遊び心あるみかんウエストポーチをおしゃれに作ります♪-後編【36】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、みかんウエストポーチ製作の後編の記事となります。

前編、後編と分けているのは、YOUTUBE動画が長くなりすぎないように、2つに分けていることから、この当ブログもYOUTUBEと平行しているので、それに沿っているからです。

後編もどうぞよろしくお願いします。

後半の製作

前半は、ファスナーのくり抜きまで行いました。

後半は、この続きになります、ファスナーをこのボックス型の穴にはめ込むところからとなります。

ファスナーの取り付け完成(表面):表側から見るとこのようになります。ファスナーを当てて縁を縫うだけではありますが、何しろ丈夫にするために、ボックス型に2重にステッチをかけています。もう1つ目的があり、丈夫なだけでなく、裏側のファスナーの見栄えが、端がぴらぴらとして締まりがない感じをスッキリと解消します。
ファスナーの取り付け完成(面):側から見るとこのようになります。1重縫いのみだと、ファスナーの縁がぴらぴらと波打ち、美しくありません。そして、よく見ると、ファスナーの先端にタブを付け、裏地のグリーンになじませ綺麗に見せています。ファスナーの縁そのままだと不格好です。

ファスナーを取り付けた後は、このマチ兼口布パーツの縁1.5cmの縫い代を表地も裏地もきちんと中側にアイロンで折り込んで、縁にステッチをかけ、1枚のプレートにします。

このように、縁縫い代1.5cmを完全に中側に折り込んで、縁の始末された綺麗な板状のパーツに作ります。
この後は、組み立てるように本体と縫い合わせていけば、出来上がってきます。
みかんの葉っぱを裏地のグリーンで形づくります。これをファスナーのつまみにするのです。
ベルトを作ります。中に、ソフト厚芯を入れ、立体的かつ、丈夫な強固なものに仕上げます。このベルトにより、ベルト通しに入れてもポーチがだらんとならず。シュッとまっすぐに立ちます。
本体と、マチを縫い合わせポーチに形成します。
完成しました。
着用イメージ
完成したみかんウエストポーチの表側と中側

正直なところ、今回は、あまり満足できませんでした。

根本的に変えていかねばならないところが多いです。

そもそも、組み立てを裏向きにしてひっくり返すやり方の方が、ふんわり仕上がるので、せっかく綺麗に縫えたなら、かえって、ひっ繰り返す方がラインが綺麗に出ると思いました。

また、ファスナーは長すぎました。60cmまるまる使いましたが、長財布が底の部分から落ちそうになり、機能としては危ういものです。

なので、半分の30cmくらいで良いかと思います。底部分がちゃんと受け皿になって安心して使えるものになります。

また、ポケットには、スマホはらくらくは入りませんでした。

なかなかゆとりがとれない面積ですので、仕方がないですが、本体全体を使ったようなポケットに変えた方が横が広がります。

そして、肝心なポイントのみかんの葉っぱ。これがよくなかったです。下へだらりと垂れて、かわいくないです。

よって、もっと型紙を小さくして、ダブルにして、ファスナーも両開きにして、2個葉っぱを取り付ける。

そうすれば、閉じている状態で、良い位置にみかんの葉っぱが着ますので、より、かわいくできるかと考えました。

あとは、伸び止めテープをファスナー取り付けの時に、ファスナーに細く見えないように貼り、波打ちを解消せねばなりません。

そして、ベルトバックルですが、これが、ひっぱると外れてしまうんです。

これでは、機能が不十分なので、カシャッと閉まるタイプのバックルに変える必要があります。

布なので、ベルト穴はあけても穴の周りがゲジゲジですので、望ましくないですからね。

ということで、課題の残る製作となりました。せっかく、カワイイ素材だと思うのですがね。

もっとその素敵な感じを活かすように作らねばなりません。

あとがき

今回もYOUTUBE動画がございます。

どうぞ、ご視聴くださいませ。

ありがとうございました。

私がお作りしています、バッグもどうぞご覧くださいね(^-^)。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください