なぜコレクションしてしまうのかの答えを探す旅【183】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

長い間なぜなんだろうというどうしても集めてしまう嗜好。

このことの理由が気になっていました。

自分でもよく分からなかったことなのですが、いよいよこのことを他の人にも伝えていきたいということもあり、何かそんなことが書かれた本はないものかと、「集める 理由」などと検索して本を自ら探し求めました。

そうしてヒットした1冊の本。

早速購入しました。

タイトルは、「集める人びと」。この本の帯の部分に私の疑問そのものが書かれていたのがきっかけです。

この本に出会ったきっかけは、帯の部分にまさに私の疑問そのものが書いてあったことです。

コレクター達の素晴らしいお品とその経緯をルポタージュでおさめられています。本の質も良くて、1ページ1ページが厚めで、写真がたくさんあります。凧、鉄道パーツ、人形、値付けなどコレクター達が集めている物も個性的です。

集め方に違いはあるのか

この本を読み進めていくと、コレクター達ががいかに本気で、人生をかけて集めているかが感じられます。

お金の問題、置き場所の問題などいろいろな困難には会いますが、集めることへの思いが勝って集めることを貫いています。

私も自分自身が集めることをたくさんしていて、特に高価である宝石類は購入時は真剣勝負のような気持ちで挑みます。

この本の中で人形を集めている女性の集め方が少し共感できました。

何もかも完璧にぎっしり一からそろえる意識はない、購入できる範囲内のものをたとえシリーズが不ぞろいでも高価すぎるものには手を出さず、可能な範囲で集めています、とのこと。

何かこの感覚は、近いものを感じました。

ここから思うことは、コレクションしていく過程も大事なのです。

負担やつらい気持ちが伴うとそれは続かないし、楽しいものではなくなってしまうのかもしれません。

あくまで幸せを十分に感じながらゆったりと集めていく結果、気づいたらたくさん集まっていたということだって十分に素晴らしい。

私自身も集めると言っても、高額なものを無理してということは決してありません。

きりがないことなんです。

それよりもミドルクラスの良質な宝石をたくさん集めるところに重点を置いています。

それでも高価なものを人生欠けてどっぷりお金をつぎ込む人もいます。

けれども、それに幸せと満足感を得られるならば、ありです。

集まったお品というのは、博物館行きのレベルの物になっていたというコレクターもこの本の中にはいらっしゃいました。

なぜ集めるのかということの私なりの答え

私は、この本を目的を持って見つけたわけです。なぜ集めるのかの答えを探したいということで。

この本を読んで、いくつかのヒントが得られました。

この本の中のコレクター達が人生をかけていること、家の中に置き場所が必要で引っ越しをしたり、とにかく集めることが人生の真ん中に位置しているんです。

そういうことから、得た私の答えは、「生きがい」とか、「人生そのもの」というのが答えです。

ミドルクラスの物を可能な範囲内で集める私でも、かなりの熱と、そのお品に対する探究心、知識を持ち合わせるよう、日々アンテナをはりめぐらす人生になるんです。

集めた後の商品の行方と活かし方

集めることの最終的なゴール、行き着く場所というのはあるのでしょうか。

本の中では、重要文化財級に資料館への提供などの形での貢献もあったかと思います。

とてもそえは意味のあること。

自分の好きだった物を人にも伝えて広めていくきっかけが作れているということになりますね。

けれども、ただただ、集めているにしても、この本で紹介されていることが、他の人へ伝えるきっかけにすでになっていますので、1つ何か集めてきたことが実りを上げています。

さて、私の場合は、といいますと。。。

集めてきた300点近くの宝石類は、「レンタルジュエリー」という形で他の人へ広めていこうとしています。

そして、その他の集めたものは、当ブログとか、SNSなどでの発信の写真や映像でご紹介。

そうして、自分だけのものだった、集めることの喜びや幸せを伝えてみるということを始めています。

遡ること10年前くらいは、まだSNSが豊富でなくて、自分自身も何も手を付けていなかったんです。

それが、集めていく時の何か溢れんばかりの気持ちを誰かに伝えたいと自然に思うことがありました。

誰かこの喜びを同じように感じる人はいないのか、なんでこんなに楽しいことを他の人は味わっていないのかなど、言葉にするとちょっと変な風に書いてしまいますが、とにかく気持ちが高ぶった瞬間があったんです。

その後10年経ち、今はSNSが当たり前になった時代に入りました。

そうすると伝えやすくなっているし、よく見てくれたり気づいてくれるようにもなったかと思います。

そうやって今後も事業に取り入れながら、集めてきたものをいろんな形で共有したいと思います。

あとがき

集めていく中で嫌な気持ちになったことなど一度もありません。

集めるということ、コレクションしたものをめでることは、幸せを感じさせてくれるものの違いありません。

さて、今回もYOUTUBE動画があるのですが、YOUTUBE動画の中では、この記事には書ききれなかった、「機能美」についてもお話しています。

私自身自作しているハンドメイドバッグに学ぶ点が大きくあった内容なんです。

とても嬉しいことに、集めることの理由を見つけるための研究の中で、ハンドメイドバッグのヒントになることも得られたことは大変嬉しい偶然です。

機能美についてはもっと別の機会に記事を書きたいぐらい感動しています。

よろしければ、その入り口としてYOUTUBE動画ご視聴してみてくださいね(^-^)。

ありがとうございました。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグがございます。

ヤフオクとcreemaで販売中です。

そして、ヤフオクでは、今回も少し書きました、レンタルジュエリーもございます。

本物志向なので、貴金属とか、真珠、天然石、ブランドと見てみるだけでもお楽しみいただけそうです。

一度お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください