ミニアルマ型バッグ(改良型)-まるでラピスラズリに混じるパイライトのような色目の美しいジャガード-後編【39】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、前編に引き続いて、後編です。

ミニアルマ型ショルダーバッグのブルーxゴールドの大花柄でお作りしています。

前編では、表地に取っ手をつけるところまで行いました。

その後波乱が起きます。

取っ手の位置が悪く、裏地と中表で縫い合わせてひっくり返した時に、もやもやしたグレー色の気分に((+_+))。

そして、その後もそのまま進めてはみましたが、どうも小さいということで、一からの型紙変更となり、最初の段階に戻ってのやり直しとなります。

改良後の出来具合

なかなかの波乱ではありましたが、ふんばって作った結果、とてもサイズ感が良くなり、満足いくものに出来上がりました。

最終的な出来上がりは、縦19cmx横26cmxマチ11cmです。

型紙の状態で縫い代を含めて、マチを15cmとミニサイズのわりには思い切って大きくしているころが美しく出来上がるようです。

こういったサイズ感は今回とても勉強になりました。

小さいバッグだからといって、全部均等に小さめではなくて、突出した部分があったり、ちぐはぐなサイズ感が合わさったところ、素敵な形になるものでもあるなあと思ったのです。

底部分を幅を広げた最終的な型紙で作ったもの出来上がりは11cmほどになりました。アルマ型だと、ミニサイズでもこの部分が大きいのがかっこよくどっしりと仕上がると思います。
ちょっとわかりにくいですが、本体の底部分の底パーツを縫い付けています。

完成レビュー

出来上がりました。サイズ感がちょうどよいミニです。長財布等最低限の大切なものをコンパクトに収納できます。大きすぎる野暮ったさがなく、かっこよく持てることも目指しました。これを持って、ゴロゴロを引いて素敵な旅に出ていただきたいです(^-^)。
しっかりと立つものに出来上がりました。生地の良さがものをいった感じが大いにあります。

あとがき

今回、一から直したところが、必死すぎて、なかなか動画に順序良くおさまっていない点が大変申し訳ないです。

youtube動画は後編も貼り付けますので、どうぞご視聴くださいませ。

苦労の末最終的には、思うものが出来上がりました。

では、どうもありがとうございました。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグ一覧をどうぞ、ご覧くださいませ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください