレンタルでご利用いただけます。

一度覗いてみてくださいね(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください