バニティーバッグの取っ手の程よい位置とは?【52】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、バニティーショルダーバッグをグレーのギンガムチェックの絹/100%であるシルクサッカーという生地で完成していきます。

今回は後編になりますが、前編では側面の部分の正面にお花のアップリケを共布で縫い付けた所まででした。

後編はその続きからですが、今回のスポットは、取っ手の付け方の部分です。

どの位置が望ましいのかなどが大切にもなってきます。

取っ手の作り方

まずは、取っ手そのものを作ります。

なんといっても中に、ソフト厚芯を入れ込むのが入れないのとの大きく差ができる点です。

取っ手が丈夫になる、持ち心地が良い、つんと取っ手が立ち、見栄えが美しくなる、このような効果が目で見てすぐにわかるというところです。

このように、ソフト厚芯の先端は折り込まずに、まっすぐなままで、縫い代の中へ差し込みます。

まず、ソフト厚芯の横幅を合計1c強控える目的で、1cm強分カットします。

これをそのままの幅で進めると、ソフト厚芯が狭いところに無理やり閉じ込められますので、ラインがゆがみ、綺麗に仕上がらないのです。

そして、縫い代1.5cmをくるみ込んで真ん中で折り、洗濯ばさみで留めます。
このように、間にも細かく洗濯ばさみを留めます。
そして、端2mmあたりのところをぐるり1周縫い、真ん中にも2本ステッチを等間隔で入れます。

これで、取っ手自体は完成しました。次に、あま蓋面に取り付ける作業となります。

取っ手の縫い付け方

写真のように、きっちりと折ってど真ん中を待ち針で指定します。縦部分だけは上下、そして、真ん中にも縦1直線に待ち針を打ちます。これで目安となる位置が指定できました。
次に、横の待ち針に沿って4cmの部分に取っ手の端っこが来るように配置します。もちろん、取っ手の幅2cmの真中心に待ち針が位置するように縦の位置も同時に確かめます。
そして、待ち針で止め、右側も同じことをします。この後、もうミシンで縫う段階に入れるとなると、真ん中の縦の3つの待ち針は必要なさそうですね(^_^;)。

今回がギンガムチェックだからマス目があって分かりやすいからというのでもなく、水玉とか花柄だったとしても縦の真ん中に打った待ち針は縦線の目安程度のようです。

縦のラインは、再度の端のラインで合わせられるということであれば、真ん中の縦の待ち針は無しでもよさそうですね。

そうすると、結構簡単に位置が指定できますね。

縫う時に当て芯のハード厚芯を2枚用意します。
効き手のこともあろうかと思いますが、私の場合、右端から縦にスタートしまして、ボックス型に縫います。返し縫をしながらの数重仕立てです。
幅が2cmなので、向きを変える時に、2cmを測ります。細かいことですが、完全な正方形だと2cm弱で1.7mm-1.8mmですが、完全な正方形である必要もないので、ここは2cmジャストが計りやすくスムーズかと思います。
反対のサイドも同じようにボックス型に縫います。そして、完成です。

あとがき

取っ手は、バニティーだけではなく、すべてのバッグにおいて、とても見栄えに影響する箇所だと考えています。

なので、しっかりと測って取り付けるのはもちろんのこと、待ち針を打った時点でさえもずれがちです。

なので、待ち針を線のように使いながら、取っ手そのものに留める手前で、別の待ち針で端から4cmの位置を縦に留めておくなどの対策があるとよいかもしれません。

一度そのように次回やってみます。

では、YOUTUBE動画を貼ります。

ありがとうございました。終わります。

私がお作りして販売しておりますバッグを一覧でどうぞご覧くださいませ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください