ジーンズ用のデニムの原反生地の端、セルビッチはそんなに大騒ぎする程のものなのか?【94】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

この記事アップの2019年末辺り現在、ふとした情報を見ました。

デニム熱がもはや減退の兆しというような傾向がみられるとのこと。

ここ10-20年程、デニムジーンズは、洋服の定番ともいうべき存在で、多少の裾の形とかウエストの位置を変化させながらずっとクローゼットに並ぶ定番アイテムとして君臨していたかと思います。

それが、ここにきてついに、減退とは。

もしかするとライフスタイルや嗜好の細分化によって、デニム一色の横並びなコーデからの変化ということも1つに流れがあるのかもしれません。

セルビッチはそれほど特別なものではない

今回バッグを製作する材料の表地用のセルビッチデニム:おそらく12-14オンスあたりの元来のジーンズぽい厚み。インディゴデニム、綿/100%、日本製。幅は、75cm幅、両端が白に赤いステッチが特徴のいわゆるセルビッチ、もしくは、赤耳(あかみみ)。

そもそも、私が生地屋さんで普通に購入できたところがそれほど特別なものではないと言えます。

以前私は、セルビッチってリーバイス501xxの特有の仕様だと思っていました。

しかしながら、リーバイス501に+@のセルビッチだからこそその価値であるだけて、セルビッチというもの自体は、このようなジーンズ用のデニムでなくとも別の生地であっても存在します。

つまり、セルビッチというのは、旧式のはたおり機であり、幅が狭く、通常のシングル巾と呼ばれる原反の110cm辺りの幅よりももっと狭い幅で、綿密な織り方の良い作りをしている機械で織った布地の耳のことです。

しかも出来上がるのに時間を要するということで、手間がかけられたお品だということができます。

とはいえ、セルビッチは、端っこの耳なんです。パンの耳は切り落してサンドイッチにはならないことがあっても、セルビッチは、立派にジーンズの一部に使われ、さらにもてはやされて、価値を持っています。

やはり、勲章とか、証(あかし)というブランド製を秘めたパーツだといえます。

つまり、このセルビッチがちらりと見えることで、分かる人には分かる、機械が旧式の今ではレアな狭い幅の生地を贅沢にたっぷり使わなければ出来上がらないジーンズだということがイメージできるからですね。

普段のわき役の位置のセルビッチを真ん中に、セルビッチのお花のアップリケのバッグ製作

ここで、今回の私のアイデアを投入です。

耳という存在で普通は隅っこに位置しているセルビッチ。

これを真ん中に持ってくる試みです。

今回デニムシリーズというバッグ製作のシリーズをしていまして、その1点目で今回のインディゴデニムを使用しました。

そして、裁断していく過程で赤耳が余るという事態に。

ジーンズの耳はわざと計算されて端に来るように設定されているので、必ず使うという仕組みの製作です。

バッグでは、裏地も付けることもあり、セルビッチをご披露するには、思い切って主役の真ん中にセッティングしたわけです。

お花の花びらと、葉っぱの大きい方の筋にセルビッチを利用したバッグ。:花びらの中側に模様みたいにセルビッチの赤いラインを持ってくる位置に縫い付けました。葉っぱの大きい方の筋はセルビッチの裏面を見せています。

このバッグ、いろいろなこだわりを込めました。

まずは、セルビッチを真ん中に配置したこと、そして、余計な色を使わず、3色程度にしたことです。

デニムの表面、裏面、そして、キャメルベージュという色。

キャメルベージュは、ステッチ、革ひも、裏地、マジックテープすべてこれらに共通に使った色目。

全体をすっきりとさせる役割です。

裏地はジャカードのシャープな柄になっていて、少してっぺんの部分で見えてもかっこよく見えるような感じにしています。

地味で仏頂面のインディゴデニムがずっとバッグで使われてまるでジーンズをはくみたいに色落ちを楽しむことができるようにしました。

末永くデニムバッグを使っていけるような機能面の工夫

さて、セルビッチ頼みのデザインはさておき、picturesque流な機能の面の工夫をお伝えしたいと思います。

今回のこのインディゴデニムは、やはり、今後使っていく中での楽しみがあります。

色落ちがしていって、遠い将来はブルージーンズのような薄いブルーになるかもしれません。

そういった段階までの長きにわたってこのバッグを使ってもらうには、いろいろな壁が。。

・途中でデザインに飽きる可能性

・バッグをいろいろなシーンで使いたくなる

このような欲が出てくることを想定しました。

自分自身がそうであったことの経験からも、きっとそのような気持ちが出てくるかもしれないとの考え方です。

ということで、そのような使用途中で出てくるであろう悩みや希望を事前に対処しておくということをいくつか行いました。

①まずは、とにかく、しっかりと作ること。当たり前なのですが、花びらもできる限り、立体感を残しながらしっかりミシンでたたいています。途中でとれたりする事故は悲しいです、ここで私がしっかり縫うことが活きます。
②形が2通りに変化できること。通常このようにサイドのリボンでしぼるので、紙バッグのようにへこむ形をしています。
けれど、このリボンを使わなければ、横に広がり、トートバッグならではのバケツ型の広い形になります。全然形が変化してしまうのがとても面白く、思い切ってバッグのデザイン的なテイストを変えられます。この形で1泊旅行は十分可能です。
③アイレットカン仕様の本革取っ手は後に交換しやすいということ。これが縫い付けの場合、作業が高額なリフォーム代がつき、大変。けれど、この仕様なら、困難ではありません。
④両端にバイヤス位置に付付けたショルダーカン。これは、今回はショルダー無しの状態の商品ではあるのですが、いずれ使っていく中でショルダーを付けたくなった場合に新たに余分な縫い目のできる取り付けになってしまいます。それになかなか自分では困難でリフォーム屋さんに高額な作業量を払うことになりそう。これを最初に付けておけば、あとあとショルダーを取り付けるのが楽で、もしかすると、手持ちのバッグの要らないショルダーをここに付けてあげることがワンタッチでできる可能性もあります。それには、今ここで、私がショルダーカンだけを付けてあげる配慮が有効だと思いました。
このショルダーカンは、キーホルダーにも利用できますので、なにもショルダーだけの機能ではないわけです。

以上のような辺りを使っていく場面を想定しながら強化した機能でした。

ここでYOUTUBE動画を貼りますね。

どうぞご視聴くださいませ。

ありがとうございました。

あとがき

もともと、セルビッチ自体には、それほど価値を感じてはいなかった私です。

あくまで耳。ただ証とか勲章として、セルビッチは理論的に良い物であることを証明しますので、生地の質が良質であるという言葉がより本物になり、説得力が増します。

私も生地の選択をするときに、良質ということには注目してチョイスしていますが、良質ということがなかなか私以外の人には伝わりにくいものです。

実際に目で見たり、縫っていく作業をしていると良質であることが私自身は分かるものですが、その素材で出来上がったバッグを見てお客様が良質だとネット上の写真で思えるのかどうかということになると大変その点が難しいです。

その点、セルビッチは、この赤耳の存在そのものが、良質であることがダイレクトに伝わりますね。

終わり。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグを一覧でどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください