デイジーの花がぎっしりと咲き誇る、美しいバニティショルダーバッグの完成【26】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

薔薇の花柄が好きな私ですが、最近デイジーの花柄をたくさん目にしているからでしょう、

とても気になります。

薔薇の花柄はエレガントで高貴な感じがしますが、それに比べてデイジーはかわいらしさあり、親しみやすい花の形かもしれません。

最近の記事でもビッグなデイジーの風通ジャガードというぷっくりと柄が膨らんだ加工の柄のバッグが完成しまして、記事にアップしましたが、引き続き、今回も違う素材の同じくデイジーの花柄のジャガードです。

今回は、このデイジー柄でバニティーショルダーバッグを作りました。

ジャガード生地の裏面を裏地に使うという案のメリット

今回、ジャガードでフクレ加工などはしていないので、基本表面と裏面が同じ柄となります。

そして、面白いのが、時として、色違いで表面と裏面の2種ができるようになるということがあります。

今回が、まさにこれです。

表面と裏面が結構違う色で出ています。

じっくり見ても不思議なもので、表側の色のそのまま反対側がこの色?という意外性があります。

例えば、裏面でいう一番濃いモカみたいな色の裏は、実は、薄グレー色の白っぽく見える方の花だったりするのです。

この場合薄い、と濃いが表裏で真逆になっているようです。面白いですね。

イタリア製のジャガード生地:ポリエステル/70%、レーヨン/30%

すごくぎっしりとデイジーの花が咲いている様子が華やかです。

上の赤xブロンズx薄グレーが表面、下のサーモンピンク中心にモカなどの色が混じった色目の方が裏面になります。

極端な話、どちらが表として使っても様になり得るというのが、ジャガードのメリットです。

混率が、ポリエステル/70%、レーヨン/30%です。生地全体として中肉で、やわらかめです。

生地の選定においての注意点

私自身が気を付けていることとして、バニティー型は、素材を中肉以下にしなければなりません。

なぜなら、重なる部分が分厚くなる部分がミシンが通らなければならないからです。

バニティー型で生地が一番重なる箇所:この指の右側の縦のラインが一上から下まで、かなり分厚くなります

ここは、さらにファスナーの縫い代隠しを兼ねて正方形のネックというパーツをここにたたきつけることになります。

ネックをたたきつけている場面です:このネックの部分もいろいろなパーツが重なり厚くなりますし、ずっと右に移動した裾の先端は、さらに各々のパーツの縫い代分も重なりますので、余計に分厚いです。

そうすると、最初からの生地の選定をこのような場面になった時に、ミシンの針が通ることが可能かどうかということを最初に想定してのジャッジをせねばなりません。

これが、とても重要な部分です。

そうすると、この今回のような中肉はベストな生地の厚みです。

バニティ型は薄すぎると、へにゃっとして弱々しくなるとあまり高級な感じになりませんから、生地のある程度の厚みはポイントです。

ジャガード生地の裏面を裏地に使うという案のメリット

さて、裏地に表生地を使ってしまうという案ですが、見かけの柄的には面白いということがメリットのようですが、では、デメリットってあるのでしょうか。

実は、あるのです。

ポケットの付け場所は、バニティーは少ないです。

とにかく後側は重なる部分なので、ポケットを最初に付けておくことは物理的に不可能です。

そうするとおのずと、正面の外か中に取り付けることになるのですが、正面の外というのは、柄が一番素敵に見える場所なので、そのままさら地にしておきたいものです。

そうすると外にポケットは付けられない、ということになって、必然的に、中側の前だけになります。

サイドの部分はバッグの形が楕円型となるから、面積が狭い部分にあたります。ですから、物がたっぷり入るような機能的なポケットにはなりません。

ということで、二重ポケットを前面にとりつけることになるのですが、今回この結果、このように少し表にひびいています。

ファスナーの下の辺りが裏に付いているポケットの姿がぽっこりと浮いているのが分かります。

ということで、この原因をよく考えます。

やはり、重なった部分が厚みがありすぎるということかと思います。

なので、表生地で裏地も対応するときは、こういうことになる部分があるかもしれないので注意せねばなりません。

ポケットの袋も表生地で行いましたので、せめて袋を薄めの違う素材がよかったのでしょうか。

ポケットの袋って結構大切です。あまり薄すぎても丈夫なものではなくなります。

このあたりのバランスとか、判断が大変難しい点だと思いました。

私としては丈夫なものを作りたいという意向がありますので、超薄い裏地はちょっとためらわれますので、ここは、いかに丈夫さも保ちながら、表にもひびかないような二重ポケットの付け方というのが今後の課題です。

ということで、ジャガードの両面を使用することのデメリットがこのぶ厚すぎる部分ができる箇所がある場合表にひびくことがあるという点でした。

商品の写真

では、10枚の写真をどうぞ。

【商品説明】

【商品】バニティー型ショルダーバッグ
【SER NO.】2019071512。
【素材・色・デザイン】表地:ポリエステル70%、レーヨン/30%のイタリア製のジャガードです。デイジーの花柄がぎっしりと咲き誇り、大変美しい柄です。表地も裏地も同じ生地を使用で、裏地は裏面を使用しています。裏面も大変美しいです。表面の色は、ブロンズxエンジの濃淡、薄グレーなどのマルチカラー、裏面の色はサーモンピンク中心の優しい色です。裏地の色がうまい具合にぴったりがなくて、表地の裏面がよく合っていたので使ってみました、非常に贅沢な使い方をしたということになります。デザインはバニティー型で、まるっぽいというより、スクエアよりな楕円型で体にフィットします。とても定番の形だと思います。
【仕様とサイズ】本体は、縦17cmx横27cmxマチ12cmです。ショルダーは、幅1.2cmx長さ67/120cm。一番短くて67cmなので、ハンドバッグのようにご利用いただくこともできるかと思います。ショルダーカンはゴールド色。ショルダーは外すことはできません。ポケットは、中前に二重ポケットとして、大きい方、縦12cmx横21cmのスマホが横向きにらくらく入るマジックテープのタブ付きポケットの中にもう1つ隠しポケットとしてファスナー開閉で、縦9cmx横15cmのポケットがあります。バニティーはポケットの付け場所が限られまして、表前は、柄を活かすために付けずに、中側に二重としたわけです。底板には、ベルポーレンという名前の丈夫な2mm厚のプラスチック製の板が入れ込んでありまして、弾力性がありグニャンと曲がるのだけれど決して割れないものなので、安心かつ安定したバッグの底を保ちます。バッグは何も入れていなくてもしっかり立ちます。その理由が、全パーツに貼った薄芯に加え、さらに、本体にハード薄芯という形キープの芯地が入れてあるからです。重くはなくラインをより綺麗に見せてくれています。

あとがき

では、今回もYOUTUBE動画ございます。よろしければ、ご視聴どうぞ。

ありがとうございました。

私がお作りしておりますハンドメイドバッグ商品一覧を是非どうぞご覧くださいませ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください