「コスパが良い」商品になるということは、長く使い続ける自分の意志がカギを握る【185】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回、最近気になっていたバスタオルの穴をふさぐリフォームをしてみました。

このバスタオル10年以上は使っているものの、さらにそれ以上に現在も使っているものに比べると早い段階で穴が開いてしまったようです。

原因は密で硬めの良質な刺繍、タオル地との相性があまりよくないこと

MCMの明るいオレンジ色のバスタオル。ロゴの刺繍がタオル地に対してかなり硬く、刺繍も密なことによるその後の経年の破れが出てきた最近。10年以上は使用してきましたが、まだ、縁などは擦り切れていなく、ここで穴をふさぐリフォームを決意。

残念なことに穴が開いてしまっていますが、他のタオルと同じように使ってきたんです。

興味深い比較をしてみます。

同じブランドMCMの別のバスタオルがあります。

これよりはるかに昔から使っている物。

こちらは典型的なMCMらしいロゴですが、上の刺繍ロゴに当たるような部分がこの薄れて姿が消えそうな四角いワッペンでしょう。ロゴはプリントなのですっかり消えかかっていますが、ワッペン自体はいい具合のタオルとの相性で、現在も問題なく破れなど起こらず使えています。その代わりと言っては何ですが、写真には写していませんが、縁などの擦り切れが上の明るいオレンジの方よりも目立ち、本当はこちらの方が長く使っているバスタオルであることが分かります。

これを見て、ますます、穴だけで手放すのがもったいなく感じられてきます。

別のバスタオルがそれ以上経年しているのに無事であるということから、何とかして直してまだまだ使いたいと思ったしだいです。

タオル地というのは1枚仕立てなので、硬めの良質な刺繍が時にタオル地を傷めてしまうことがあるのですね。

しかし、これも長年使ったからこその状態ですので、使ってみないと分からなかったことです。

「コスパが良い」というのは長年使った結果の判定、すぐに手放すのは一番コスパが悪いということ

某ブランドが高価な自社のバッグを、「長い目で見てコスパが非常に良いので、実は安いのである」、とのこと。

しかし、それは、長年使い続けたらね、という条件が必ず入ります。

ここで、経理で登場してくる「減価償却費」のご説明をしましょう。

例えば、¥60,000で購入のレザーのパンプスがあるとします。

靴で¥60,000というのはかなり高級な部類と考えて良いかと思います。

これを10年間はくとします。

分かりやすいうに、今回は、単純に10で割ります。

そうすると1年間で¥6,000の金額が出ます。1年も持たない途中でダメになるパンプスを1年の中で数回買うなら、この¥60,000を1足の方が結果安いのであるという考え方が減価償却費から見るベタな考え方です。

減価償却費は、細かい1年ごとの費用が小さい値の方がコスパが良いということになります。

しかし、ここで、重要なポイントを見逃してはなりません。

果たして、同じ靴を10年も履き続けるのかということです。

なかなかそれは逆に難しいこと。

人間「飽き」というものがあるからです。

そう考えると本当のコスパの良さは、単純なものでは測れません。

そこで、バスタオルに話が戻りますが、バスタオルも、比較的安い¥1,000くらいを新品で購入して果たして10年持つかというのは、洗濯や何やらで敗れた江り劣化、破損して、大変難しいことです。

なので、バスタオルを高級なブランド物の良質な物で持つのです。

しかも、百貨店で高価な値段で買うのではない、もともと流行なんてないバスタオルなのですから、古き良き昔の未使用品でよいではないかというのが私の考え方。

なので、私は、バスタオルやタオルをリサイクルショップの贈答品コーナーで箱に入ったそのままのブランド物を購入しています。

今回のMCMもその1点。

今回のお直し品でさえ10年以上は超えています。購入時の金額は¥2,000程度。¥2,000÷10年=¥200/年。

1年で¥200だけ負担しています。

これが今後さらに10年使えたならば、結果1年で¥100ぽっちの負担だけしたとしてもとてもコスパの良い商品であったといえます。

それには、今後もお直しして長く持っていくことの意味が重要です。

穴を塞ぐリフォームの方法

開いてしまった穴って本来どうしようもないのですが、ここはバスタオル。

気軽にミシンをかけていこうかと考えました。

裏側に接着芯の織芯を4枚重ねに当て、それを隠していくように縦横両方にステッチします。

あくまで固くなりすぎないことです。

結局今回の穴の原因と同じことをしてしまうといけないので、ほどほどです。

4枚重ねたバスタオルの色にかろうじて一番近い黄色の接着芯をカットしてアイロンで穴をふさぐように抑え接着します。
ジグザグに、ふり幅が大きくなり過ぎぬようミシンを横に移動しながらステッチしていきます。横向きもやります。先ほど貼った接着芯の姿が隠れたらOK。やりすぎてカチコチにしてしまうのは禁物です。かえってそこから破れてくる原因になりかねませんので。
糸がちょっとタオルの色にマッチしていませんが、糸だけ見ると立派なオレンジなんです(;’∀’)。このタオルかなり明るい色なのですね。糸の色の点は惜しかったですが、言ってもバスタオルなので、こういったカジュアルなリフォームも良いでしょう。

では、このお直し場面のもようも含めてコスパのお話もさせていただいたYOUTUBE動画を貼りますね。

よろしければご視聴どうぞ(^-^)。

あとがき

コスパの件は、私が自分のハンドメイドバッグの値段を決めることにも非常に興味深いことです。

高級感のある素材で手間もかかるデザインであるから高額であるというのは、もう少し深く考える必要があるのかもしれません。

やはり購入側というのは、お得感を感じたいに決まっているのです。

そうすると、値段と、どのくらいの期間使うのだろうかという点が非常に大切な憶測となるかもしれません。

そのあたりを私も現在考え中なんです。

高級感ある素材では作りたいものの、高級の中でもレベルがあるんです。

最高級にしたところで、値段ばかりが高額でも、実際1年程度で買い替えていくと考えている人には向きませんね。

それならば、ある程度の高級さでものすごくきちんとした作りであった方がよいのかもしれません。

世の中の人がいったいバッグをどのくらいの期間持とうと考えているのか、そういったあたりの意見やアンケートを一度試みると良さそうです。

では、終わります。

ありがとうございました。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグはヤフオク、creemaで販売中です。

どうぞ、是非お立ち寄りくださいませ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください