お花のアップリケをミシンだけで仕上げる方法【51】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、バニティーショルダーバッグをギンガムチェック柄でお作りします。

その色は、なんと、グレー。

そして、その素材は、絹/100%。

ギンガムチェックのカジュアルなイメージ、そして、カジュアルに使われるよくある柄というようなイメージを今回つるりとしたシックな雰囲気でお出かけ用の柄にもなるということを感ていただきたいと思います。

表地:シルクサッカー、裏地:塩縮プリント

表地:シルクサッカー、絹/100%、日本製、グレー。

シルクサッカーという名前の生地で、色がグレーです。

グレーのギンガムチェックって結構珍しいと思いました。黒白チェックでないところがお洒落な要素の1つかと思います。

そして絹/100%で、つるりとしたツヤがお出かけテイストとなります。

3-4mm四方のギンガムです。控えめな柄の大きさです。

裏地:塩縮プリント、綿/100%日本製、黒。

表地のサッカーのぷくぷくとふくらんだ様相にマッチした膨らみ加工の1つの塩縮という加工です。

そこに、黒同士で意外ではありますがストライプのプリントになっているようです。

この2生地のコンビで今回は、バニティーショルダーバッグの製作となります。

この2生地でバニティーショルダーバッグを作ります。

幾何的な形のお花のアップリケの作り方

シックなギンガムチェックではあるのですがギンガムチェックはどうしても柄が単調です。

そこで、今回、お花のアップリケをほどこそうということになりました。

そして、単調な中にお花をポンと配置して、変化を付けるといった効果を出すことができそうだと考えました。

おおまかな手順は、花びら用と花の中心用の共布生地パーツを縫い代1.5cmで中側に折

り込み、縫い代をすべて隠して、花びら型にアイロンで形作ります。

そして、バニティーバッグの側面の正面の真ん中にミシンで縫い付けるといった具合。

まず、台形型の花びらパーツ4枚と、花の中心パーツを1枚、裏に芯地を貼って用意します。(最初は、花びら5枚で進めていましたのでここでも5枚映っていますが、5枚、6枚と試みた結果、4枚がベストだと判断しまして、4枚に決定しました)
全てに1.5cmの縫い代をチャコペンで印します。
花の中心パーツは1.5cmの縫い代で四方を中側に折って包み込みます。そして、花びらパーツも1.5cmの縫い代で、斜め、横、斜め、横という順番に折り込みます。最初はこの両サイドを折り込みます。
次に、上側の横を折り込みます。そして、次に、下側の斜め両サイドを折り込みます。この時の折る方向の目安は、水平な横線が上で折り込んだ横線と平行になるのが目安です。
写真をアップにしてみました。横線が1つ前に折り込んだ横線と平行になっていますね。その平行にになる位置が折る位置だという考え方です。
そして、最後に一番下の横線を折ります。もちろん1.5cm印を付けた分折り込みます。
このようにシュミレーション的に配置してみます。5個とか6個は位置の目安が難しく、出来上がりが汚いです。花びらの間隔も狭く、窮屈な印象でガタついて綺麗ではないので、結果4枚の花弁となりました
まず、花の中心パーツをダイヤ型向きにして、たたきつけます。

アップリケのミシンたたきは、返し縫をしない方が美しいかと思いました。

ですから、1か所も返し縫をしません。

最後は、1つ針目を先に進めた時点で終了します。

そうすると、1つ前の本当の終了時点に自然に糸がほつれて、戻ります。

その性質を利用して、1つ針目を先で終わるということをして、その後、糸を裏側に送り、裏側でスタートの上糸、スタートの下糸、終了の上糸、終了の下糸の合計4本を2本2本に左右分けて2度結びます。

中心のパーツの線と平行に花びらの底辺を合わせながら、4枚ともミシンでたたいていきます。

四つ花アップリケ完成レビュー

四つ花アップリケの完成。

四つ花はどこか幾何的です。この、カクカクした感じがギンガムチェックの柄になじむかと思えます。

この後の作業として、側面も縫い代1.5cmで折り込みますので、それだけのスペースがゆとりスペースも含めて必要です。

なので、このサイズくらいが最大かなと思います。

あとがき

では、前編のYOUTUBE動画貼りますね。是非、ご視聴くださいませ(^-^)。

私がお作りしています、バッグの一覧をどうぞご覧くださいませ。ありがとうございました。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください