セキュリティー弱めの巾着バッグにマジックテープルーフを付ける!!【55】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、ミニ巾着ショルダーバッグの製作過程の後半になります。

その中で、今回のポイントとなるのが、セキュリティールーフの設置です。

巾着型はかわいいんだけど、空いている部分が多いからなあと持つことを断念してしまうのはもったいない。

せっかくの素敵なデザインなのだから、セキュリティーを強くすることを工夫すれば安心な巾着バッグになるかと考えました。

セキュリティールーフの形と製作過程

セキュリティールーフとは簡単にはタブ付きの蓋のことです。私が考えた名前です。

検索してみたところ、車のてっぺんに荷物を載せるボックスがずらりと出てきました。

私のようなハンドメイドバッグの中ではこう呼んでいることはあまりないようでした。

ただ、巾着バッグは多くありますので、必ず、この心配事があると思うのです。

外から中身が見えてしまう不安。。。

1枚仕立ての表地:12.5cmx横25cmに接着芯を貼り、四方1.5cmの縫い代を内側へ折ります。この時に伸び止めテープ12mm巾を4四方すべてにフルに貼っています。そうすることで、縁っこを頑丈にします。表面はあまり固くするとしっかりはしますが、巾着の口がかえって閉まりにくくなるので、あくまで、セキュリティールーフは補助。口がしっかりしまるということは基本的なベースですので、そちらが優先です。それでも口が開いてしまうという状況に対応する機能ですので(^-^)。
この時点でもう1つやっておくことがあるんです。それがこのマジックテープのメス。実際にルーフを使用する時にオスにくっつけられるメスではなく、別のメス。これは、ルーフを使用していないときにタブのオスがとげとげしく裏地にこすれて裏地が傷んでしまうのをカバーするためのメスです。これにくっつけておけば、チクチクしたとげが裏に影響を及ぼすことがありません。このメスは、ルーフの裏側の真ん中に先端寄りに縫い付けます。一重仕立ての状態の時に取り付けておくのがベストです。裏には、力布のハード厚芯を当てています。
ルーフ本体を縫い代1.5cmを四方折り込んでアイロンをかけた上記の状態で二つに折り、二重仕立てにして縫い合わせます。その時に、真中心にマジックテープのオスを縫いつけてあるタブを挟み込んで縫うといった具合です。
そして、裏地の真ん中位置、上から5cmの位置にルーフのてっぺんのラインが来るように配置し、2度縫いでミシンで縫っていきます。その時に裏側に当て芯のハード薄芯を当てながら縫います。ここ隠れているのですが、早速ルーフのタブを使っていない時用の裏地を傷めないためのメスタブをくっつけているので、本来タブが垂れ下がるのですが、中側へ隠れています。
このように裏側にハード薄芯を当て芯にして使用しました。
反対の面の裏地に上から5cmの真ん中位置にメスのマジックテープをたたきつけます。この時に、裏側にハード厚芯を当て芯で使います。
裏にハード厚芯を貼ってマジックテープのメスを縫い付けました。

出来上がったバッグから見るルーフの機能と見栄え

ルーフが完成したので、その使った様子などを一気にご覧くださいませ。

ルーフを使用していない時
ルーフの下に隠しポケットがうまく隠れています。これはこれで、ルーフ不使用時にもセキュリティー対策となります。
裏側のメスにくっつけてあったマジックテープを外します。
反対側にあるマジックテープ(メス)にタブのマジックテープ(オス)をくっつけます。
ひもを絞って口をある程度閉じます。そうすると、中身が全く見えなくなり、セキュリティー性が強まります。スリにとっても障害ができて狙いにくいバッグとなります。

あとがき

はい、完成しました。何か色合いがあずきバーのような独特さがありますが、どうでしょう。

今回で、バッグの形としては、この巾着型はほぼ完成となったかと思っています。

今まで、何度かサイズの調整をしてきました。マチが大きすぎたり、縦が長すぎたり短すぎたりと。

縦や横やマチのバランスはいい具合になりました。

巾着のミニバッグでは一番定番な比率などを考慮の上のこのサイズ感です。

ミニ巾着ショルダーバッグ:あずき色フロッキー幾何柄+お花アップリケ。<サイズ>縦22cmx横22/29cmxマチ10cm

私がお作りしていますバッグ一覧もどうぞ。

こちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください