バッグの取っ手をアイレット/ハトメに通すスタイリッシュな方法【62】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ただ今、シリーズでお送りしています、同素材5型の製作企画でございます。

ここ最近頻繁に登場しています片面ハトメ/アイレットリングを取っ手に使用するのです。

5デザインともすべて、アイレットカンの穴に取っ手を通す手法で製作していきます。

ということで、今回のポイント場面は、アイレットカンで取り付ける取っ手になります。

劇的に見栄えが変わるアイレットリングの取っ手

結局、アイレットリングというのが金属であり、布状でも、また、レザー状であってもよく映えるのですね。

今回は、プライヤーという打ち込み道具があるシルバー色のバージョンなので穴を開ける時だけ金づちで打ち込む作業が入ります。

ポンチであらかじめ印をしておいたしつけ糸の部分に穴を開けます(今回チャコペンのブルーや紫と柄の色が一致していて、なじんでしまって印が分からなくなってしまうので、全く浮くようなグリーン色でしつけ糸をして印を打ちました)。
そうして、プライヤーという圧力をかけてパーツをプレスする道具でぎゅっとかしめてリング取り付け完了です。このプライヤーというプレス道具はこのシルバーのアルミ製のパーツと組み合わせだそうです。メーカーさんに問い合わせてみると、8mmのバージョンは、シルバーのみしかパーツも製造しておらず、プライヤーも他のゴールドなどのパーツには基本合うものではないとのことですので、専用となりますね。ゴールドの場合は、ゴールドのメーカーさんがセットして売られている打ち込み用のコマを金づちでたたいて取り付ける方法となりますので、ゴールドの場合とか、このプライヤーとのコンビでないパーツは、1)穴を開ける時 2)取り付ける時 の2度金づちでたたく作業が伴うわけですね。
幅5cmの型紙通りで、四つ折りして、細めの取っ手を縫います。この取っ手には薄芯(接着芯)のみ貼ってあります。この時のポイントとしては、端っこのスタートと終わりの縫い代は折り込まず、そのままゲジゲジのままで薄い状態にしておかねばなりません。この後に、アイレットに通す時に縫い代を折り込むと通らないことがあり、無理矢理ペンチなどで通そうとすると生地も傷みますし、アイレットリングもせっかく固定したのにいくらなんでも引っ張りすぎるとゆらぎます。
取っ手は3本線でぬいました。両端ステッチと、ど真ん中にもう1本ステッチを入れての3本です。そして、このようにリングの穴に先を2つに折るような感じではめ込むと、すっと入っていきます。
そして、ゲジゲジの縫い代の始末をすることと、穴から重力によって取っ手が抜けてしまわぬよう留めるという役割をしてもらうため、三つ折りしてミシンで返し縫いを2回ほどしてステッチをかけて固定します。この時に、一時的に取っ手を引っ張り出して、ミシンをかけやすい体勢で行うのがよいです。そして、できれば、スタート地点と終了時点を同じにすると最後の玉止めが1か所だけですみます。
そして、取っ手を再び表側へ引き出します。
少し見にくく手申し訳ないのですが、向きはどんな風がいいかということですが、まず、この三つ折りは意外にも三つ折り部分が見える方を突き出した方がしまりがよいです。また、同時に、取っ手自体の位置は、取っ手を作る時に折り合わせた部分が外側に出るようなそんな配置がベストかと考えます。なので、三つ折りする時にある程度最終的な配置を見込んで三つ折りする方がよいですね。先に取っ手の折り合わせの向きをセットして三つ折りに移るといった手順がうまくいくかと思います。実は、私も反対側に三つ折りが見えてしまい、しまりが悪かったですのでやり直したんです(^_^;)。

完成レビュー

完成しました。やはり、アイレットカンが2個付く取っ手部分のポイントがとてもアクセントになり、見栄えがスタイリッシュになりました(^-^)。

今回アルミの素材ですが、間違えて反対側にプライヤーを使うなどしたハプニングの時に、ひびが入って、外して新しいパーツでやり直しました場面もあったんです。

そのようなやり直し場面にはアルミはやわらかいので、ペンチでクチャっとつぶして、外しやすくしての直し作業が簡単です。

しかしその分、予期せぬハプニングにより、変形したことで、外れてしまう可能性が否めません。

なので、もっと固い素材の方が良いのかなとも考えます。真鍮あたりが硬くていいです。

その場合、このプライヤーという道具は使えないのですね。もどかしいことです(;’∀’)。

もともと打ち込む時にも金づちでたたくのが本来ですから、プライヤーという道具が気の利いた後発的な道具だと思うのですけれどね。

あとがき

では、YOUTUBE動画を貼りますのでご視聴どうぞ。

ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグ一覧をどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください