ハンドメイドで作る季節感のないかわいいモフモフタオル地リュック【176】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

いよいよお盆が迫ってまいりました。

私は勝手に焦っています。

それは。。。

タオル地のリュックを今年作るとしたら今が良いタイミングだからです。

タオル地というのは、夏のイメージであろうかと思います。

実際バッグとして使っていくと、春や秋、そして冬も違和感それほどないなと思えてくる。

リュックのショルダーが皮膚に触れたときの心地よさを想像すると夏に快適な触り心地であることが想像できて、やはり最初に持ち始めるきっかけの季節というのは、夏なのではないかと考えました。

ということで、焦っているわけです。

お盆も過ぎると秋の入り口に。。

夏ってあっという間なんですね。

高級感あるタオル地をチョイス、シャーリングタオルという生地

今回の生地はブルー色がかわいいシャーリングタオルという生地。

そして、裏地にはそのブルーと調和する小花柄プリントのガーゼ。

ふんわりした表地には、ふんわりした裏地を合わせます。

<表地>シャーリングタオル、綿/100%、日本製。<裏地>生地名不明、綿/100%、日本製。

出来上がりからのひらめき

思いのほか出来上がりが良かったです。

このシャーリングタオルという生地がとても素敵。

タオルタオルしておらず、もふもふしてかわいいんです。

<サイズ>縦27cmx横27cmxマチ10cm
調整不可の固定ショルダーは丁寧なジグザグステッチ。夏にタンクトップなどを着用の際には、きっとこのタオル地の一部が皮膚に触れることでしょう。
そして、中を覗けば素敵な小花柄の世界が広がります。中を開けた瞬間の思わずこぼれる笑顔を想像します(^-^)。

このタオル地とリュックとの相性が、今回とてもマッチしていると感じました。

さっくりとしたシンプルリュックにモフモフしたタオル地を合わせる。。。

もしかしたら、今後、このリュックはタオル地専用にするかも、なんて考えた次第です。

いろいろやるよりも、タオル地だけで作っていくのです。

そうして、中側の裏地の柄は無限。

表地には限界がありますが、裏地は無限にあるという半1点物志向が実現できそう。

あとがき

このほかにもタオル地が現時点で2種ご用意。

タオル地の織り方が今回と違うものが続くので、その違いも面白そうですね。

また、ご期待くださいませ。

では、YOUTUBE動画を貼ります。

ハンドメイドバッグ一覧は、ヤフオクとcreemaの両サイトでご覧いただけます。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください