仕事が忙しい人のためのどんぶり物レシピ-ほたて丼【173】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ数年、時短ご飯を工夫するようになりました。

きっかけは個人事業主になったということ。

一見自宅での仕事なので時間があるからゆっくり作れる印象ですが、それは逆。

ご飯の時間は大切とはいえ、短く無駄なく済ませたいと思うようになりました。

それ以外の時間を仕事にどっぷり費やしたいのです。

まだまだ修行中の身。

できるだけたくさんの時間を事業が実るように使っていきたいのです。

ここ最近の料理メニューの傾向

そんな時短を意識する状況の中で、どんぶり物というのはとても良いなあと思っています。

おいしいし、一度にご飯もおかずも食べられる。

だんだん丼物にはまっていきました。

目玉焼き丼、ウインナーxキャベツ丼など自分でアレンジしたレシピがどんどん生まれました。

もとは、誰かのどこかのサイトの真似ではありますが、最終的に自分流にアレンジが入ります。

今回は、近所のお弁当屋さんがアサリxバターの組み合わせでメニューの中に入れていた丼ものからのヒントで、バターを使った「ほたて丼」というのをご紹介します。

ほたてはもともと美味しいですので、誰が作っても失敗はなさそうです。

さらにホタテと相性の良いようなチョイスで個性的に工夫します(^-^)。

ホタテ丼レシピ

とりあえず1人分といたしましょう。

三つ葉を用意。三つ葉の1束をそのまま利用。

ざくざく3cm程の長さに切り分けます。

そして、ホタテx5粒程をバター1包み(8g)で焼きます。

塩、コショウはこの辺りでしてしまいます。

最初強火で焼き目が付いたら、弱火で蒸し焼き。

その時に三つ葉を投入して蒸し焼きに加わります。

そして、蒸し焼きがそろそろ終了後、しょうゆx小1、みりんx小1/2くらいを投入。

そしたら、強火に戻して、汁が少なくなるまでに立たせます。

そして汁を少し残して火を切ります。

熱いご飯に残った汁をまぶし、ホタテと三つ葉を載せ出来上がり。

お好みで七味やチリパウダーなどをまぶしても良いですね。

ホタテ丼完成:しじみ味噌汁や納豆、もずく酢と一緒に。。

できるだけ自作することの良さ

今回ホタテ丼のサイドメニューとして、しじみ味噌汁、納豆、もずく酢を付けました。

しじみ味噌汁は私のこだわり。毎週作るしじみ味噌汁です。

しじみは体に良いということから、しじみが売っているときは必ず味噌汁にします。

味噌汁意外レシピが見つからないということもありますが。。

もずく酢も自分で味を付けます。

もずく酢は既製品はやや味がきついので、自作だともっとあっさりとなります、そこがいい。

納豆は大粒をチョイス。

大粒の良さを知ってしまうと、小粒やひきわりが何か味が足りない感じに思えてしまう。。

納豆好きは大粒派なのでは。。。?

このようにできるだけ自分で手を加えることが短い時間でできるものは多いです。

それは時短といっても影響はないのでよくやっています。

あとがき

今回はYOUTUBE動画もございます。

作る過程のおいしそうな感じが伝わるかと思います。

ありがとうございました。

丼物は忙しく働いていて、ゆっくり料理をする時間のない方にはとても喜ばれるレシピだと思います。

また、他のメニューも後々ご紹介していきたいと思っています。

おわり。

ところで、私が事業をしています、ハンドメイドバッグやレンタルジュエリー是非一度お立ち寄りくださいね。

レンタルジュエリーこちら。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください