本当に求められているバッグやポーチの形やサイズとは?【48】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ハンドメイドを始めて、12年程が経過したかと思います。

一番最初は、一重仕立ての芯地すら何も貼らない小さなポーチなどをよく作っていました。

不安定な動きの家庭用ミシンで、帰宅後の1-2時間ほどで完成する超シンプルなポーチやバッグ。

何かワンポイントを証(あかし)にと、巻薔薇とか木製のボタンなどを正面の真ん中に取り付けていたものです。

バッグはペタンコのマチ無しA4サイズのエコバッグ。

ポーチは、マチ無しの通帳サイズと、マチ付きのコスメポーチのようなもの。

そして、エコバッグにもポーチにも、やっと覚えた吊り下げ式ポケットを取り付けていたものでした。

このぶら下がり式ポケットの付いたものが初期の頃のものですが、これらは、今は1つも残っていませんでした(;’∀’)。

もう少し、後のものが今でも持っているものものが少しありましたので、後程ご紹介します。

過去に私が作ったハンドメイドバッグやポーチ

水着のパレオで作ったエクササイズ着入れの巾着袋
メッシュのふんわりクッション素材に薔薇柄がプリントされた珍しい素材が気に入り、布団入れなどに使っていました。現在はここに、キャリーバッグを入れて保管しています。
こういった細長ポーチは、現在でもネットで検索してしても簡単には出てきません。やはり無難な一般的なサイズや形が多いですが、時に、こういったペンだけを入れるなどのようにピンポイントな形のポーチは今でも使います。
こちらは横が30cmほどある大きなもので、本を入れていたこともありました。この辺りから裏地も取り付けるようになりましたので、立体感があります。
こちらは、ミニミニポーチ。薬とかキーなど細かいものを入れる専用です。小さいですが、こちらも裏地を付けています。

と、こんな感じで、私が今まで作ったバッグやポーチの変遷です。

今でも持っている形やサイズから見通す、今後求められる形

なぜ、今でも持っているのかを考えてみました。

どれも、極端なサイズと形です。

ペンケースは極細。このような細い幅のポーチはなかなかありません。縦が2.5cmほどしかありません。

ペンケースというと、幅が7-10cmほどあり、横は、22-23cmの無難なサイズです。

もしかして、無難であると、かえって、目的を果たさないこともあるのかもしれません。

そして、超ビックなバッグ。

これもなかなか見かけません。大きめとうたってあれど、実際にそれほどでもないことがほとんどです。

結局のところ、ピンポイントで目的を果たすような、〇〇入れ、〇〇ケースといった専用の入れ物が、検索にもヒットしやすいのかもしれません。

私が考える企画

今、1つ考えていることがあります。

バッグを作ったときに、少し生地が余ります。

クリスマス、年末あたりに、「細長ポーチ市」なんていうのを開催してみたいと思います。

ヤフオクとクリーマが舞台となりますが、お買い得なお値段を設定させていただき、形に特化したポーチのセールをしてみたいと思います。

あとがき

今回もyoutube動画がございます。

ここでアップしていない過去のものも登場しています。

是非、ご視聴どうぞ。ありがとうございました。

私がお作りしておりますバッグをどうぞ一覧でご覧くださいませ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください